谷本龍哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 谷本 龍哉
生年月日 1966年10月26日(47歳)
出身地 日本の旗和歌山県和歌山市
出身校 東京大学法学部
学位・資格 法学士
前職 和歌山県議会議員
世襲
選出選挙区 和歌山1区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党
ウェブサイト 谷本たつや公式サイト(閉鎖)
テンプレートを表示

谷本 龍哉(たにもと たつや、1966年10月26日 - )は、日本の元政治家衆議院議員(3期)を務めた。

略歴[編集]

和歌山市出身。智辯学園和歌山中学・高等学校東京大学法学部を卒業。高校時代は運動部に所属し、中心選手として活躍。東大在学時代から飲食業界にかかわり、28歳までバーテンダーを務めていたという経歴を持つ。他に店舗企画業務に携わった。

1993年二階俊博秘書。和歌山県議会議員を経て、2000年に衆議院議員に初当選。2006年9月発足の安倍内閣で、内閣府大臣政務官に任命された。第40代自由民主党青年局長。

2008年8月、福田康夫改造内閣内閣府副大臣に就任。

2009年第45回衆議院議員総選挙にて落選し、引退を表明。同年10月1日付けで「ミス・ユニバース・ジャパン」を主催するアイビージージャパン社長に就任。

人物[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同する[1]
  • 2004年の政治家の年金未納問題で、1991年から1994年までの期間に国民年金保険料の未納が23か月分あったことを自ら公表した[2]
  • 2008年8月28日、谷本が支部長を務めていた自民党和歌山県第1選挙区支部が、橋の設計強度不足が発覚したことで和歌山県から提訴されている大阪市中央区の企業から、同年6月までの6年間に計33万円の献金を受けていたことが政治資金収支報告書などで判明した[3]

脚注[編集]

  1. ^ “幸せのかたちは、国が決めるのか 夫婦別姓について”. 和歌山新報. (2004年3月23日). http://www.wakayamashimpo.co.jp/ganbattemasu/2004/03/post_137.html 2014年5月1日閲覧。 
  2. ^ “谷本議員は23か月未納 HPで公表”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年5月17日). http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004051701004567.html 2014年5月1日閲覧。 
  3. ^ “強度不足発覚会社が献金 谷本副大臣側に33万円”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年8月28日). http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082801000052.html 2014年5月1日閲覧。 
公職
先代:
木村勉
山本明彦
中川義雄
日本の旗 内閣府副大臣
増原義剛宮澤洋一と共同
2008 - 2009
次代:
大島敦
古川元久
大塚耕平
先代:
山谷えり子平井卓也
日本の旗 内閣府大臣政務官
岡下信子田村耕太郎と共同

2006 - 2007
次代:
戸井田徹加藤勝信西村明宏