櫻内義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
櫻内 義雄
さくらうち よしお
生年月日 1912年5月8日
出生地 東京都
没年月日 2003年7月5日(満91歳没)
出身校 慶應義塾大学
所属政党 民主党→)
国民民主党→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
名誉議員(両院通算)
親族 父・櫻内幸雄
兄・櫻内乾雄

日本の旗 第67代 衆議院議長
任期 1990年2月27日 - 1993年6月18日

日本の旗 第111代 外務大臣
内閣 鈴木善幸改造内閣
任期 1981年11月30日 - 1982年11月27日

日本の旗 第41代 建設大臣
第41代 国土庁長官
内閣 福田赳夫改造内閣
任期 1977年11月28日 - 1978年12月7日

日本の旗 第44代 農林大臣
内閣 第2次田中角榮内閣
任期 1972年12月22日 - 1973年11月25日

選挙区 島根県全県区→)
比例中国ブロック
当選回数 17回
任期 1952年10月2日 - 2000年6月2日

その他の職歴
日本の旗 第25-26代 通商産業大臣
1964年7月18日 - 1965年6月3日
日本の旗 参議院議員(当選無効)
1950年6月5日 - 1951年
日本の旗 衆議院議員
1947年4月26日 - 1948年12月23日
テンプレートを表示

櫻内 義雄(さくらうち よしお、1912年明治45年)5月8日 - 2003年平成15年)7月5日)は、日本政治家衆議院議員(18期)、衆議院議長(第67代)、通産大臣農林大臣建設大臣国土庁長官自民党政調会長外務大臣自由民主党幹事長などを歴任。元日蓮宗全国檀信徒協議会会長[1]従二位勲一等

父は商工相、農相、蔵相などを歴任した櫻内幸雄。兄は元中国電力会長櫻内乾雄。  

来歴・人物[編集]

東京に生まれた[1]幼稚舎から慶應義塾に学び、慶應義塾大学経済学部卒業、鐘紡に入社。1938年応召、翌年除隊。

蔵相の父・幸雄の私設秘書となり、同時に日本電化を経営。1947年旧東京1区から第23回衆議院議員総選挙に初当選(当選同期に田中角栄鈴木善幸増田甲子七中山マサ松野頼三倉石忠雄荒木万寿夫石田博英原田憲園田直根本龍太郎佐々木秀世中村寅太など)。1949年1月第24回衆議院議員総選挙で落選。その後、第2回参議院議員通常選挙一人区島根県選挙区で当選も結果的には当選無効、父・幸雄のあとを継いで旧島根全県区から衆議院議員選挙に出馬し、連続当選17回。

改進党時代には当選同期の中曽根康弘とともに青年将校と称され、自民党内では河野一郎派に属していた。法務政務次官、衆議院外務委員長などを経て、1964年第3次池田内閣通産大臣として初入閣。河野の死後は中曽根派の幹部となり、農林大臣建設大臣国土庁長官自民党政調会長外務大臣自由民主党幹事長など要職を歴任。

幹事長在職中に第2次大平内閣に対する反主流派の造反があり、桜内は党執行部の長として主流派と自らの所属派閥を含む反主流派の調停に奔走したが果たせずハプニング解散となる。しかし自らの出身の中曽根派からは中曽根の意向もあり稲葉修中尾栄一の他に造反者は出さなかった。反主流派の造反に加え選挙運動開始直後の大平の急死という異常事態の中で選挙の責任者として主流派・反主流派をまとめ自民党を大勝に導く。その功績や調停における公正さを評価され、ハプニング解散の責任者であるにもかかわらず鈴木善幸政権においても幹事長に留任する。党内抗争の仲裁に当たり「桜内政権」の憶測が浮上したこともある。

中曽根の首相在任中は、派閥会長の座を預かり、派内のまとめ役に徹した。1989年リクルート事件に関与した疑いで、中曽根が離党後も、一時期派閥を預かった。その後も中曽根と行動をともにし、衆議院議長を退任後は渡辺派→村上亀井派→江藤・亀井派に属する。

