羽田雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
羽田 雄一郎
はた ゆういちろう
生年月日 1967年7月29日(46歳)
出生地 日本の旗 東京都世田谷区
出身校 玉川大学文学部卒業
前職 伊藤忠記念財団職員
政治家秘書
所属政党 民主党
称号 学士(文学)(玉川大学・1992年
保育士
親族 羽田武嗣郎祖父
羽田孜
公式サイト 羽田雄一郎 公認サイト

内閣 野田第2次改造内閣
野田第3次改造内閣
任期 2012年6月4日 - 2012年12月26日
議員会館 参議院議員会館818号室

選挙区 長野県選挙区
当選回数 4回
任期 1999年 - 現職
テンプレートを表示

羽田 雄一郎(はた ゆういちろう、1967年7月29日 - )は、日本政治家学位学士玉川大学1992年)。民主党所属の参議院議員(3期)、民主党参議院幹事長・長野県総支部連合会代表代行・選対本部長。

参議院国土交通委員長国土交通大臣第17代)などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都世田谷区にて生まれた。成城学園中学校敬和学園高等学校玉川大学文学部芸術学科卒業[1]。大学卒業後は伊藤忠記念財団に勤務する[1]

政治家として[編集]

1999年10月、参議院議員村沢牧社会民主党)の死去に伴う参議院長野県選挙区補欠選挙に、父・羽田孜が所属する民主党公認で出馬し、自由民主党深沢賢一郎らを破り初当選。2001年第19回2007年第21回参議院議員通常選挙でも再選された。なお、2006年長野県知事選挙への出馬を要請されたが、辞退した。この選挙では現職の田中康夫が落選し、村井仁が初当選した。

2010年7月、民主党参議院国会対策委員長に就任。

2012年6月4日に発足した野田第2次改造内閣において、国土交通大臣に就任した[2]。また、同日付で、国務大臣としての所管事項として「海洋に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[3]を担当することとなった。

父が政界を引退したことに伴い、2012年12月の第46回衆議院議員総選挙にて父の地盤である衆議院長野3区から後継者として鞍替え出馬することを検討していたが、民主党が世襲候補者の選挙出馬を認めない方針を打ち出したことから、鞍替え出馬の断念を余儀なくされた[4]

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では民主党への逆風の中で当選し、4選。同年8月、郡司彰参議院議員会長の下で、民主党参議院幹事長に就任[5]。同月、沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任した。

不祥事[編集]

政策・主張[編集]

選択的夫婦別姓制度
選択的夫婦別姓の導入に賛同している。
静岡空港
2003年静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[7]
靖国神社
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会に所属しており、例年[8]終戦の日靖国神社を参拝している。国土交通大臣を務めていた2012年にも参拝を行い、これが2009年の政権交代以来、初の民主党現職閣僚による終戦の日の靖国参拝となった(ただし、同日朝に参拝した松原仁国家公安委員会委員長が時間差で第1号)[9][10]。なお父・羽田孜も同会会員で、かつては会長も務めていた。

発言[編集]

中国製冷凍餃子中毒事件
2007年12月下旬から2008年1月にかけて発生した中国製冷凍餃子中毒事件への対応について、最初の事例発生から報道まで、約1か月経過していることを指摘し、「大きな責任が行政にある」と述べた[11]
尖閣諸島中国漁船衝突事件
2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した際のビデオ公開について、「国益を損なってはならず、慎重に取り扱う必要がある」と述べた[12]

人物[編集]

保育士資格を有する[1]。父・羽田孜同様省エネルックの愛用者である。

家族・親族[編集]

祖父は農林政務次官などを歴任した羽田武嗣郎、父は内閣総理大臣などを歴任した羽田孜

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「ご挨拶」『羽田雄一郎(プロフィール)』羽田雄一郎事務所。
  2. ^ 「人事異動」『官報』号外特20号、国立印刷局2012年6月4日、1面。
  3. ^ 「人事異動」『官報』5817号、国立印刷局2012年6月8日、10面。
  4. ^ くら替え断念の羽田国交相が会見、民主の脱世襲方針で 産経新聞 2012年11月20日閲覧
  5. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013080700239
  6. ^ 党所属国会議員の国民年金保険料の納付状況について 民主党メールマガジン 2004年5月13日 2014年4月26日閲覧
  7. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  8. ^ “靖国参拝見送り、中韓に配慮…自民との違い強調” (日本語). 読売新聞. (2010年8月16日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100815-OYT1T00845.htm 2010年8月19日閲覧。 
  9. ^ “松原、羽田両氏が靖国神社を参拝…民主閣僚で初”. 読売新聞. (2012年8月15日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120815-OYT1T00155.htm 2012年8月15日閲覧。 
  10. ^ “羽田国交相も靖国神社参拝”. 産経新聞. (2012年8月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120815/plc12081511390008-n1.htm 2012年8月19日閲覧。 
  11. ^ “【参院予算委】「ねじれ国会」の成果=強行阻止・必要法案成立を強調 羽田議員” (プレスリリース), 民主党, (2008年1月31日), http://www.dpj.or.jp/news/?num=12609 2010年10月2日閲覧。 
  12. ^ “中国漁船衝突:ビデオ公開に慎重姿勢 民主・羽田氏”. 毎日新聞. (2010年10月1日). http://mainichi.jp/select/today/news/20101002k0000m010055000c.html 2010年10月2日閲覧。 
  13. ^ 親学は、障碍者への差別・誤解を助長し、極めて疑似科学的なものだとして、批判されている
  14. ^ 理事・会員リスト・会員ホームページ パチンコチェーンストア協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
前田武志
日本の旗 国土交通大臣
第17代:2012年
次代:
太田昭宏
議会
先代:
猪口邦子
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長
2013年
次代:
林久美子
先代:
田名部匡省
日本の旗 参議院国土交通委員長
2005年 - 2006年
次代:
大江康弘
党職
先代:
一川保夫
民主党参議院幹事長
2013年 -
次代:
現職