日本のサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この項では、日本国内におけるサッカー競技(蹴球)について記述する。

名称[編集]

日本ではサッカーという名称で呼ばれる事が一般的である。又漢字では蹴球という文字が当てられる。

日本にサッカーが伝来した1900年代初頭から1940年代にかけては、Footballをカタカナにしたフートボール、Association Footballをカタカナにしたアッソシエーションフットボール[1]、Associationをカタカナにしたアソシエーション[2]など様々な呼び方が行われた。

蹴球という漢字の当て方もこの頃から存在した。蹴球という漢字は、蹴鞠からヒントを得ているが、実際サッカーが日本にもたらされた当初は、このスポーツは西洋人が行う蹴鞠の一種であるとみなされていた。更に「蹴球」という言葉が使われだした当初は「蹴球」と「蹴鞠」の使用が未分化であった。これは概念として「蹴球」と「蹴鞠」が未分化であった事を示している。「蹴球」と言う概念が「蹴鞠」別個に成立するのは、日本人が本格的にサッカーの受容を始めるのを待たねばならず、「蹴球」という呼び方が、完全に「蹴鞠」と分かれて確立するのもこれに沿っている。又この蹴球とアッソシエーションフットボールを併せてア式蹴球という呼び方もなされた。

サッカーという呼び方はこれよりも新しく、文献上では1930年代ごろから確認できるようになる。 原語の"Soccer"は、"Association"の"soc" に"er"を 加えたもので、その造語法はかつてのイングランドの学生たちのスラングによく見られたものであり、1889年頃、"Rugger (Rugby footballの略称)" の対語としてオックスフォード大学の学生たちが使い始めたものである。これ以外にもソッカーという読みの例も存在する。

蹴球という言葉は戦後すぐの1946年に「蹴」の文字が当用漢字外となったことからマスメディアで使用できなくなった。当時アメリカの占領下にあったため、「フットボール」よりもアメリカで一般的に呼称されていた「サッカー」という名称が使用されるようになっていった。

ちなみに早稲田大学東京大学一橋大学におけるサッカー部の正式名称は「ア式蹴球部」であり(早稲田大学ラグビー部の正式名称は「ラグビー蹴球部」)、慶應義塾におけるサッカー部の正式名称は「ソッカー部」である(ラグビー部の正式名称は「蹴球部」)。このように、学生スポーツ界(特に部の名称)における呼称はいまだ千差万別である。

伝来[編集]

日本へのサッカーの伝来は、1872年神戸市外国人居留地で行われた試合が最初という説と1866年横浜・山手イギリス軍が行った試合が初という説がある。 1873年東京築地海軍兵学寮において、イギリス海軍中佐(Commander)アーチボルド・ルシアス・ダグラス を団長とする、イギリス海軍軍事顧問団(the Second British Naval Mission to Japan)が紹介した[3]のを最初とする説もあるがはっきりしない。なお、日本サッカー協会はダグラス"少佐"起源説を支持している。その後は神戸横浜を中心とした外国との交易港のある街ではイギリス人を中心とする外国人によるサッカークラブが創設され、サッカーが行われていた。こうした港湾都市において最初の伝来が見られたことはスペインバルセロナイタリアジェノヴァブラジルリオデジャネイロと同一の例には枚挙の暇がない事である。

1870年代末になってようやく富国強兵の一環として国民の健康な身体の維持、軍事教練の一環として「体育」、「体操」という概念の発芽が見られるようになった。1879年に体育教育の教員養成過程として設立されたのが体操伝習所である。体操伝習所の坪井玄道1885年に著した『戸外遊戯法』の中でアソシエーション式フットボールを「フートボール」として紹介している。

また、サッカーが最初に師範学校、神戸市の御影師範学校で受容されたのは非常に重要な事であった。近畿地方がサッカー先進地となり、師範学校の交流を通じて東京高等師範学校(以下、東京高師)をはじめ全国の師範学校もこれに追随する事に影響した。そして1917年10月21日には、近畿の師範学校を中心として近畿蹴球大会が開催された。

この教員養成を行う師範学校で普及した事は、部員たちが卒業し各地で教員となることによって、波及的に全国の中等学校高等学校に広まって行くという事に影響した。この中でも、やはり近畿地方では比較的サッカーの受容が早く、しかも府県内の中等学校で広範囲に行われた。中等学校でのサッカーの広まりを受けて、1918年大阪府豊中村(現豊中市)の豊中グラウンド第1回日本フートボール優勝大会が実施された。これが現在も続く全国高等学校サッカー選手権大会の始まりである。高校選手権は1975年まで、大阪、兵庫を中心とする近畿地方で開催されていた。

女子サッカーは、1920年代に香川県立丸亀高等女学校の生徒たちが運動会の際、袴姿でサッカーをする様子を撮影した写真が現存しているが[4]、その後、1960年代から現代サッカーを行う女性が少しずつ見られはじめていった。

統括組織[編集]

現在、日本国内におけるほぼ全てのサッカー競技に関する事象を統括している統括組織が「日本サッカー協会」である。

1921年9月10日に前身となる「大日本蹴球協会」が設立され、1929年には「国際サッカー連盟」(FIFA)に加盟する。ただ、1940年頃には第二次世界大戦の戦局が次第に激しくなり、サッカーを含めた欧米型のスポーツ競技は「敵性文化の象徴」という理由から当時の日本政府によって次々と国内で行われる事が廃止された影響もあり、ほぼ同時期に「大日本蹴球協会」がFIFAを脱退する。しかし、第二次世界大戦終結後の1950年に「日本蹴球協会」としてFIFAに再加盟。また、1974年6月には現在の「日本サッカー協会」へと名称変更する。

