木原稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 木原 稔
生年月日 1969年8月12日(44歳)
出身地 日本の旗熊本県熊本市
出身校 早稲田大学教育学部国語国文学科
学位・資格 文学士
前職 日本航空株式会社社員
所属委員会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(理事)
文部科学委員会委員
世襲
選出選挙区 熊本1区比例九州ブロック
当選回数 2回
所属党派 自由民主党額賀派
党役職 内閣部会副部会長
国防部会副部会長
中央政治大学院副学院長
ネットメディア局次長
青年局次長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館1116号室
ウェブサイト 木原みのる 公式サイト
テンプレートを表示

木原 稔(きはら みのる、1969年(昭和44年)8月12日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、防衛大臣政務官熊本県熊本市出身。

略歴[編集]

人物[編集]

活動・主張[編集]

発言[編集]

  • 2014年1月22日、アメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設断念を求めた照屋寛徳沖縄県出身・選出議員に対し、移設に反対する稲嶺進が4155票差で当選した1月19日の沖縄県名護市長選挙の結果をあげて「私も政治家なので民意は大事にしなければならないと思っている」とした上で、「永田町の民意で言うと、自民党が多数派で野党は少数派だ。敗れた末松文信さん側も少数派だが、小さな声にも耳を傾けねばならない」「今回の選挙結果は直近の民意だが、同じように選挙で選ばれた仲井眞弘多知事の埋め立て承認も民意の一つだ」と語った。また取材に対して「『永田町の民意』でなく、『国会の民意』だと言った。国会では自民党が多数派で野党が少数派だが、一般論として少数の民意も尊重しなければならないという正しいことを話しただけだ」と釈明した[10]

不祥事[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

参照[編集]

  1. ^ 新人「木原稔」さんが、熊本県第一選挙区支部長に就任[リンク切れ]
  2. ^ みのる日記 2007年6月21日
  3. ^ 木原稔
  4. ^ 歴史事実委員会(Committee for Histrical Facts)によるワシントン・ポスト2007年6月14日への全面広告画像
  5. ^ a b “2012衆院選 熊本1区 木原稔”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A43001004004 2013年8月28日閲覧。 
  6. ^ 『「婚外子平等化に反対、自民勉強会に23議員』朝日新聞2013年10月25日
  7. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  8. ^ 桜プロジェクト 平成22年3月1日号
  9. ^ 政治理念公式サイト
  10. ^ 「永田町の民意もある」 防衛政務官、辺野古で発言琉球新報 2014年1月23日
  11. ^ 朝日新聞 2009年9月3日
  12. ^ しんぶん赤旗 2009年9月16日

外部リンク[編集]

公職
先代:
佐藤正久
左藤章
日本の旗 防衛大臣政務官
若宮健嗣と共同

2012年 -
次代:
(現職)