森まさこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
森 まさこ
もり まさこ
生年月日 1964年8月22日(50歳)
出生地 日本の旗 福島県いわき市
出身校 東北大学法学部
ニューヨーク大学(NYU)ロースクール
前職 弁護士
所属政党 自由民主党町村派
称号 法学士
弁護士
公式サイト 参議院議員 森まさこ

内閣 第2次安倍内閣
任期 2012年12月26日 - 2014年9月3日
所属委員会 財政金融委員会
東日本大震災復興特別委員会
国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会
議員会館 参議院議員会館924号室

選挙区 福島県選挙区
当選回数 2回
任期 2007年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

森 まさこ(もり まさこ、1964年昭和39年)8月22日 - )は、日本政治家弁護士自由民主党所属の参議院議員(2期)。内閣府特命担当大臣少子化対策消費者及び食品安全男女共同参画)・特定秘密保護法案担当などを歴任。本名は三好 雅子(みよし まさこ)。

来歴[編集]

福島県いわき市生まれ。12歳の時、全財産を失った父親が弁護士に救われたのをきっかけに、自身も弁護士を志望した[1]。いわき市立植田小学校、いわき市立植田中学校、福島県立磐城女子高等高校(現福島県立磐城桜が丘高等学校)、東北大学法学部卒業。大学時代の同期に枝野幸男民主党衆議院議員)がいる。大学卒業後、1992年に27歳で司法試験に合格。司法修習47期(同期に西脇亨輔加藤武徳)を経て、1995年に弁護士登録。1998年、独立し弁護士事務所を設立する。翌1999年日本弁護士連合会による人権弁護士育成のためのアメリカ合衆国留学制度を利用し、出産したばかりの長女を連れて渡米。名門ニューヨーク大学(NYU)ロースクールに入学した。米国留学中、金融の専門知識の必要性を痛感した[1]。帰国後、金融庁任期付職員募集に応募し、金融庁に入庁。総務企画局企画課信用制度参事官室課長補佐、信用制度参事官室課長補佐を務める。その他、日本弁護士連合会消費者問題対策委員やニューヨーク大学(NYU)ロースクール客員研究員を歴任した。

2006年佐藤栄佐久の辞職に伴う福島県知事選挙に自由民主党公明党新党日本の推薦を受けて無所属で出馬したが、民主党が擁立した前参議院議員佐藤雄平に敗れた。翌2007年第21回参議院議員通常選挙に自民党公認で福島県選挙区から出馬し、初当選。当選直後の2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を支持し、半年後に福田も所属する町村派へ入会した。2008年自由民主党総裁選挙では与謝野馨2009年自由民主党総裁選挙では谷垣禎一の推薦人名簿にそれぞれ名を連ねた。

2010年4月、自民党が設置した政権力委員会(ネクスト・ジャパン)では治安・法務・政治改革担当に就任。同年9月、政権力委員会の廃止に代わり新設された自由民主党シャドウ・キャビネットで影の法務副大臣に起用された。同年の参議院議員会長選挙では、元外務大臣中曽根弘文の推薦人に名を連ねた(中曽根は参議院幹事長の谷川秀善を破り当選)。

2012年参議院行政監視委員長に就任。同年12月、第2次安倍内閣内閣府特命担当大臣少子化対策消費者及び食品安全男女共同参画)に任命され、当選1回ながら初入閣した。2013年7月21日第23回参議院議員通常選挙で再選。同年9月17日、内閣府特命担当大臣(特定秘密保護法案担当)を兼任[2]。2014年9月の内閣改造で退任。

政策・主張[編集]

  • 2006年の福島県知事選挙に際しては、原子力発電所の稼働を推進する考えを表明した[3]
  • 2011年5月26日、東日本大震災の被災地で10人以上が餓死したとの情報を南相馬市の医師から受けたとして国会で質疑を行った[4][5]NHKも、日本法医学会が遺体の死因を調べたことを元にこれを断定的に報じた。しかし学会理事で千葉大大学院教授の岩瀬博太郎は遺体を解剖していないとして餓死した疑いの認識を否定している[6]
  • 2011年7月25日の衆議院東日本大震災復興特別委員会で、3月11日の東北地方太平洋沖地震をきっかけに水素爆発福島第一原子力発電所事故)を起こした福島第一原子力発電所について、日本共産党吉井英勝から危険性を指摘されてきた自民党の責任を問われ、「大きな責任があるというふうに思っております。政権与党として長年、原子力政策を進めてまいりました。その結果としてこのような事故が起きたと思っております。我が党には重大な、深刻な責任があるというふうに思っております」「我が党は、歴史をさかのぼって、一体どこが間違っていたのか、真摯に反省し、検証し、国民の皆様におわびをしなければいけないと思っております」と答えた[7][8]
  • 第2次安倍内閣では特定秘密保護法案担当大臣も務めており、「西山事件のような例は処罰対象になる」と述べた[9]
  • 憲法改正に賛成[10]
  • 日本のTPP参加に賛成[10]
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべきだとしている[10]
  • 村山談話および河野談話について、いずれも見直すべきではないとしている[10]
  • 選択的夫婦別姓制度について「女子差別撤廃委員会の最終見解も踏まえて第3次男女共同参画基本計画で、婚姻適齢の男女統一、選択的夫婦別氏制度の導入等の民法改正について引き続き検討を進めるとされている。自民党の公約では、民主党が当時提出した法案には反対すると記載されている。子どもの姓がそれぞれ異なってしまう結果になることがさまざま議論されたと記憶している。いずれにしても女性がしっかりと社会で活躍できるような制度が必要であると思っている」と述べた[11][12]

人物[編集]

  • 町村派では安倍晋三の側近。
  • 週刊文春は森を「若手ヤジ将軍4人組」の1人に数えた上で、安倍の側近議員らのヤジについて自民党内でも眉をひそめるベテラン議員が少なくなく、元幹事長伊吹文明が「党を代表して委員会や本会議に出る人は品格をもってやってもらいたい」「(首相を)バカだとか何だとか言うのは自民党の品位を下げ、非常に悪い印象を与える」と暗に批判したと報じた[13]
  • 「自身が苦学して法曹に進んだためか、他者に求める要求水準が高い一方で、特定秘密保護法案の主務大臣として、メディアからの出演要請に関し、拒否するなど肝心要なシーンにおいての芯の弱さがある」とプレジデントは森について論評した[14]

所属団体・議員連盟[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
中塚一宏
日本の旗 特命担当大臣少子化対策
第14代:2012年 -2014年
次代:
有村治子
先代:
小平忠正
日本の旗 特命担当大臣消費者及び食品安全
第9代:2012年 -2014年
次代:
有村治子
先代:
中塚一宏
日本の旗 特命担当大臣男女共同参画
第19代:2012年 -2014年
次代:
有村治子
議会
先代:
福岡資麿
日本の旗 参議院行政監視委員長
2012年
次代:
愛知治郎