繰り上げ当選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

繰り上げ当選(くりあげとうせん)とは、選挙抽選において、上位に欠員(失格者・降格者を含む)が出た場合に下位の者が繰り上げされて当選することをいう。

現代日本公職選挙においては、欠員が発生した場合、次点候補が繰り上げとなって当選すること。中央選挙管理会告示など公式の場では「繰上補充による当選」と表記される。

以下、本項では選挙における繰り上げ当選について解説する。

概要[編集]

現代日本では公職選挙法に基づいて、法定得票数を超えていた落選者の中で最下位当選者の次に得票をしていた候補を次点として置いたり、比例区政党名簿における最下位当選者の次の順位の候補を次点として置いたりする。当選者が死亡したり、辞職したりして、欠員が出た場合に次点者を繰り上げ当選とする。

現代日本の選挙の場合、比例区においてはその選挙で選ばれた議員任期が終了するまで行うことができるが、参議院の選挙区選出議員や地方議会の議員の選挙については、選挙区の定数にかかわらず、選挙日から3か月に限られている。

なお、地方公共団体首長1996年平成8年)以降の衆議院小選挙区選出議員については原則として繰上補充は認められていない。ただし、いずれの選挙においても、票が同数でくじで当選人を選んだ場合に限り、当選人の任期が終了するまで、欠員が生じた場合にくじに外れた者は繰り上げ当選の対象となる。かつては1993年(平成5年)までの衆議院中選挙区制選出議員については、選挙日から3か月に限って繰り上げ当選が認められていた。

参議院の選挙区選出議員や地方議会の議員の場合、選挙直後に辞職(選挙違反など)となった場合、選挙日から3か月以内に辞職した場合は次点者が繰り上げ当選となり、また、選挙日より3か月を超えて辞職した場合は欠員のまま(場合により補欠選挙が行われる)となることから、結果として、辞職議員に次点者を繰り上げ当選させるか否かの選択権を与えていることになる。

衆議院議員総選挙および参議院議員通常選挙の比例代表において、一党の名簿登載候補者が全員当選した場合は、欠員となっても繰り上げ当選はされず、欠員が定数の4分の1以上になることに伴う補欠選挙が行われない限り、解散もしくは任期満了になるまで欠員となる[注 1]

日本における繰り上げ当選の例[編集]

