松島みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 松島 みどり
(まつしま みどり)
生年月日 1956年7月15日(58歳)
出身地 大阪府
出身校 東京大学経済学部
学位・資格 経済学士(東京大学)
前職 朝日新聞社
世襲
選出選挙区 東京14区
当選回数 4回
所属党派 自由民主党町村派
会館部屋番号 衆議院第1議員会館709号室
ウェブサイト 松島みどり
テンプレートを表示

松島 みどり(まつしま みどり、1956年7月15日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、経済産業副大臣。本名は馬場 みどり(ばば みどり)。

経歴[編集]

大阪府出身。大阪府立北野高等学校を経て、1980年東京大学経済学部を卒業。在学中は運動会応援部バトントワラーズで活動した。同年朝日新聞社入社。

1995年自由民主党を離党した柿澤弘治の穴を埋めるべく行われた自民党東京都連の新人公募で1位になり、朝日新聞社を退社。落下傘候補として1996年第41回衆議院議員総選挙東京14区より出馬するも落選。

2000年第42回衆議院議員総選挙比例東京ブロック単独で初当選し、自公連立森政権下の東京14区で選挙地盤を固めた。

2006年9月27日安倍内閣外務大臣政務官に就任。2007年8月29日安倍改造内閣国土交通副大臣に就任。

2008年3月14日第169回国会での参議院予算委員会審議において、かつて揮発油税暫定税率撤廃を主張していたことを民主党津田弥太郎に追及された際、「考えが変わったのだ」とし、その理由として地元選挙区からの要望であると述べ、さらに道路整備財源の必要性について言及、予算委員長の鴻池祥肇より答弁の簡潔化・打ち切りを指示されるも、それを拒否して約5分間にわたり答弁を続けたため[1]、委員長職権により予算委員会出入り禁止処分を受けた[2]

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙にも自民党公認、公明党推薦で出馬したが[3]、小選挙区で民主党新人の木村剛司西川太一郎元秘書)に敗れ、重複立候補していた比例東京ブロックでも復活当選できず、落選、失職した。

同年9月の第2回自民党再生会議(落選議員に対するヒアリング)で、幹事長細田博之ら党幹部に「野党浪人だから生活が不安だ。党のポスターや冊子なんか要らない。現金が欲しい」との表現で要求を突き付けた[4]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に再び自民党公認、公明党推薦で出馬、4選で国政に復帰。

2013年9月、第2次安倍内閣経済産業副大臣に就任。

政見[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同している。「国会では通称使用しているが、戸籍名の当選証書を手にしたときのショックは忘れられない。選択制なのだから、別姓にしたい人は好きにさせてほしい。自分は自民党であることを誇りに思っているが、民法改正については党はなさけないと思っている。野田聖子さんも森山真弓さんも頑張っているが、正直なところ『選択制別姓』が精一杯で今回『婚外子差別』までは出せない。シングルマザー支援としては王道ではないことを十分承知の上で『この少子化の時代に子どもを産んでくれるのなら、どんなスタイルでもありがたいのだから、支援すべきだ。』と政府に訴えている。」と述べている[5]
  • 「暴力シーンのあるコンピューターゲームやテレビ番組、漫画の子供への影響を調査し、規制強化に取り組みます」という政治公約を掲げた[6]
  • 永住外国人の地方参政権:どちらかと言えば反対[7]

役職[編集]

以下は公式プロフィール[8]による。

  • 衆議院青少年問題に関する特別委員会委員長
  • 衆議院外務委員会委員
  • 自由民主党東京都第十四選挙区支部長
  • 自由民主党東京都連組織委員長
  • 東京医療保健大学客員教授
  • NPO法人日本バトントワリング協会会長
  • 荒川区ゲートボール協会会長
  • ひがしん「21世紀の中小企業を考える会」名誉顧問
  • 一般社団法人全日本空手道松濤不動館名誉会長

人物[編集]

主な所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

  • 『協和発酵――バイオのリーダー』<日本のビッグビジネス>、朝日案内コミュニティ出版事業部、1986年ISBN 4795284512
  • 『明るい長寿社会をめざして――対談集』東洋堂企画出版社、1995年ISBN 4924706604
  • 『朝日新聞記者みどりの政界志願』飛鳥新社、1995年。ISBN 4870312239

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
稲津久
日本の旗 衆議院青少年問題に関する特別委員長
2012年 - 2013年
次代:
遠藤利明
公職
先代:
菅原一秀
赤羽一嘉
日本の旗 経済産業副大臣
赤羽一嘉と共同
2013 -
次代:
先代:
望月義夫
渡辺具能
日本の旗 国土交通副大臣
平井卓也と共同
2007 - 2008
次代:
金子恭之
加納時男
先代:
山中あき子伊藤信太郎遠山清彦
日本の旗 外務大臣政務官
関口昌一浜田昌良と共同

2006年 - 2007年
次代:
宇野治坂本由紀子中山泰秀