福井照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 福井 照
生年月日 1953年12月14日(61歳)
出身地 大阪府大阪市阿倍野区
出身校 東京大学工学部土木工学科
学位・資格 工学士
前職 国家公務員建設省
所属委員会 外務委員会
安全保障委員会
世襲
選出選挙区 高知1区
当選回数 5回
所属党派 自由民主党岸田派
会館部屋番号 衆議院第2議員会館1114号室
ウェブサイト 衆議院議員 福井 てる
テンプレートを表示

福井 照(ふくい てる、1953年12月14日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。元文部科学副大臣第2次安倍内閣)。

略歴[編集]

大阪府大阪市阿倍野区生まれ(本籍高知県宿毛市)。灘高等学校東京大学工学部土木工学科卒業。東大卒業後、建設省に入省。1999年に退官した。

2000年第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で高知1区から出馬し、民主党五島正規公明党石田祝稔らを破り初当選した。2003年第43回2005年第44回衆議院議員総選挙でも高知1区で連続当選(共に五島が比例復活)。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙に高知1区から出馬[1]。全国的に猛烈な逆風が自民党に吹き荒れたが、無所属で前高知県知事橋本大二郎、民主党の田村久美子日本共産党春名眞章に誰一人比例復活を許さず、4選(次点の橋本は無所属のため比例復活が不可能)。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙でも、高知1区で民主党、日本共産党、日本維新の会の3候補に比例復活を許さず、5選。選挙後に発足した第2次安倍内閣文部科学副大臣に就任。2013年9月に文部科学副大臣を退任。

2014年3月、自民党高知県連は区割り変更に伴って定数減となる次期衆院選に関し、高知1区支部長に現在高知2区選出の中谷元を選任した[2]。高知県連は福井を比例四国ブロックの名簿順位1位にするよう求める方針[2]。 

人物[編集]

  • 道路整備に熱心な議員の1人。道路特定財源一般財源化後の道路整備を考える高知県の緊急集会において、道路整備を強く望む高知県の声を全国に反映させていく考えを強調した[3]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同する[4]
  • 2002年、高知市の県民文化ホールで開催された統一協会の偽装組織のイベントである世界平和連合高知県連合結成大会に出席した[5]

不祥事[編集]

秘書の自宅を事務所として経費計上[編集]

  • 2008年8月28日に、政治団体「福井照政策フォーラム実行委員会」・「人間都市文化研究会」・「福井照君を育てる会」が、秘書の自宅を事務所として届け、2005-2006年の2年間、合計約1570万円の経常経費を計上していたことが判明した[6]

外国人献金問題[編集]

  • 2009年に、本人が代表を務める政治団体が在日韓国人男性が経営する会社から計750万円の献金を受けていた[7]

後援団体幹部による出資金詐欺と福井の関与[編集]

  • 福井の後援団体である「新アジア再生連合」の幹事長を勤めていた男性が、2005年から2006年にかけ、実現性の無い事業計画を持ち出して出資金を騙し取ったとして、出資者2人から2008年4月に、大阪地裁損害賠償を求める訴訟を起こされた。2011年3月に同地裁は「事業の具体的な見通しも無いのに、『環境省の許可が得られる』との虚偽の説明をして金を騙し取った」として、被告の男性に賠償を命じる判決を言い渡し、さらに同年10月に、控訴審大阪高裁も男性の控訴を棄却した。また、一審では福井に対する請求は棄却したものの、控訴審では「福井は、(被告の)男性が2006年に事業の説明会を開催した際に、政策秘書と共に説明会に出席し、事業への支援を求めた」と指摘し、福井の関与を認定している[8]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  2. ^ a b 次期衆院選、福井氏は比例へ=定数減で自民高知県連 時事通信 2014年3月29日
  3. ^ http://www.kentsu.co.jp/shikoku/news/p00472.html
  4. ^ 野田聖子「選択的夫婦別姓制度」2001年11月6日
  5. ^ 高知民報 2006年6月20日
  6. ^ 元農水政務官も「秘書宅」計上 事務所経費1124万円 産経新聞 2008年8月28日
  7. ^ 福井照氏にも〝外国献金〟 高知新聞 2011年8月6日
  8. ^ 福井副文科相:後援団体元幹部、出資金詐取で敗訴 毎日新聞 2013年9月22日

外部リンク[編集]

議会
先代:
山本公一
日本の旗 衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長
2012年
次代:
小野寺五典
公職
先代:
笠浩史松本大輔
日本の旗 文部科学副大臣
谷川弥一と共同
2012年 - 2013年
次代:
櫻田義孝西川京子
先代:
小斉平敏文金子恭之
日本の旗 農林水産大臣政務官
永岡桂子と共同

2006年 - 2007年
次代:
谷川弥一澤雄二