1990年2月から衆議院議長に就任、その10ヶ月後の同年12月財団法人日本プロスポーツ協会初代会長に就任し事実上の統一コミッショナー的役割を果たしプロスポーツ発展にも寄与、毎年日本プロスポーツ大賞受賞者の表彰式に参加[2]。派閥会長の座を渡辺美智雄に譲った。議長在職中にPKO法案の審議が行われ、牛歩戦術などによる社会党共産党社民連の激しい抵抗を排除、また社会党全議員が、辞職届を提出し衆議院解散に迫った際には「前例が無い」として、受理しない対応を取り挫折させている。1993年6月に宮澤内閣改造内閣不信任案が可決され、その直後の衆議院解散(嘘つき解散)詔書の読み上げが、議長としての最後の仕事となった。

中選挙区制が廃止された1996年の総選挙では比例代表中国ブロックから当選した。2000年の総選挙にも、比例での出馬意欲を見せていたが(当時の朝日新聞の報道によると本人は「自分はこれまでも、『長寿国日本、長寿県島根、長寿代表桜内』と言って当選してきた。これだけの高齢社会になったんだから、比例名簿のうち何%かは80代以上じゃないといけないようにすべきだ」と発言していた)、2000年に幹事長だった野中広務が、定年制導入を理由に櫻内・原健三郎引退させ、第42回衆議院議員総選挙と同時に引退した。(年長の)原と共に、明治生まれ最後の代議士であった。

宝塚歌劇団の大ファンで知られ、長らく愛宝会会長を務めた他、日本カヌー協会会長、日本国際貿易促進協会会長等数々の団体のトップも務めた。最晩年に「桜内・原の両元議長が議席にたどりつくまで何分かかるか」というのがテレビ番組でネタになったが、かつては「国会議員速歩の会」を主催していた。

世界連邦運動の推進団体である世界連邦日本国会委員会第9代会長でもあった。また、大隈重信が設立した日印協会の第6代会長をつとめ[3]岸信介が設立した協和協会の第3代会長をつとめた。

2003年7月5日に、呼吸不全のため東京都内の病院で死去[1]。91歳だった[1]。法号は宏達院清明義雄日顕大居士[1]

エピソード[編集]

信仰[編集]

日蓮宗全国檀信徒協議会会長職の他にも、日蓮宗檀徒の国会議員で組織する「一乗会」の会長なども務め、こうした桜内の功績に対し、日蓮宗宗務院は1977年1993年の2度にわたり、一級法労章を贈っている[1]

日頃の信仰について、1990年3月に行われたインタビューで、桜内は「信仰深い祖父によく仏壇の掃除などやらされて、父が政治活動で忙しく、墓参りから法事まで、自然のうちに桜内家の先祖を守る役目を引き受けるようになった[1]。理屈ではなく、いつの間にか身に染みついた信仰だと思う」と語り、また自身の政治活動と信仰を照らし合わせて「日蓮宗の檀信徒の一人として、自分は、日蓮聖人の教えを身に体して当たっているな、といつも思っている[1]。ことに聖人の立正安国の精神で、どのような政治の衝にも当たっている[1]。聖人の教えは政治の大道だと思う[1]。個々のご文章ということでなく、常に立正安国を念頭においている[1]」と述べていた。  

語録[編集]

  • 「もうすぐ桜が咲きます。私の名前は桜内、つまりチェリーです。日米間でも間もなく桜が咲くようになります」(1982年3月23日、外務大臣として訪米しロナルド・レーガン大統領との会談終了後、内外記者団に対して)。※後日、「アイ・アム・チェリー」発言として伝播される(チェリーはスラングで”童貞”、また”オカマ”での意)。
  • 「どうして、マスコミは政科研を”櫻内派”と呼ばないんだ?」(櫻内は、1982年から1987年、1989年5月から1990年2月まで政策科学研究所(政科研・中曽根派)会長を務めていた。もちろん、彼一流のジョークである)。
  • 「米国は日本の部品を買ってくれと言う。米国が日本に頭を下げ、自動車の下請け工場になるのは情けない。問題の根本は米国の労働者の質が劣悪なことにある。米国の労働者は働かなさ過ぎる。働かないで高い給料を欲しがる。三割くらいは文字も読めない。幹部が指令を出しても文書で渡せない。不合格品もたくさん出る」 (衆議院議長在任中の1992年1月19日、島根県での後援会新年会の際に日米貿易摩擦に言及し発言)。

