師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

師範学校(しはんがっこう、英語: normal school)とは、教員養成する学校である。

日本では、戦前に存在した、初等・中等学校教員の養成(師範教育)を目的とした中等・高等教育機関を指している。

1872年(明治5年)9月からの約1年間、「師範学校」は東京に設置された日本初の教員養成機関(後の東京高等師範学校東京教育大学を経た現在の筑波大学の前身)の固有名称であった。これが1873年(明治6年)8月に他の6大学区での官立師範学校設立に伴い「東京師範学校」と改称したため、以降「師範学校」は教員養成機関の総称となった。

概要[編集]

  • 1872年明治5年)、同年に公布された学制に基づき、東京の湯島聖堂内に、1871年に閉鎖された昌平坂学問所(昌平黌)を一部引き継ぐ形で官立の「師範学校」が設立され、その後、名古屋・大阪・広島・長崎・新潟・仙台と各大学区に設置された。
  • 1878年(明治11年)までに、官立の師範学校は、東京師範学校(現・筑波大学)と東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)を除いてすべて府県に移管された。このほか各県が小学校教員養成を目的として独自に設置した師範学校が多数存在したが、修業期間・入学年齢ともにまちまちであった。
  • 1881年(明治14年)、教育令のもとで師範学校教則大綱が定められ、師範学校のレベルが初めて統一された。
  • 1886年(明治19年)、師範学校令が制定され師範学校は高等師範学校尋常師範学校に分けられた。
  • 1897年(明治30年)、師範教育令が制定され尋常師範学校は師範学校と改められた。
  • 1907年(明治40年)、小学校の6年制化に伴い師範学校規程が定められ、中等学校卒業者対象の師範学校第二部が制度化された。
  • 1943年昭和18年)、師範教育令の改正により、師範学校はすべて官立移管されかつ専門学校と同格の教育機関に昇格、あらたに青年師範学校が設置された(翌年さらに改正)。なお旧外地のうち台湾の師範学校については、日本統治時代の台湾の師範教育機関も参照のこと。

師範学校は、卒業後教職に就くことを前提に授業料がかからないのみならず生活も保障されたので、優秀でも貧しい家の子弟への救済策の役割も果たしていた。師範学校→高等師範学校文理科大学というコースをたどれば、学費無料で中等学校→高等学校→帝国大学というルートに匹敵する教育が受けられたため、経済的な理由で進学を断念せざるをえない優秀な人材を多く吸収した。

この制度に助けられた人物に、明治・大正期の陸軍軍人秋山好古や昭和期の軍人・韓国大統領朴正煕(どちらも教師を経て陸軍士官学校入学)、実業家五島慶太(東急グループ初代総帥、旧制上田中学卒業後、小学校の代用教員を経て東京高等師範学校→英語教師→東京帝国大学)らがいる(なお作家菊池寛は家庭の経済的事情で東京高等師範学校に進むことを余儀なくされたものの、素行が原因で退学処分を受け、素封家からの援助を取り付けて一高に入学し直した)。

しかし一方で、師範学校の寮生活において、学校によっては上級生による下級生へのいじめ、しごきが問題となった。そのため、全寮制を廃止した学校もあった(広島県師範学校など)。また、卒業生の中には「師範タイプ」と称された融通がきかない教師もおり、この存在は戦前においても問題視されていた。

そして戦後、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) が米国にならって教員養成を大学で行うよう指導したこと、師範学校側も大学へ昇格する道が開けたことから、かかる指導を積極的に受け入れ、師範学校は消滅した。その結果、戦後、各地の師範学校はアメリカ合衆国の「リベラルアーツカレッジ」などを手本にして、旧制諸学校を包有した新制大学教育学部学芸学部として再出発することとなった。しかし、大学への移行に伴う教官の審査では、当然研究者としての実績が重視されたため、黒板の書き方や学級経営など実務ノウハウしか持ち合わせなかった旧制師範時代の教官の多くは審査の結果不適格として教壇を追われた。このためこの時期に大幅に教官を入れ替えた学校が多く、また県内の師範、青年師範のキャンパスも順次統合されていったため校風は大きく変化した。

カリキュラムは当初「リベラルアーツカレッジ」にならって教養教育に重きが置かれ、大学によっては医学部への進学課程等も置かれていたが、戦後、小・中学校が整備されるとともに卒業生の進路も教員が主流となり、1966年(昭和41年)に改正国立学校設置法が施行されると、ほとんどの学芸学部は教職以外の分野に進むコースを順次廃止し、その名称を「教育学部」へ変更するようになった。