試合[編集]

1888年(明治21年)神戸旧居留地の内外人公園(東遊園地)で行われた、神戸レガッタ・アンド・アスレチッククラブ横浜クリケット・アンド・アスレチッククラブとの試合が、日本最古のサッカー公式試合として記録に残っている[5]。また、東京高師が関東地方最初のサッカーチームを結成した当初は関東地方では他の日本人チームは存在せず、試合相手は外国人チームが常であった。

この他にも、東京高師は他校(主に同じ師範学校)を訪問してサッカーの指導を行うなど、その普及にも努めた。その結果1906年明治39年)に東京府師範学校(後に東京府青山師範学校と改称。以下青山師範とする)でもサッカー部が誕生し、翌年6月1日には東京高師と青山師範の間で日本人チーム同士による関東地方最初の試合が行われた。これは試合時間が40分×3で行われるなど練習試合の意味合いが強いものであったが、同年11月16日には90分での試合が両校の間で実施されており、これが関東地方での最初の対抗戦であったと考えられる。

チーム[編集]

1889年、神戸市の兵庫県尋常師範学校(後の御影師範学校、現在の神戸大学)にサッカーチームが創設された。これが、日本では最初となる日本人だけのチームである。また、関東地方では1896年には高等師範学校(1902年東京高等師範学校に改称、現在の筑波大学、以下東京高師とする)に「フートボール部」が創設された。

大会[編集]

1922年、大学チームの定期的な試合の開催によるレベルアップを狙って、日本で最初のリーグ戦である「専門学校蹴球リーグ戦」が実施された。参加したのは東京高師の他、早稲田大学東京帝国大学東京商科大学(現一橋大学)など4チームであった。このリーグは1925年慶應義塾大学法政大学東京農業大学を加えた「ア式蹴球東京コレッヂリーグ」に発展した。これは現在まで続く関東大学サッカーリーグ戦のルーツになっている。

現在、日本国内にはプロサッカーリーグである「日本プロサッカーリーグ」(Jリーグ)、アマチュアサッカーリーグの最高峰である「日本フットボールリーグ」(JFL)などのサッカーリーグが存在している。また、日本国内の高校サッカー部によって行われている「全国高等学校サッカー選手権大会」は国内で行われている数多のアマチュアサッカー大会の中でも著名な大会である。なお、Jリーグに加盟する全チーム・JFLの前期リーグ戦終了時点の1位チーム・総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの優勝チーム・各都道府県の代表チームらによって行われる「天皇杯全日本サッカー選手権大会」(天皇杯)は日本国内で行われるサッカー大会としては最大規模のサッカー大会である。

なお、大会によっては各登録カテゴリーにおいて重要な位置づけの大会が幾つか存在する。例えば、Jリーグに加盟するチームにとっては「Jリーグ」、「天皇杯」、「Jリーグカップ」の3大会が3大タイトルと言われている。ただ、登録カテゴリーが同じであっても、大会によっては対象チームを限定している大会もあるので注意が必要である。例えば、第2種(U-18)登録チームの大会としては、第2種登録の全てのチームに参加資格がある高円宮杯U-18サッカーリーグのほかに、第2種登録チームのうち高校サッカー部のみを参加対象に限定している「全国高等学校サッカー選手権大会」や、同じく第2種登録クラブチームのみを参加対象に限定している「日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会」がある。

審判員[編集]

指導者[編集]

日本代表(男子サッカー)[編集]

女子サッカー[編集]

フットサル[編集]

競技人口[編集]

日本サッカー協会が発表した統計によると、サッカーの2010年度の登録選手数は900,880人[6]、登録チーム数は28,588チーム。内訳は男子サッカーの場合(シニアを除く)、2010年度の登録選手数は856,425人、登録チーム数は26638チーム。女子サッカーの場合(シニアを除く)、2010年度登録選手数は25,278人、登録チーム数は1,226チーム。シニアの場合、2010年度の登録選手数は19,177人、登録チーム数は724チーム[7]。 フットサルの2010年度の登録選手数は125,608人(日本サッカー協会は2008年まで男女別で記録していたが、現在は男女合わせて記録)[8]

ただ、日本サッカー協会に登録していない選手やチームも数多い。

脚注[編集]

  1. ^ 出典:「日本サッカー・ブックガイド - 明治・大正・昭和戦前期」、2007年4月7日 (土) 09:06 (UTC)閲覧、日本サッカー・ブック・ガイド
  2. ^ 出典:中島敦、「斗南先生」(初出1942年)、2007年3月15日 (木) 14:24 (UTC)閲覧、青空文庫
  3. ^ 出典:「JFAサッカーQ&A サッカーが日本に伝来したのはいつ?」2007年4月25日 (水) 19:26 (UTD)閲覧、日本サッカー協会公式サイト
  4. ^ 元祖なでしこ? はかまでサッカー写真発見 香川・丸亀 asahi.com 2011.11.30付記事
  5. ^ 結果は2-1で神戸・レガッタ・アンド・アスレチッククラブが勝利
  6. ^ 年度別登録数-日本サッカー協会公式HP
  7. ^ チーム年度別登録数-日本サッカー協会公式HP
  8. ^ フットサル個人年度別登録数-日本サッカー協会公式HP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]