中川雅治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗参議院議員 中川 雅治
生年月日 1947年2月22日(67歳)
出身地 日本の旗東京都目黒区
出身校 東京大学法学部卒業
学位・資格 法学士(東京大学・1969年)
警察庁長官運輸大臣表彰
前職 国家公務員大蔵省
環境事務次官
所属委員会 環境委員会
議院運営委員会(委員長)
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会
世襲
選出選挙区 東京都選挙区
当選回数 2回
所属党派 自由民主党町村派
党役職 政務調査会副会長
参議院政策審議会筆頭副会長
会館部屋番号 参議院議員会館904号室
ウェブサイト 中川雅治 環境と経済の融合
テンプレートを表示

中川 雅治(なかがわ まさはる、1947年2月22日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。元環境事務次官

東京大学医学部助教授東京共済病院長を務めた中川圭一。母方の祖父衛生学小島三郎義父特別高等警察(特高)課長(戦前)、警視総監参議院議長等を務めた原文兵衛

来歴[編集]

東京都目黒区駒場生まれ。麻布中学校・高等学校東京大学法学部卒業後、大蔵省(現財務省)に入省。徳山税務署長や主計局主計官、福岡国税局長、理財局長等を経て、2001年から環境省へ出向。環境省総合環境政策局長を経て、2002年1月から環境事務次官を務める。2003年7月、退官。

2004年第20回参議院議員通常選挙自由民主党公認で東京都選挙区から出馬し、同区トップで初当選。2008年9月、参議院文教科学委員長に就任。2010年7月、第22回参議院議員通常選挙で再選。

2013年12月 中川に国家安全保障に関する特別委員長問責決議案が野党から提出されるが否決[1]

職歴[編集]

  • 1969年3月 東京大学法学部卒業 
  • 1969年4月 大蔵省入省(国際金融局総務課)
  • 1985年6月 東京国税局調査第一部長
  • 1990年7月 主計局主計官(文部、科学技術・文化担当)
  • 1991年6月 理財局国債課長
  • 1992年7月 理財局資金第一課長
  • 1993年6月 理財局総務課長
  • 1994年7月 福岡国税局長
  • 1995年5月 国税庁調査査察部長
  • 1996年7月 理財局次長
  • 1998年7月 理財局長
  • 2001年1月 環境省総合環境政策局長
  • 2002年1月 環境省事務次官
  • 2004年7月 第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で東京都選挙区から出馬し、同選挙区トップで初当選
  • 2007年9月 自由民主党環境部会長
  • 2008年9月 参議院文教科学委員長
  • 2010年7月 第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で東京都選挙区から出馬し、同選挙区3位で再選
  • 2014年9月 参議院議院運営委員長

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

親族[編集]

著書[編集]

  • 環境立国への道(大成出版社、2003年12月)
  • 22世紀へのメッセージ(大成出版社、2009年12月)

脚注[編集]

  1. ^ 第185回国会 8号議案 「国家安全保障に関する特別委員長中川雅治君問責決議案」
  2. ^ 私の主張 中川雅治オフィシャルサイト
  3. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  4. ^ 「超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ」産経新聞 2011年4月14日付記事
  5. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会 (PDF) 荒井広幸オフィシャルサイト
  6. ^ 「消費税増税 自民 税率17% 主張」しんぶん赤旗 2012年7月19日
  7. ^ しんぶん赤旗 2013年12月2日
  8. ^ 全日空724便ハイジャック事件

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
岩城光英
日本の旗 参議院議院運営委員長
第62代:2014年 -
次代:
現職
先代:
設置
日本の旗 参議院国家安全保障に関する特別委員長
2013年
次代:
廃止
先代:
市川一朗
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長
2010年 - 2012年
次代:
岸信夫
先代:
関口昌一
日本の旗 参議院文教科学委員長
2008年 – 2009年
次代:
水落敏栄