現在の制度では、あらゆる学部から教員免許を取得できるようになっている。しかしこれに伴い教育学を専門に学ばなかった学校教員の力量不足が指摘されるようになり、師範学校制度を復活させるべきであるという議論も一部にはあった。しかし、専門職養成は大学院レベルで行うことが世界的な潮流であり、日本においても法曹を含む高度専門職養成のために、専門職大学院制度が導入されたことともあいまって、これからの教員に必要とされる高度なスキルの習得は大学院レベルで行うこととなった。そこで専門職大学院のひとつとして教職大学院制度が導入され、2008年4月1日(平成20年度)から開設された。

1872年 - 1886年[編集]

官立師範学校[編集]

府県立師範学校[編集]

1886年 - 1897年[編集]

高等師範学校・女子高等師範学校[編集]

高等師範学校は、中等教員を養成する学校である。以下の学校が存在した。

尋常師範学校[編集]

尋常師範学校は、初等教員を養成する学校である。各府県に1校設置され男子部と女子部が置かれた。

1897年 - 1943年[編集]

高等師範学校・女子高等師範学校[編集]

1897年(明治30年)の師範教育令により、高等師範学校は師範学校、尋常中学校、高等女学校の教員、女子高等師範学校は師範学校女子部、高等女学校の教員を養成することが定められた。
高等師範学校は中学校卒業、女子高等師範学校は高等女学校卒業を入学資格とした。

学士の称号を授与されるのは大学の卒業者のみが原則であるが、東京高等師範学校専攻科広島高等師範学校徳育専攻科の卒業生についてのみ、特に文学士と称することが認められていた(高等師範学校専攻科卒業者の称号に関する件(昭和5年勅令第36号))。

師範学校・女子師範学校[編集]

1897年(明治30年)の師範教育令により尋常師範学校は「師範学校」に改められ、各道府県に1校または数校設置されることになった。1920年代後半までに女子部は女子師範学校として分離された。

高等小学校(小学校高等科)卒業を入学資格とする本科第一部(1925年から5年制)と、中学校もしくは高等女学校卒業を入学資格とする本科第二部(1907年に制度化、1931年から2年制)が置かれた。

第一部の学科目は修身、公民科、教育、国語漢文、歴史地理、英語、数学、理科、実業(男生徒)、家事裁縫(女生徒)、図画、手工、音楽、体操が必修で、さらに第四学年以上では国語漢文、歴史、地理、英語、数学、理科、実業、家事裁縫(女生徒)、図画、手工、音楽の中につきその数科目を増課選修させた。第二部の学科目は修身、公民科、教育、国語漢文、歴史地理、数学、理科、実業(男生徒)、家事裁縫(女生徒)、図画、手工、音楽、体操が必修で、さらに国語漢文、歴史、地理、英語、数学、理科、実業、家事裁縫(女生徒)、図画、手工、音楽の中につきその数科目を増課選修させた。

また専攻科が、本科の学科目またはこれに関連する学科目についてさらに精細高等な学修をさせる目的で設けられた。修業年限は1年。入学し得るのは、師範学校卒業者またはこれと同等以上の学力を有する者。専攻科は修身、哲学、教育、国語漢文、実業(男生徒)、家事裁縫(女生徒)、体操が必修で、さらに公民科、心理および倫理、国語漢文、歴史、地理、英語、数学、理科、実業、家事裁縫(女生徒)、図画、手工、音楽、体操の中につきその数科目を増課選修させた。

本科生徒は最終学年中一定期間教生として付属小学校において教育実習をしなければならない。師範学校においては一般に授業料を徴収しないこととなっていて、なお各府県においてそれぞれ或る数の生徒を限って公費生として若干の学費が給与された。 また師範学校本科卒業者には各府県から本科正教員としての教員免許状が付与され、かつその府県内の小学校教員に任命された。

樺太

台湾

  • 台北師範学校(1899 - 1902)→台北師範学校(1920 - 1927)→台北第一師範学校(1927 - 1943)
  • 台北第二師範学校(1927 - 1943)
  • 台南師範学校(1899 - 1904)→台南師範学校(1919 - 1943)
  • 台中師範学校(1899 - 1902)→台中師範学校(1923 - 1943)
  • 新竹師範学校(1940 - 1943)
  • 屏東師範学校(1940 - 1943)

朝鮮

  • 朝鮮総督府師範学校(1921 - 1922)→京城師範学校(1922 - )
  • 京畿道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 京城女子師範学校(1935 - )
  • 忠清北道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 清州師範学校(1941 - )
  • 忠清南道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 公州女子師範学校(1938 - )
  • 全羅北道公立師範学校(1923 - 1936)→全州師範学校(1936 - )
  • 全羅南道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 光州師範学校(1938 - )
  • 慶尚北道公立師範学校(1923 - 1929)→大邱師範学校(1929 - )
  • 慶尚南道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 晋州師範学校(1940 - )
  • 黄海道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 平安南道公立師範学校(1923 - 1929)→平壌師範学校(1929 - )
  • 平安北道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 新義州師範学校(1942 - )
  • 江原道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 春川師範学校(1939 - )
  • 咸鏡南道公立師範学校(1923 - 1931)
  • 咸興師範学校(1937 - )
  • 咸鏡北道公立師範学校(1923 - 1931)

