松島みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松島 みどり
まつしま みどり
生年月日 1956年7月15日(58歳)
出生地 日本の旗 大阪府
出身校 東京大学経済学部
前職 朝日新聞社記者
所属政党 自由民主党町村派
称号 経済学士(東京大学・1980年)
公式サイト 松島みどり奮闘中

選挙区 東京14区
当選回数 4回
任期 2000年6月26日 - 2009年7月21日
2012年12月17日 - 現職
議員会館 衆議院第1議員会館709号室

日本の旗 第94代 法務大臣
内閣 第2次安倍改造内閣
任期 2014年9月3日 - 現職
テンプレートを表示

松島 みどり(まつしま みどり、1956年7月15日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、法務大臣第94代)。戸籍名は馬場 みどり

経済産業副大臣第2次安倍内閣)、国土交通副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、外務大臣政務官第1次安倍内閣)、衆議院青少年問題に関する特別委員長等を務めた。

来歴[編集]

大阪府出身。大阪府立北野高等学校東京大学経済学部卒業。東大在学中は運動会応援部バトントワラーズに所属していた。大学卒業後、朝日新聞社に入社。経済部、政治部で記者を務め、渡辺美智雄亀井静香橋本龍太郎石原慎太郎森喜朗自由民主党幹部の番記者も務めた。

1995年自由民主党東京都連が実施した候補者公募に応募。合格し候補者に選出されたため、朝日新聞社を退社。1996年第41回衆議院議員総選挙東京14区から自民党公認で出馬したが、新進党前職の西川太一郎に僅差で敗れ、落選した。2000年第42回衆議院議員総選挙では比例東京ブロック単独で出馬し、初当選。2003年第43回衆議院議員総選挙では、自公保連立政権下での選挙区調整が不調に終わり、自民党の松島、保守新党の西川太一郎がそれぞれ東京14区から出馬。松島が民主党前職の井上和雄、西川を破り、再選(井上は比例復活。西川は落選し、後に荒川区長)。

2006年第1次安倍内閣外務大臣政務官に任命され、翌2007年第1次安倍改造内閣では国土交通副大臣に任命される。福田康夫内閣においても国土交通副大臣に再任。2009年第45回衆議院議員総選挙では、東京14区で民主党新人の木村剛司西川太一郎元秘書)に敗れ、重複立候補していた比例東京ブロックでの復活も叶わず、落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、東京14区で日本未来の党に鞍替えした木村剛司、民主党の元参議院議員である犬塚直史らを大差で破り、3年ぶりに国政に復帰する。選挙後、衆議院青少年問題に関する特別委員長に就任。2013年9月、第2次安倍内閣において、同じ東京都選出の衆議院議員である菅原一秀に代わり、経済産業副大臣に任命される。2014年9月、第2次安倍改造内閣法務大臣に任命され、初入閣した。

政策・主張[編集]

外国人参政権[編集]

永住外国人への地方選挙権付与に慎重である[1]

死刑制度[編集]

2014年9月3日、法務大臣就任後初の記者会見において、死刑制度について「日本の法律に規定されており、執行の署名をすることも覚悟してこの職を引き受けた。議論は必要かもしれないが、国民の考えに基づいた制度として必要だと考えている」と述べ[2]、肯定的な見解を示した上で、死刑制度の存廃を含む見直しに関しては、日本国民の死刑制度への高い支持を理由に否定的な見解を示した[3]

選択的夫婦別姓[編集]

選択的夫婦別姓制度の導入に賛成しており、2014年9月5日、閣議後の記者会見において「旧姓では銀行口座を開設できないなど、女性が働く中で不便を感じる人が増えている」と述べ、民法改正への言及は避けつつも、「現実的な運用について議論したい」と改善の方法を検討する意向を示した[4]。また「国会では通称使用しているが、戸籍名の当選証書を手にしたときのショックは忘れられない。選択制なのだから、別姓にしたい人は好きにさせてほしい。自分は自民党であることを誇りに思っているが、民法改正については党はなさけないと思っている。野田聖子さんも森山真弓さんも頑張っているが、正直なところ『選択制別姓』が精一杯で今回『婚外子差別』までは出せない。シングルマザー支援としては王道ではないことを十分承知の上で『この少子化の時代に子どもを産んでくれるのなら、どんなスタイルでもありがたいのだから、支援すべきだ』と政府に訴えている」と述べている[5]

性犯罪の刑罰見直し[編集]

2014年9月3日、法務大臣就任後初の記者会見において、刑法の強姦致死傷罪の量刑が「無期または5年以上の懲役」であるのに対し、強盗致傷罪の「無期または6年以上の懲役」の方が最低刑が重い点を指摘した上で「これは絶対に逆転するように議論を進めてもらいたい」と述べ、性犯罪に対する厳罰化を検討する意向を表明した[6]

朝日新聞への批判[編集]

