平沢勝栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 平沢 勝栄
生年月日 1945年9月4日(69歳)
出身地 岐阜県大野郡白川村
出身校 東京大学法学部
デューク大学大学院
学位・資格 法学士
A.M., Duke University
前職 国家公務員(警察庁防衛庁
所属委員会 法務委員会
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(委員長)
世襲
選出選挙区 東京17区
当選回数 6回
所属党派 自由民主党石原派
党役職 政務調査会会長代理
東京都支部連合会総務会長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1115号室
ウェブサイト 平沢勝栄オフィシャルサイト
テンプレートを表示

平沢 勝栄(ひらさわ かつえい、1945年9月4日 - )は、日本政治家、元警察官僚自由民主党所属の衆議院議員(6期)。

来歴・人物[編集]

岐阜県白川村生まれ。のちに父親の仕事の都合により福島県に転居。福島県立福島高等学校東京大学法学部卒業(同級生に白川勝彦早川忠孝)。1968年、東大法学部を卒業し警察庁に入庁。

入庁後15年ほどは、警察庁警備局外事課、在外研修(米国デューク大学修士課程修了)、福岡県警察本部警備部外事課長、警察庁警備局公安第三課兼外事課長補佐(国際テロ対策課の前身)、外務省イギリス日本大使館一等書記官などを経験し、外事警察を歩んだ。また、あさま山荘事件にも出動している。その後、防犯警察に転じ、刑事局保安部保安課長、警視庁防犯部長を歴任。岡山県警察本部長警察庁長官官房審議官防衛庁長官官房防衛審議官内閣官房長官秘書官[1]を歴任する。

1996年第41回衆議院議員総選挙東京17区から自由民主党公認で出馬し、新進党(旧公明党系)の山口那津男を破り、初当選。出馬の際、面識のあった公明代表の藤井富雄から選挙区の変更か比例区への転出を要求されたが拒否[要出典]後藤田正晴の勧めもあり、初当選後は平成研究会に所属した。第42回衆議院議員総選挙では、東京17区から共に与党に所属している自民党の平沢、公明党の山口が出馬し、「与党対決」が全国的に注目を集めたが、再度山口を下し、再選。当選後、平成研究会を退会した。2001年第1次小泉内閣防衛庁長官政務官2003年第1次小泉再改造内閣総務大臣政務官に就任した。2003年自由民主党総裁選挙では、高村正彦の推薦人に名を連ねる。同年の第43回衆議院議員総選挙で、東京17区で民主党錦織淳を破り、3選。翌2004年山崎派に入会した。

第44回衆議院議員総選挙では、東京17区で再度錦織を破り、4選。総選挙後、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長に就任。2006年2月、民主党の永田寿康の国会質疑をきっかけに起こった堀江メール問題では、問題のメールを入手し、メールの正当性を否定するコメントをマスコミに発表している(事実、そのメールは偽物であり、永田は議員辞職し、前原誠司民主党代表を辞任した)。2006年9月、安倍内閣内閣府副大臣に就任。翌2007年第21回参議院議員通常選挙では、東京都選挙区から出馬した自民党新人の丸川珠代の選挙対策本部長を務め、丸川の当選に貢献した。ただし、自民党への逆風により、丸川に代わり保坂三蔵が落選した。

2007年12月、日朝国交正常化を目指す議員連盟「自民党朝鮮半島問題小委員会」を立ち上げ、同会の幹事に就任。2008年には「パチンコ業界の位置づけを真剣に考えていく」ために、自民党内に「遊技業等の営業の健全化に関するプロジェクト会議」を立ち上げた[2]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、東京17区で5選。しかし、民主党の早川久美子比例復活を許した(東京17区で次点以下の候補が比例復活するのは初めて)。東京都の25の小選挙区で、東京17区は唯一民主党の候補が敗北した選挙区である。また東京都に25ある小選挙区のうち自民党議員で当選したのは石原伸晃下村博文、平沢、井上信治の4人のみである。直後に2009年自由民主党総裁選挙河野太郎を支援。

2012年第46回衆議院議員総選挙では東京17区から出馬し、早川らを下して6選。

2014年下呂温泉合掌村の名誉村長になる[3]

政策・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[4]
  • 児童ポルノ禁止法で漫画などを規制する事に賛成[5]
  • 外国人労働者の日本への受け入れや永住資格の付与を主張し、1000万人の移民受け入れを主張した自民党の外国人材交流推進議員連盟の提言に賛成している[6]
  • 自民党所属議員でありながら、自公連立政権には極めて否定的であった。2000年第42回衆議院議員総選挙に際しては、自由民主党幹事長野中広務から、公明党批判を一切行わない旨の誓約書を提出するよう求められ、自民党の小選挙区候補者で公認が内定したのも最後であった。しかし、平沢は選挙戦中から盛んに公明党を批判し、公明党も平沢を落選させ山口那津男を当選させるべく、猛烈な落選運動を展開したが、両者の「与党対決」は平沢が勝利した。
  • 外国人参政権人権擁護法案に反対している。
  • 2008年から、自民党のマルチ商法疑惑追及プロジェクトチームの座長を務めている[要出典]
  • 消費税増税については20%あたりまであげることの必要性を論じている。但し条件として公務員給与削減を求めている。増税時期はまず増税してから、中身は決めるべきとしている[7]
  • 子ども社会で育てるという事に懐疑的で、自助を言わないと財源が足りないとして、子ども手当には否定的である[8]
  • 野田内閣組閣について、田中直紀防衛大臣に登用したことに批判的で、長島昭久を就けるべきだったと主張[9]
  • 岡田克也の議員削減発言については、アドバルーンをあげて根回しがないと批判的であるが、「80人減らすことを最優先にして。文句がある人は小選挙区から勝ち上がってくればよい。」と、国民から分かりやすいことであるため80人削減より踏み込み、みんなの党案のように衆参400人でもいいとしている。また、「政党交付金は具体的な使い道が分からない」と述べている[10]
  • 比例代表連用制は、一部にすべきとしている。また公明党がこの選挙制度になると議席が増える点を問題視している。小選挙区で勝つのがあくまでセオリーという信念である[11]
  • 自由民主党総裁谷垣禎一について、「地方ではステルス谷垣と呼ばれている」として、批判的であった。また「次期総裁選には(谷垣禎一は)出るなという声がある」と発言した[12]
  • 政界再編については、「憲法改正・日米関係・社会保障の3つでガラガラポンしたほうがいい」としている[13]
  • 在日コリアンの発展を目的とするコリア国際研究所の会員だった[14]