衆議院選挙における繰り上げ当選の例
年月 当選者 選挙区 失職議員 失職事由
1952年昭和27年)10月 第25回衆議院議員総選挙
1953年(昭和28年)1月 江藤夏雄 佐賀県全県区 愛野時一郎 死去
1955年(昭和30年)2月 第27回衆議院議員総選挙
1955年(昭和30年)2月 前田栄之助 広島県第2区 谷川昇 死去
1955年(昭和30年)4月 堀川恭平 兵庫県第4区 小畑虎之助 死去
1955年(昭和30年)5月 小林錡 愛知県第4区 永田安太郎 死去
1958年(昭和33年)5月 第28回衆議院議員総選挙
1958年(昭和33年)8月 菊池義郎 東京都第2区 松岡駒吉 死去
1958年(昭和33年)8月 野田武夫 神奈川県第2区 山本正一 辞職(鎌倉市長選出馬
保科善四郎 宮城県第1区 本間俊一 死去
1960年(昭和35年)11月 第29回衆議院議員総選挙
1960年(昭和35年)12月 中村三之丞 京都府第1区 水谷長三郎 死去
1967年(昭和42年)1月 第31回衆議院議員総選挙
1967年(昭和42年)3月 小沢貞孝 長野県第4区 唐沢俊樹 死去
1976年(昭和51年)12月 第34回衆議院議員総選挙
1976年(昭和51年)12月 千葉千代世 千葉県第3区 水田三喜男 死去
1977年(昭和52年)1月 稲垣実男 愛知県第4区 浦野幸男 死去
1986年(昭和61年)7月 第38回衆議院議員総選挙
1986年(昭和61年)10月 大矢卓史 大阪府第1区 湯川宏 死去
1996年平成8年)9月 第41回衆議院議員総選挙
1997年(平成9年)11月 中林佳子 比例中国 正森成二 辞職(体調不良)
1998年(平成10年)3月 東順治 比例九州 愛野興一郎 死去
1998年(平成10年)11月 奥谷通 比例近畿 野田実 選挙違反で当選無効
1999年(平成11年)1月 知久馬二三子 比例中国 秋葉忠利 辞職(広島市長選出馬)
小島敏男 比例北関東 中島洋次郎 辞職(救難飛行艇汚職事件)
1999年(平成11年)3月 水野賢一 比例南関東 石橋一弥 死去
1999年(平成11年)6月 林田彪 比例九州 東家嘉幸 辞職(体調不良)
1999年(平成11年)7月 渋谷修 比例東京 山花貞夫 死去
2000年(平成12年)2月 菊地董 比例東海 前島秀行 死去
2000年(平成12年)3月 七条明 比例四国 越智伊平 死去
2000年(平成12年)4月 半田善三 比例東海 福岡宗也 死去
2000年(平成12年)6月 第42回衆議院議員総選挙
2001年(平成13年)8月 石原健太郎 比例東北 菅原喜重郎 辞職
2002年(平成14年)10月 米沢隆[注 2] 比例九州 古賀一成 辞職(衆院補選出馬)
2003年(平成15年)5月 津島恭一 比例東北 御法川英文 死去
2003年(平成15年)6月 佐藤茂樹 比例近畿 久保哲司 死去
2003年(平成15年)7月 田名部匡代 比例東北 日野市朗 死去
北川知克 比例近畿 奥谷通 死去
2003年(平成15年)8月 中桐伸五 比例中国 山田敏雅 辞職(福山市長選出馬)
2003年(平成15年)11月 第43回衆議院議員総選挙
2003年(平成15年)12月 木村隆秀 比例東海 近藤浩 辞職(選挙違反
2004年(平成16年)3月 津川祥吾 比例東海 佐藤観樹 辞職(秘書給与詐取事件
2004年(平成16年)4月 本多平直 比例北関東 木下厚 辞職(衆院補選出馬)
2004年(平成16年)11月 田村謙治 比例東海 都築譲 辞職(選挙違反)
2005年(平成17年)9月 第44回衆議院議員総選挙
2005年(平成17年)12月 高井美穂 比例四国 五島正規 辞職(選挙違反)
2006年(平成18年)4月 池田元久 比例南関東 永田寿康 辞職(堀江メール問題
2006年(平成18年)12月 楠田大蔵 比例九州 北橋健治 辞職(北九州市長選出馬)
2007年(平成19年)3月 石川知裕 比例北海道 荒井聰 辞職(北海道知事選出馬)
2007年(平成19年)7月 藤井裕久 比例南関東 長浜博行 辞職(参院選出馬)
2008年(平成20年)4月 和田隆志 比例中国 平岡秀夫 辞職(衆院補選出馬)
2009年(平成21年)5月 大高松男 比例北関東 中森福代 辞職(さいたま市長選出馬)
泉原保二 比例近畿 鍵田忠兵衛 辞職(奈良市長選出馬)
2009年(平成21年)8月 第45回衆議院議員総選挙
2010年(平成22年)4月 遠山清彦 比例九州 神崎武法 辞職(体調不良)
2010年(平成22年)9月 中屋大介 比例九州 後藤英友 辞職(選挙違反)
浅野貴博 比例北海道 鈴木宗男 失職(鈴木宗男事件
2010年(平成22年)10月 今津寛 比例北海道 町村信孝 辞職(衆院補選出馬)
2011年(平成23年)1月 望月義夫 比例東海 大村秀章 辞職(愛知県知事選出馬)
2012年(平成24年)7月 三浦昇 比例中国 高邑勉 辞職(山口県知事選出馬)
2012年(平成24年)10月 渡部一夫 比例東北 和嶋未希 辞職(酒田市長選出馬)
2012年(平成24年)12月 第46回衆議院議員総選挙
2013年(平成25年)5月 鈴木貴子 比例北海道 石川知裕 辞職(陸山会事件
2013年(平成25年)12月 清水鴻一郎[1] 比例近畿 東国原英夫 辞職
2014年(平成26年)5月 川端達夫 比例近畿 三日月大造 辞職(滋賀県知事選出馬)
参議院選挙における繰り上げ当選の例
年月 当選者 選挙年 選挙区 失職議員 失職事由
1962年昭和37年)6月 第6回参議院議員通常選挙
1962年(昭和37年)9月 山高しげり 1962年参院選 全国 松村秀逸 死去
1965年(昭和40年)6月 第7回参議院議員通常選挙
1965年(昭和40年)7月 達田龍彦 1965年参院選 長崎 田浦直蔵 死去
1971年(昭和46年)6月 第9回参議院議員通常選挙
1971年(昭和46年)7月 黒住忠行 1971年参院選 全国 山本伊三郎 死去
1971年(昭和46年)9月 野末陳平 1971年参院選 全国 村上孝太郎 死去