2014年9月3日、法務大臣就任後初の記者会見において、自身もかつて勤務していた朝日新聞社が、第二次世界大戦中のいわゆる従軍慰安婦に関する記事の一部を「虚偽」と認め、撤回したことについて「朝日で記者をやっていたが、辞めてからの方が長い。過去の属性で(朝日新聞の記事について)どうかと問われても違和感がある」とした上で、「間違ったことを書いてたのは、それはいけないでしょう」と述べた[7]

人物[編集]

  • トレードマークは「情熱の色」である真っ赤なスーツ[8]
  • 2009年9月、同年の第45回衆議院議員総選挙で落選した自民党の元職に対するヒアリングを目的に実施された「第2回自民党再生会議」の席上、幹事長(当時)の細田博之らに対し、「野党浪人だから生活が不安だ。党のポスターや冊子なんか要らない。現金が欲しい」と発言した[9]
  • 趣味は近現代史研究、郷土史、盆踊り、ラジオ体操(2級ラジオ体操指導士)、エアロビクス。好きなものはサンマの塩焼き、シラスおろし、焼餃子、もんじゃ焼き、果物[10]

不祥事[編集]

参議院予算委員会への出入り禁止処分[編集]

2008年3月14日参議院予算委員会審議において、民主党の津田弥太郎参議院議員から、かつて揮発油税暫定税率撤廃を主張していたことを追及された際、地元選挙区からの要望により「考えが変わったのだ」と述べ、さらに道路整備財源の必要性について数分間にわたり言及。鴻池祥肇予算委員長から再三にわたり答弁の簡潔化を指示されるも、それを無視して約5分間にわたり答弁を継続。鴻池が「答弁を打ち切りなさい!」と何度も声を荒らげ、与党側の予算委員会理事の制止を受け、答弁を終えたが、委員長職権により鴻池から予算委員会への出入り禁止処分を受けた[11]

政治資金[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『協和発酵――バイオのリーダー』<日本のビッグビジネス>、朝日案内コミュニティ出版事業部、1986年ISBN 4795284512
  • 『明るい長寿社会をめざして――対談集』東洋堂企画出版社、1995年ISBN 4924706604
  • 『朝日新聞記者みどりの政界志願』飛鳥新社、1995年。ISBN 4870312239

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年衆院選時 朝日新聞アンケート回答
  2. ^ “松島法相「死刑執行に署名することも覚悟」”. 日本経済新聞. (2014年9月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK03H32_T00C14A9000000/ 2014年9月5日閲覧。 
  3. ^ “松島法相 死刑執行「覚悟している」”. スポーツニッポン. (2014年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/09/03/kiji/K20140903008866780.html 2014年9月5日閲覧。 
  4. ^ “夫婦同姓『働く女性不便』…松島法相、改善検討”. 読売新聞. (2014年9月5日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00050117-yom-pol 2014年9月6日閲覧。 
  5. ^ 別姓通信61号
  6. ^ “性犯罪の刑罰見直しに意欲=松島法相”. 時事通信. (2014年9月4日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000004-jij-pol 2014年9月4日閲覧。 
  7. ^ “松島法相、朝日の慰安婦報道に「間違いはいけない」と“古巣”批判”. 産経新聞. (2014年9月4日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140904/trd14090400490001-n1.htm 2014年9月4日閲覧。 
  8. ^ 日本経済新聞、2014年9月3日
  9. ^ “「党再生会議」で麻生総裁への「恨み節」”. スポーツニッポン. (2009年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090915163.html 2009年9月16日閲覧。 
  10. ^ 公式プロフィール
  11. ^ “松島みどり国交副大臣、異例の予算委「出禁」”. 産経新聞. (2008年3月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080314/stt0803141944002-n1.htm 2014年9月4日閲覧。 
  12. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日
  13. ^ “帝京大側から1000万円 自民党議員3人に”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年9月12日). http://www.47news.jp/CN/200209/CN2002091201000351.html 2014年9月9日閲覧。 
  14. ^ 理事・会員リスト
  15. ^ パチンコチェーンストア協会理事・会員リスト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
稲津久
日本の旗 衆議院青少年問題に関する特別委員長
2012年 - 2013年
次代:
遠藤利明
公職
先代:
谷垣禎一
日本の旗 法務大臣
第94代:2014年 -
次代:
(現職)
先代:
菅原一秀
赤羽一嘉
日本の旗 経済産業副大臣
赤羽一嘉と共同

2013年 - 2014年
次代:
高木陽介
山際大志郎
先代:
望月義夫
渡辺具能
日本の旗 国土交通副大臣
平井卓也と共同

2007年 - 2008年
次代:
金子恭之
加納時男
先代:
山中あき子伊藤信太郎遠山清彦
日本の旗 外務大臣政務官
関口昌一浜田昌良と共同

2006年 - 2007年
次代:
宇野治坂本由紀子中山泰秀