パチンコ業界との繋がり[編集]

  • パチンコメーカーのサミー会長から献金を受けている[2]
  • 日本電動式遊技機工業協同組合の創立30周年記念式典に参加している[3]
  • パチンコへの過度の規制を止めるべきだと主張している[15]
  • 「何も卑屈になる事はありません。戦後、娯楽が少なかった時代から、国民生活に潤いを与えてきたのだから、自信と誇りを持っていただきたい。警察もマスコミも業界のプラスの面をもっと評価してあげることが必要だと思います。」としてパチンコ業界を擁護している[15]

北朝鮮による日本人拉致問題への取り組み[編集]

北朝鮮による日本人拉致問題に関し、拉致議連には草創期から関わっていた。2004年4月、山崎拓が極秘に訪中し、拉致問題について北朝鮮高官を相手に直接交渉した際、山崎に同行した[16]。山崎・平沢の訪中は対北朝鮮交渉を政府間ルートに一本化するとの外交方針に反する可能性があるとして問題視された[16]。平沢については、総務大臣政務官在任中であること、事前の届出無しに訪中したことが政府・与党内でも批判された[17][18]

平沢は総務大臣政務官、拉致議連事務局長を辞任した[19]。拉致議連は、平沢の行動が「自らの功名のために拉致問題を利用する背信的行為」に当たるとの非難声明を出した[20]。また、救う会も山崎・平沢の行動を「拉致問題を政治利用している」と非難した[21]

不祥事[編集]

エピソード[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

出演番組[編集]

政局を時代劇風に描いた再現ドラマ「永田町時代劇」ではいつも本人役を演じている。

脚注[編集]

  1. ^ 当時の内閣官房長官は後藤田正晴
  2. ^ @グリーンべると
  3. ^ 平沢勝栄チャンネル2014年4月-5
  4. ^ 第41回 新しい憲法をつくる国民会議 講話概要
  5. ^ [1]
  6. ^ 日刊サイゾー
  7. ^ http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  8. ^ http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  9. ^ http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  10. ^ http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  11. ^ http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  12. ^ * http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  13. ^ * http://live.nicovideo.jp/watch/lv78039855
  14. ^ 勝栄会 - 平成19年度収支報告書 10万円を3回、計30万円を会費としてコリア国際研究所に支払っている[リンク切れ]
  15. ^ a b http://www.keizaikai.co.jp/magazine/detail/917%20.html パチンコの真実 - 経済界 平成二十二年四月二十日号
  16. ^ a b “山崎、平沢両氏が訪中 拉致問題で北朝鮮と接触”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月1日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040101003819.html 2012年12月1日閲覧。 
  17. ^ “首相、知らないを連発 平沢氏の無届け出国は問題”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月2日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201001275.html 2012年12月1日閲覧。 
  18. ^ “政府、平沢氏の処分不可避 訪中に波紋広がる”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月2日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201001143.html 2012年12月1日閲覧。 
  19. ^ “無断訪中で総務政務官辞任 平沢氏、拉致事務局長も”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月2日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201004479.html 2012年12月1日閲覧。 
  20. ^ “平沢氏は功名の背信行為 拉致議連が非難声明”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月7日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040701003146.html 2012年12月1日閲覧。 
  21. ^ “「拉致問題を政治利用」 山崎、平沢両氏に批判集中”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月4日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040401002206.html 2012年12月1日閲覧。 
  22. ^ 読売新聞、2004年5月14日
  23. ^ 「自民党新役員にも多数、カジノ議連メンバー」、しんぶん赤旗、2014年9月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
山本拓
日本の旗 衆議院北朝鮮による拉致
問題等に関する特別委員長

2014年 -
次代:
現職
先代:
山口泰明
日本の旗 衆議院外務委員長
2007年 - 2008年
次代:
河野太郎
公職
先代:
嘉数知賢
櫻田義孝
山口泰明
日本の旗 内閣府副大臣
渡辺喜美林芳正らと共同
2006年 - 2007年
次代:
木村勉
山本明彦
中川義雄
先代:
吉田六左ェ門
岸宏一
岩永峯一
日本の旗 総務大臣政務官
吉田六左ェ門世耕弘成と共同
松本純世耕弘成と共同

2003年 - 2004年
次代:
松本純
世耕弘成