中尾栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
中尾栄一
なかお えいいち
生年月日 1930年1月27日(84歳)
出生地 山梨県
出身校 青山学院大学
早稲田大学
前職 衆議院議員秘書
所属政党 (無所属→)
自由民主党
称号 衆議院永年在職議員
文学修士(早稲田大学)
親族 次男・水野賢一
賢一の養父・水野清

日本の旗 第63代 建設大臣
内閣 第1次橋本内閣
任期 1996年1月11日 - 1996年11月7日

内閣 第2次海部改造内閣
任期 1990年12月29日 - 1991年11月5日

内閣 竹下内閣
任期 1987年11月6日 - 1988年12月27日

選挙区 山梨県全県区→)
山梨1区
当選回数 11回
任期 1967年1月30日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

中尾 栄一(なかお えいいち、1930年1月27日-)は、日本政治家、元衆議院議員山梨県出身。山梨県立甲府第一高等学校青山学院大学文学部英米文学科卒業。早稲田大学大学院修士課程修了。元日本テコンドー連盟会長。渡辺派議長。

来歴・人物[編集]

芦田均秘書などを経て、1967年、無所属で第31回衆議院議員総選挙に旧山梨全県区から出馬し初当選(当選同期に山下元利増岡博之加藤六月塩川正十郎河野洋平藤波孝生武藤嘉文坂本三十次塩谷一夫山口敏夫など)。当選後、自由民主党佐藤栄作総裁から追加公認を受け、自民党に入党した。

1973年には中川一郎石原慎太郎らとタカ派政策集団 ・青嵐会を結成し名を売った。以来石原と行動することが多く、1980年ハプニング解散でも所属する中曽根派の意向に反して、稲葉修と共に反主流派の大平内閣不信任案欠席に同調、1989年の総裁選に石原が出馬した折も協力した。派閥領袖である中曽根康弘の信頼も厚かった。派閥は中曽根康弘派→渡辺美智雄派→村上亀井派→江藤・亀井派に属した。

2000年の第42回衆議院議員総選挙で落選した直後の6月30日若築建設事件で受託収賄容疑で逮捕された。8月11日に5000万円の保釈保証金を支払って保釈。2004年9月、最高裁判所は懲役1年10ヶ月追徴金6000万円の実刑判決が確定。ただし、病気のため刑の執行が停止されている。

水野賢一(参院議員)の実父にあたる(賢一の養父は中尾と当選同期の水野清)。

息子嶺一は株式会社ジェイエヌエスの代表取締役を務める。

議員連盟[編集]

略歴[編集]

関連項目[編集]

議会
先代:
大野明
日本の旗 衆議院予算委員長
1989年
次代:
越智伊平
先代:
塩谷一夫
日本の旗 衆議院外務委員長
1979年 - 1980年
次代:
奥田敬和
先代:
金子岩三
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1978年
次代:
佐藤隆
公職
先代:
森喜朗
日本の旗 建設大臣
第63代:1996年
次代:
亀井静香
先代:
武藤嘉文
日本の旗 通商産業大臣
第54代:1990年 - 1991年
次代:
渡部恒三
先代:
近藤鉄雄
日本の旗 経済企画庁長官
第38代:1987年 - 1988年
次代:
原田憲