1980年(昭和55年)6月 第12回参議院議員通常選挙
1980年(昭和55年)6月 秦豊 1980年参院選 全国 向井長年 死去
1983年(昭和58年)7月 第13回参議院議員通常選挙
1983年(昭和58年)12月 コロムビア・トップ 1983年参院選 比例 野坂昭如 辞職(衆院出馬
1984年(昭和59年)9月 石井道子 1983年参院選 比例 竹内潔 死去
1986年(昭和61年)6月 寺内弘子 1983年参院選 比例 藤井裕久 辞職(衆院選出馬)
1986年(昭和61年)7月 第14回参議院議員通常選挙
1989年(平成元年)6月 いずみたく 1986年参院選 比例 青島幸男 辞職
1989年(平成元年)7月 第15回参議院議員通常選挙
1990年平成2年)2月 針生雄吉 1986年参院選 比例 塩出啓典 辞職(衆院選出馬)
1990年(平成2年)3月 星野朋市 1989年参院選 比例 横溝克己 死去
1990年(平成2年)10月 山口光一 1986年参院選 比例 宮田輝 死去
1992年(平成4年)5月 山田俊昭 1986年参院選 比例 いずみたく 死去
1992年(平成4年)7月 第16回参議院議員通常選挙
1993年(平成5年)6月 宮崎秀樹 1992年参院選 比例 藤江弘一 死去
1993年(平成5年)8月 小島慶三 1992年参院選 比例 細川護熙 辞職(衆院選出馬)
円より子 1992年参院選 比例 小池百合子 辞職(衆院選出馬)
扇千景 1989年参院選 比例 山岡賢次 辞職(衆院選出馬)
1994年(平成6年)3月 増岡康治 1989年参院選 比例 石川弘 辞職(石川県知事選出馬)
1994年(平成6年)8月 萱野茂 1992年参院選 比例 松本英一 死去
1995年(平成7年)4月 山田俊昭 1992年参院選 比例 青島幸男 辞職(東京都知事選出馬)
1995年(平成7年)7月 第17回参議院議員通常選挙
1995年(平成7年)9月 山東昭子 1992年参院選 比例 田辺哲夫 死去
1996年(平成8年)11月 嶋崎均 1992年参院選 比例 山東昭子 辞職(衆院選出馬)
1997年(平成9年)5月 長尾立子 1992年参院選 比例 嶋崎均 死去
1998年(平成10年)6月 松崎俊久 1995年参院選 比例 木暮山人 死去
1998年(平成10年)7月 第18回参議院議員通常選挙
1998年(平成10年)9月 谷林正昭 1998年参院選 富山 永田良雄 死去
1999年(平成11年)10月 中島啓雄 1995年参院選 比例 石川弘 死去
2000年(平成12年)10月 清水達雄 1998年参院選 比例 岡利定 死去
2001年(平成13年)1月 大門実紀史 1998年参院選 比例 立木洋 辞職(体調不良)
2001年(平成13年)2月 柳川覚治 1995年参院選 比例 小山孝雄 辞職(KSD事件
2001年(平成13年)3月 宮崎秀樹 1998年参院選 比例 村上正邦 辞職(KSD事件)
黒岩秩子 1995年参院選 比例 堂本暁子 辞職(千葉県知事選出馬)
2001年(平成13年)6月 金石清禅 1995年参院選 比例 友部達夫 失職(オレンジ共済事件
2001年(平成13年)7月 第19回参議院議員通常選挙
2001年(平成13年)10月 中島啓雄 2001年参院選 比例 高祖憲治 辞職(選挙違反)
2002年(平成14年)2月 ツルネン・マルテイ 2001年参院選 比例 大橋巨泉 辞職
2002年(平成14年)9月 信田邦雄 1998年参院選 比例 今井澄 死去
2003年(平成15年)4月 田英夫 2001年参院選 比例 田嶋陽子 辞職(神奈川県知事選出馬)
中島章夫 1998年参院選 比例 小宮山洋子 辞職(衆院補選出馬)
2003年(平成15年)7月 小林美恵子 2001年参院選 比例 筆坂秀世 辞職
2003年(平成15年)8月 千葉国男 1998年参院選 比例 沢たまき 死去
2003年(平成15年)11月 藤野公孝 2001年参院選 比例 近藤剛 辞職(日本道路公団総裁就任)
2004年(平成16年)1月 樋口俊一 1998年参院選 比例 江本孟紀 辞職(大阪府知事選出馬)
2004年(平成16年)7月 第20回参議院議員通常選挙
2006年(平成18年)9月 神取忍 2004年参院選 比例 竹中平蔵 辞職
2007年(平成19年)7月 第21回参議院議員通常選挙
2007年(平成19年)9月 松あきら 2007年参院選 神奈川 小林温 辞職(選挙違反)
2007年(平成19年)12月 大石尚子 2007年参院選 比例 山本孝史 死去
2008年(平成20年)9月 草川昭三 2007年参院選 比例 遠山清彦 辞職(衆院選出馬)
2009年(平成21年)8月 広野允士 2007年参院選 比例 青木愛 辞職(衆院選出馬)
平山誠[注 3] 2007年参院選 比例 田中康夫 辞職(衆院選出馬)
2010年(平成22年)7月 第22回参議院議員通常選挙
2011年(平成23年)11月 はたともこ 2007年参院選 比例 西岡武夫 死去
2012年(平成24年)1月 玉置一弥[注 4][2] 2007年参院選 比例 大石尚子 死去
2012年(平成24年)12月 樽井良和 2007年参院選 比例 今野東 辞職(衆院選出馬)
武見敬三 2007年参院選 比例 義家弘介 辞職(衆院選出馬)
真山勇一 2010年参院選 比例 上野宏史 辞職(衆院選出馬)
藤巻幸夫 2010年参院選 比例 小熊慎司 辞職(衆院選出馬)
山田太郎 2010年参院選 比例 桜内文城 辞職(衆院選出馬)
2013年(平成25年)5月 尾辻かな子 2007年参院選 比例 室井邦彦 辞職(他党から参院選出馬)
2013年(平成25年)6月 山村明嗣 2007年参院選 比例 大江康弘 辞職(他党から参院選出馬)
2013年(平成25年)7月 第23回参議院議員通常選挙
2013年(平成25年)8月 堀内恒夫 2010年参院選 比例 中村博彦 死去
2014年(平成26年)3月 田中茂 2010年参院選 比例 藤巻幸夫 死去