略歴[編集]

家族・親族[編集]

桜内家[編集]

島根県能義郡広瀬町(現安来市)、鳥取県西伯郡米子町(現米子市)・西伯郡境町(現境港市)、東京都港区
  • 曾祖父・四郎左衛門(広瀬藩士)
  • 曾祖母・トセ
  • 祖父・和一郎(旧広瀬藩士、島根県士族
嘉永3年(1850年)生[5]~没
廃藩のとき、松平家からの頂戴金と士族に対する政府の御下げ渡し金とで、桜内家には一応すくなからぬがはいった[6]。それを資本にして和一郎は、あれこれと事業に手を出したが、いずれも世にいう“士族の商法”でうまくいかず、次第に食いつぶすような破目になってしまった[6]
  • 祖母・(広瀬藩儒学者・堀重兵衛の娘[5]
堀家は、同じ広瀬藩にながく仕えた家で、代々儒学をもって知られていた[5]。したがって、綾女は儒者である父重兵衛により厳格な家庭教育を施され、当時としてはインテリ女性ともいうべき存在だった[5]
  • 父・幸雄(実業家、政治家)
父・櫻内幸雄
(肖像)
明治13年(1880年8月生 ~ 昭和22年(1947年)10月没
幸雄は、大正9年(1920年)衆議院議員に当選し、商工相、農相、蔵相などを歴任した。
  • 母・貞子(徳永純の長女[7]
明治36年(1903年)に父・幸雄は結婚をした[7]。貞子は徳永純の長女で、幸雄より二つ年下だった[7]。徳永という人は異色ある人物で、若いころは仏門にはいって真宗の伝導師をしていたが、壮年期以後は富士製紙会社に入り、かなり重い役職を歴任した[7]
明治38年(1905年)5月生 ~ 昭和52年(1977年)4月没
明治19年(1886年)3月生 ~ 昭和29年(1954年)11月没

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第23回衆議院議員総選挙 1947年4月25日 東京都第1区 民主党 37,296 14.1 2/25 - -
第24回衆議院議員総選挙 1949年1月23日 東京都第1区 民主党 30,172 9.1 6/23 - -
第2回参議院議員通常選挙 1950年6月4日 島根県地方区 国民民主党 140,981 32.3 1/5 - -
第25回衆議院議員総選挙 1952年10月1日 島根県全県区 改進党 75,335 17.0 2/8 - -
第26回衆議院議員総選挙 1953年4月19日 島根県全県区 改進党 65,426 15.0 2/8 - -
第27回衆議院議員総選挙 1955年2月27日 島根県全県区 日本民主党 79,170 17.5 1/8 - -
第28回衆議院議員総選挙 1958年5月22日 島根県全県区 自由民主党 69,009 15.2 4/7 - -
第29回衆議院議員総選挙 1960年11月20日 島根県全県区 自由民主党 79,932 17.2 2/8 - -
第30回衆議院議員総選挙 1963年11月21日 島根県全県区 自由民主党 71,229 15.8 4/7 - -
第31回衆議院議員総選挙 1967年1月29日 島根県全県区 自由民主党 81,891 18.1 1/7 - -
第32回衆議院議員総選挙 1969年12月27日 島根県全県区 自由民主党 71,075 15.9 4/7 - -
第33回衆議院議員総選挙 1972年12月10日 島根県全県区 自由民主党 73,021 15.6 3/7 - -
第34回衆議院議員総選挙 1976年12月5日 島根県全県区 自由民主党 68,395 14.1 2/10 - -
第35回衆議院議員総選挙 1979年10月7日 島根県全県区 自由民主党 78,531 16.4 2/8 - -
第36回衆議院議員総選挙 1980年6月22日 島根県全県区 自由民主党 82,670 16.8 3/7 - -
第37回衆議院議員総選挙 1983年12月18日 島根県全県区 自由民主党 86,620 18.4 2/6 - -
第38回衆議院議員総選挙 1986年7月6日 島根県全県区 自由民主党 80,384 16.1 2/7 - -
第39回衆議院議員総選挙 1990年2月18日 島根県全県区 自由民主党 79,890 15.8 2/7 - -
第40回衆議院議員総選挙 1993年7月18日 島根県全県区 自由民主党 63,905 13.2 4/9 - -
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 - 自由民主党 ' ' ' 比例中国 第2位
当選回数19回 (衆議院議員18・参議院議員1)

