後藤田正純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 後藤田正純
生年月日 1969年8月5日(44歳)
出身地 東京都
出身校 慶應義塾大学商学部
学位・資格 商学士
前職 衆議院議員秘書
会社員
所属委員会 内閣委員会
世襲
大叔父・後藤田正晴
(父の従兄弟・井上普方
選出選挙区 徳島3区
当選回数 5回
所属党派 自由民主党津島派→無派閥)
党役職 徳島県支部連合会会長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館315号室
ウェブサイト 後藤田正純ホームページ
テンプレートを表示

後藤田 正純(ごとうだ まさずみ、1969年8月5日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)、内閣府副大臣、自民党徳島県連会長。

妻は女優水野真紀警察庁長官内閣官房長官法務大臣を歴任した後藤田正晴大叔父

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

1969年、東京都医師後藤田圭博と晃子の次男として生まれる(本籍地徳島県吉野川市)。大叔父の後藤田正晴や社会党の衆議院議員であった井上普方などが親戚にいた。

1988年筑波大学附属駒場高等学校を卒業して、一浪し慶應義塾大学商学部入学。将来、政治家になることを考え、後藤田正晴秘書として選挙を手伝う。1993年に慶應義塾大学卒業後、三菱商事に入社。これは、「政治家は社会経験をしてからなるべきだ」という後藤田正晴の信条による。1998年に三菱商事を退職。

衆議院議員[編集]

2000年第42回衆議院議員選挙徳島3区から自由民主党公認で立候補し、初当選(当選同期に小渕優子竹下亘梶山弘志左藤章馳浩松島みどりなど)。2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙で再選。

2004年3月には女優水野真紀と結婚し話題となる。2005年4月には第1子である長男が誕生した。郵政民営化が問題となった際には週刊新潮によると、ギリギリまで反対だったものの、非公認では選挙は戦えないことから最終的に執行部の説得に応じる[要出典]2005年第44回衆議院議員総選挙で3選。第3次小泉改造内閣内閣府大臣政務官金融、経済財政政策担当)に就任するも、2006年には内閣府大臣政務官を辞任した。辞任の理由は、貸金業規制法の改正案が直前になって業界寄りに修正された事への抗議である[要出典]。このときの内閣府特命担当大臣(金融、経済財政政策担当)は与謝野馨

小泉純一郎に対して批判的であり、その後継者の安倍晋三に対しても安倍が総裁だった2007年7月29日参院選で自民党が惨敗すると「美しい国であるなら美しい責任の取り方があるのではないか?」と批判した[要出典]

安倍路線の対抗馬としては谷垣禎一を推しており、2007年8月16日のテレビ放送で、町村派福田康夫が後継者候補として取り上げられたときも「後継者は谷垣さんしかいない。福田さんが出たら自殺行為」と一笑したが、2007年自由民主党総裁選挙で、谷垣の不出馬と福田の出馬が決まると麻生包囲網に参加し、「国民主義の福田さんと国家主義の麻生さん」とテレビなどで盛んに喧伝することに努めた。総裁選挙で麻生太郎が予想外に善戦したことは認めたが、その原因は「麻生太郎のパフォーマンス」であると分析をし、党員の意見を聞いてから麻生支持に変更した議員に対しては「議院内閣制を理解していない」と発言し、総裁選当日に麻生太郎の応援をするため自民党本部前に集まった支持者に対しては「オタク系が騒いでいた」「小泉・安倍に対して熱狂して失敗をしたのに、(麻生太郎に)また熱狂をするのはいかがなものか」と評した上で「麻生人気はメッキがすぐに剥がれるだろう」と結論付けた。また、麻生支持をした一年生議員を「政策理念や政治責任論というものを全く考えていない」と批判した上で、自らについては「福田さんに投票した私は、政治玄人である」と自画自賛した[1]

2007年9月28日、初当選以来所属していた津島派に突如退会届を提出、無派閥となった。上記のように谷垣の熱烈な支持者であることを公言するなど、派内では異端の存在であったが、今後は既存派閥への再入会はせず、純粋無派閥として活動するとしている。

2008年自由民主党総裁選挙では、与謝野馨を総裁候補として擁立。対立候補であるクールビズで名を売った小池百合子アニメ漫画に詳しい麻生太郎を「クールビズとかアニメとかいう世界じゃなくて、覚悟を持った政治を訴えないと支持は得られない」と批判した[要出典]

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹き、後藤田自身も徳島3区で苦戦を強いられたが1222票の僅差で民主党の仁木博文を下し、4選(仁木も比例復活)。

2009年、田園調布の実家で長男と暮らす水野と、議員宿舎で暮らす後藤田正純との別居が報道された[2]