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2009年(平成21年)の衆議院議員総選挙の比例近畿ブロック民主党の比例名簿に登載されて民主党候補として当選した河上満栄は、2010年(平成22年)の参議院議員通常選挙において、京都府選挙区より民主党公認として立候補するために議員を辞職(結果は落選)、本来であれば比例代表近畿ブロックの民主党の名簿登載候補者より繰上補充が行われるはずであったが、既に名簿登載候補者全員が当選しており繰り上げ当選となる対象候補がいないため、衆議院では定数480に対して1人欠員となっていた。なお、参議院の場合は半数改選前に欠員が生じた場合は、任期を同じくする者の欠員が4分の1に満たない場合であっても、半数改選時に通常選挙と同時に補欠選挙を行い、補欠選挙当選分の議員は3年の任期の議員として取り扱うことで欠員が補充されることがある。
  2. ^ 当初、岩本司(当時参議院議員)が繰上補充当選の対象となったが、参議院議員を辞する旨の届け出をしなかったため、当選を失った。
  3. ^ 当初、第45回衆議院議員総選挙の選挙期間中に同選挙に立候補していた有田芳生が繰上補充当選の対象となったが、同選挙への立候補を継続するため当選を辞退した。
  4. ^ 当初、斎藤勁(衆議院議員)が繰上補充の当選人となったが、既に衆議院議員であり、当選告知を受けた日から5日以内に衆議院議員の職を辞した旨の届出をしなかったため、その当選を失った。

出典[編集]

  1. ^ 2013年(平成25年)12月26日中央選挙管理会告示第33号「平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員選挙近畿選挙区における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件」
  2. ^ 参議院議員選挙にかかる繰上補充 - 総務省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]