参考文献[編集]

  • 河野幸之助『櫻内家の人々』 1965年
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 434-441頁
  • 神一行『閨閥 改定新版 特権階級の盛衰の系譜』 角川書店 2002年 110、120-121頁

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 櫻内義雄 日蓮宗新聞社
  2. ^ 1986年の総選挙後も党内で議長候補となるが、中曽根派をまとめる人物が桜内以外いないという理由から見送られていた。
  3. ^ 平林博2013 年の年頭所感―日印協会110 周年の回顧と展望 (PDF) 」 、『月刊インド』第110巻第1号、公益財団法人日印協会、2013年1月、 4-6頁、2014年4月4日閲覧。
  4. ^ 選挙時、「桜内幸雄」と書かれた票が有効とみなされ、当選したが、次点だった小瀧彬に「幸雄」票は無効ではないかと訴えられ、裁判の結果、「幸雄」票は無効となり、小瀧が当選者となった第145回国会 本会議 第15号(平成11年3月16日(火曜日))
  5. ^ a b c d 河野幸之助 著『櫻内家の人々』29頁
  6. ^ a b 河野幸之助 著『櫻内家の人々』68頁
  7. ^ a b c d 河野幸之助 著『櫻内家の人々』75頁

外部リンク[編集]


議会
先代:
田村元
日本の旗 衆議院議長
第67代:1990年 - 1993年
次代:
土井たか子
先代:
田中栄一
床次徳二
日本の旗 衆議院外務委員長
1971年 - 1972年
1958年 - 1959年
次代:
福田篤泰
小沢佐重喜
先代:
浜野清吾
日本の旗 衆議院文教委員長
1961年 - 1962年
次代:
床次徳二
党職
先代:
斎藤邦吉
自由民主党幹事長
第19代:1979年 - 1981年
次代:
二階堂進
先代:
松野頼三
小坂善太郎
自由民主党政務調査会長
第25代:1976年
第20代:1972年
次代:
河本敏夫
倉石忠雄
先代:
中曽根康弘
中曽根康弘
政策科学研究所会長
第4代:1989年 - 1990年
第2代:1982年 - 1987年
次代:
渡辺美智雄
中曽根康弘
公職
先代:
園田直
日本の旗 外務大臣
第110代:1981年 - 1982年
次代:
安倍晋太郎
先代:
長谷川四郎
日本の旗 建設大臣
第41代:1977年 - 1978年
次代:
渡海元三郎
先代:
田沢吉郎
日本の旗 国土庁長官
第6代:1977年 - 1978年
次代:
中野四郎
先代:
足立篤郎
日本の旗 農林大臣
第44代:1973年 - 1974年
次代:
倉石忠雄
先代:
福田一
日本の旗 通商産業大臣
第25・26代:1964年 - 1965年
次代:
三木武夫
その他の役職
先代:
中曽根康弘
(前身のプロスポーツ会議会長)
日本の旗 日本プロスポーツ協会会長
初代:1990年 - 2002年
次代:
柳川覚治