仲村正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
仲村 正治
なかむら せいじ
生年月日 1931年9月6日(83歳)
出生地 沖縄県那覇市宇栄原
出身校 沖縄県立那覇高等学校卒業
前職 沖縄県議会議員
那覇市議会議員
所属政党 自由民主党→)
新生党→)
新進党→)
自由民主党(津島派

選挙区 比例九州ブロック
当選回数 7回
任期 1983年 - 2009年

任期 1973年 - 1981年

日本の旗 那覇市議会議員
任期 1969年 - 1973年
テンプレートを表示

仲村 正治(なかむら せいじ、1931年9月6日 - )は、日本の元政治家自由民主党所属の元衆議院議員(7期)。

来歴・人物[編集]

1969年那覇市議会議員、1976年沖縄県議会議員となり、沖縄県政界における地位を築く。1983年第37回衆議院議員総選挙で初当選し、1度の落選を挟んで7回当選(83年当選同期に田中直紀熊谷弘二階俊博額賀福志郎野呂田芳成衛藤征士郎田中秀征尾身幸次北川正恭町村信孝伊吹文明自見庄三郎大島理森野呂昭彦中川昭一鈴木宗男甘利明など)。1993年6月の宮澤内閣不信任案採決直前に沖縄開発庁政務次官辞任し不信任案に賛成、改革フォーラム21ごと自民党を集団離党する。新生党結成や新進党結党に参加するも、やがて自民党に復党。

2005年の総選挙では自民党は比例区における73歳定年制の原則を崩し、特例として74歳の仲村を比例名簿上位に登載させ、当選させた。理由は、沖縄選挙区における公明党との選挙区調整とされる。

2007年8月、党紀委員長、党人事委員長に就任。国土審議会離島振興対策分科会委員を務め、2009年7月21日衆議院解散に伴い政界を引退

衆議院議員時代は日韓議員連盟日韓海底トンネル推進議員連盟神道政治連盟国会議員懇談会に所属していた。

当選7回の自民党議員でありながら、一度も入閣しなかった。同様の議員は他に二田孝治がいる。現職では、逢沢一郎木村義雄が当選7回以上の自民党議員でありながら入閣していない。

2009年11月3日、平成21年秋の叙勲において旭日大綬章を受章した。

議会
先代:
石破茂
日本の旗 衆議院運輸委員長
1999年 - 2000年
次代:
赤城徳彦
公職
先代:
(創設)
日本の旗 内閣府副大臣
坂井隆憲村井仁らと共同
2001年 - 2002年
次代:
熊代昭彦
松下忠洋
村田吉隆