2010年、自民党内で谷垣禎一総裁や執行部への批判を公言し、自民党離党をちらつかせながら執行部の一新を求める舛添要一前厚労相を「オオカミ中年」と形容した[3](後日、舛添は自民党を離党し、改革クラブに合流する形で新党改革を結成、新党改革代表に就任した)。

2012年第46回衆議院議員総選挙で民主党の仁木らを下して5選し、仁木には比例復活も許さなかった。なお徳島3区は同選挙を最後に廃止されるため同選挙区から選出された最後の国会議員である。

2013年9月、第2次安倍内閣内閣府副大臣に就任。

不祥事[編集]

  • 2011年、銀座のクラブのホステスと飲食をともにして接吻・抱擁するのを写真週刊誌に撮影された。その後、トイレに20分間一緒に篭るなど二人で性行為をしたあと、2人で議員宿舎に宿泊し性交したことも「ハレンチすぎる不倫」として報道された[4]。これを受け、衆議院財務金融委員会委員、自民党政務調査会・財務金融部会長代理を辞任[5]、地震対策特別委員会副委員長などすべての自民党内役職の辞職願を6月1日に届け出た。報道についてはノーコメントとしている。
  • 2009年、選挙区の徳島・那賀郡で、「対立候補のポスターの上から、自身のポスターを張った」と民主党公認候補の仁木博文に告発された[6]
  • 同じく、2009年の衆院選で、後藤田の選挙運動で報酬の現金を渡したとして、公選法違反(買収)容疑で、後藤田の運動員が逮捕された[7]。 逮捕容疑によると、運動員は、つるぎ町の期日前投票所駐車場で、後藤田への投票を依頼するなどの選挙運動の報酬として、現金2万5000円を渡した。 

政策・主張[編集]

金融[編集]

  • 多重債務者が増加を続ける中で、「利息制限法は必要ない」と発言し、最高裁で否定されていた出資法に一本化しようとして物議をかもしていたが、その後は貸金業規制の先頭に立った[要出典]。その後、9年に及ぶ「グレーゾーン金利」の温存案を提出した金融庁案に抗議し政務官を辞職[要出典]
  • 消費者金融の利用者が、借り入れや返済時に支払うATM利用料を最大630円とする同案規定に批判的[要出典]
  • 利息制限法の金利区分の引き上げに伴い、一部で実質的に上限金利が上がる貸付金額帯が生じる点を問題視、上限金利の引き下げに例外を認める特例措置を疑問視し超党派で政府、自民党案を修正していくと表明した[要出典]

宗教団体との関連[編集]

  • 週刊文春によると、統一教会の下部団体であるUPF主催の文顕進の昼食会に、国会議員が数十人出席し、後藤田も出席したことを認めた[8]

その他[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

家族親族[編集]

  • 妻 由紀(水野真紀)
  • 長男
  • 高橋直樹 - 親戚

著書[編集]

  • 「特集1 Interview プライス(金利)とクォンティティ(貸付総量)、これが大きな論点」『クレジットエイジ』27(4)(通号 316)、2006年4月。
  • 「なにがあろうとも軸足がブレない生き方、逃げない生き方を学びました」『 国会ニュース』64(4)(通号 2860)2004年5月。
  • 「超多忙でもストレスなし(全公開 国会議員の24時間)」『 論座』(通号89)、2002年10月。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日ニューススター” (2007年9月23日). 2008年11月30日閲覧。
  2. ^ 週刊女性 2009年6月23日号
  3. ^ “自民党内で舛添氏批判が噴出”. 日テレNEWS24. (2010年4月15日). http://www.news24.jp/articles/2010/04/15/04157455.html 2012年5月24日閲覧。 
  4. ^ フライデー 2011年6月3日号 「激撮スクープ 後藤田正純『ハレンチすぎる不倫!』」
  5. ^ 産経新聞 2011年6月3日 「後藤田正純氏が自民の役職辞任 女性問題報道で
  6. ^ 日刊ゲンダイ 2009年2月25日
  7. ^ 時事通信 2009年9月5日
  8. ^ 週刊新潮 2008-12-04 「『文鮮明の息子』と会った『猪木・ボビー・後藤田正純』」
  9. ^ a b c d e f “2012衆院選 徳島3区 後藤田正純”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A36003003003 2014年4月3日閲覧。 
  10. ^ 第174回 - 衆議院 - 法務委員会 - 5号 平成22年03月26日
  11. ^ 朝日新聞2001年11月6日
  12. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
末松義規
日本の旗 衆議院東日本大震災復興特別委員長
第4代:2012年 - 2013年
次代:
秋葉賢也