関東州

満州

  • 在満師範学校(1941 - )

1943年 - 1952年[編集]

高等師範学校・女子高等師範学校[編集]

1943年(昭和18年)の師範教育令により、高等師範学校は中学校と高等女学校の教員、女子高等師範学校は高等女学校の教員を養成することが定められた。1947年の学校教育法制定と1949年の国立学校設置法により、東京高師は文理大と合併し東京教育大学に、広島高師広島女高師とともに広島文理大旧制広島高校旧制広島工専等と合併し広島大学に、東京・奈良両女高師は大学に昇格しそれぞれお茶の水女子大学奈良女子大学に、金沢高師金沢大学教育学部になった。また、岡崎高師は、戦災で岡崎市から豊川市に疎開後、岡崎市に戻ることなく、名古屋大学教養部(現・情報文化学部)の豊川分校になった(名古屋大学教育学部は戦後の新制大学発足時に改めて学部として新設されたもので、高師の系統を汲んでいない)。

師範学校[編集]

1943年から、師範学校は国民学校教員を養成する官立の専門学校程度の教育機関となった。師範学校には本科予科が置かれ、本科は中学校もしくは高等女学校卒業生、予科は国民学校高等科の卒業生および中学校もしくは高等女学校2年修了者が入学できた。 全国に以下の師範学校があった。カッコ内は新制大学。

樺太

台湾

朝鮮

関東州

満州

  • 在満師範学校→新京師範学校
  • 牡丹江師範学校(1944年 - )[1]

青年師範学校[編集]

1944年の師範教育令改正により、青年学校の教員養成をしていた都道(庁)府県立の青年学校教員養成所が、官立の、専門学校レベルの教育機関である青年師範学校になった。予科を修了した者、中学校または高等女学校を卒業した者が入学でき、男子部と女子部がおかれていた。全国に以下の青年師範学校があった。カッコ内は新制大学。

樺太

台湾

  • 彰化青年師範学校

その他の教員養成機関[編集]

師範学校以外の官立教員養成学校[編集]

  • 帝国大学及び官立専門学校 - 専門学科の他教育に関する一定の科目を修了した者にも中学校高等女学校の免許状が授与された。
  • 臨時教員養成所 - 師範学校、中学校、高等女学校の教員養成
  • 実業学校教員養成所 - 実業学校の教員養成
  • 実業補習学校教員養成所 - 道府県市において設置される実業補習学校の教員養成

臨時教員養成所[編集]

高等師範学校とは別に帝国大学及び直轄諸学校内に臨時教員養成所が設けられ、師範学校、中学校、高等女学校の教員不足の解消が図られた。ことに大正末から昭和初期にかけては、臨時教員養成所の定員は高等師範学校の定員の半分を超える規模で(1926年(大正15年)当時:臨時教員養成所生徒数1542名、高等師範学校生徒数2719名)、多数の中学校教員を供給するなど、大きな役割を果たした。臨時教員養成所官制(1902年(明治35年)3月28日勅令第百号)

第一期(1902年臨時教員養成所規程制定〜)

第二期(1922年臨時教員養成所規程改正頃)

第三期(戦時体制下)

実業学校教員養成所[編集]

大学および直轄諸学校内に実業学校教員の養成所が設置された。実業学校教員養成規程(1899年制定)

これら附設教員養成所は学制改革で一旦廃止になったが、後身の東京工業大学・広島大学・室蘭工業大学・金沢大学・東北大学・名古屋工業大学では、工業教員養成課程が設置された。

実業補習学校教員養成所[編集]

私立大学高等師範部(科)・師範科[編集]

私立大学専門部(大学専門部 (旧制)=専門学校令による専門学校にあたる)・私立専門学校に、師範学校、中学校、高等女学校の教員を養成するための高等師範部高等師範科が、小学校の教員を養成するための師範科が存在した。

図画、音楽、体育、家庭科教員の養成機関[編集]

師範学校、高等師範学校などの他に、官立の専門学校、私立の専門学校・各種学校において図画、音楽、体育・武道、教員の養成課程があった。家庭科教員の養成は高等女学校専攻科、女子専門学校が大きな役割を果たしていた。

官立

私立

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1958年に設立された中華人民共和国の牡丹江師範学院とは無関係。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]