岩手大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩手大学
岩手大学正門
岩手大学正門
大学設置 1949年
創立 1876年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人岩手大学
本部所在地 岩手県盛岡市上田三丁目18番8号
学部 人文社会科学部
教育学部
工学部
農学部
研究科 人文社会科学研究科
教育学研究科
工学研究科
農学研究科
連合農学研究科
連合獣医学研究科
ウェブサイト 岩手大学公式サイト
テンプレートを表示

岩手大学(いわてだいがく、英語: Iwate University)は、岩手県盛岡市上田三丁目18番8号に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は岩大(がんだい)。

概観[編集]

1876年設置の盛岡師範学校を起源とする。1949年に岩手師範学校、岩手青年師範学校、盛岡農林専門学校(戦前は盛岡高等農林学校)、盛岡工業専門学校(戦前は盛岡高等工業学校)を包括して設置された。盛岡高等農林学校卒業生として宮沢賢治がいる。

  • 農学部には国内でも数少ない獣医師養成の課程を擁する
  • 国立旧一期校の一つ。ただし、現在に至るも医学部を有しない。

教育・取り組み

本学は、地域連携、産学官連携に重点を置いている。教育の面では環境教育と連携し全学的知財教育に取り組んでいる。

沿革[編集]

  • 1876年 盛岡師範学校設置
  • 1902年 官立盛岡高等農林学校設置
  • 1921年 岩手県立実業補習学校教員養成所開設 
  • 1939年 官立盛岡高等工業学校設置 
  • 1943年 盛岡師範学校を岩手県立師範、公立岩手師範、岩手県尋常師範、岩手県師範・女子師範を経て官立岩手師範学校に改称
  • 1944年 盛岡高等農林学校を盛岡農林専門学校、盛岡高等工業学校を盛岡工業専門学校に改称、岩手県立実業補習学校を官立岩手青年師範学校に改称 
  • 1949年 国立学校設置法により盛岡農林専門学校、盛岡工業専門学校、岩手師範学校、岩手青年師範学校を統合し、農学部、工学部、学芸学部からなる総合大学として、岩手大学設置  
  • 1953年 農学部に家畜病院設置 
  • 1964年 大学院農学研究科設置 
  • 1966年 国立学校設置法一部改正により、学芸学部を教育学部とする 
  • 1968年 大学院工学研究科設置 
  • 1977年 人文社会科学部設置
  • 1990年 大学院人文社会科学研究科設置、大学院連合農学研究科(岩手大学・弘前大学・山形大学・帯広畜産大学の連合)設置、大学院連合獣医学研究科(岩手大学・東京農工大学・岐阜大学・帯広畜産大学の連合)設置
  • 1995年 大学院教育学研究科設置
  • 2004年 国立大学法人法により、国立大学法人へ移行 
  • 2008年 教育学部1号館の名称を教育総合研究棟に変更
  • 2009年 一部の学部・研究科を改組
  • 2016年 学部再編予定。教育学部を教員養成に特化し、工学部を「理工学部」に改組[1]

基礎データ[編集]

学生数[編集]

  • 学部生 4920名[2](2014年5月)
  • 院生 790名[2](2014年5月)

所在地[編集]

  • 上田キャンパス(岩手県盛岡市)

国道46号を挟み北側に工学部、南側にそれ以外の学部が位置している。

象徴[編集]

  • 学章は、の葉と花に「大学」の文字を重ねたもの。いわゆる桐紋ではなく、独自のデザインである。1952年制定。
  • 学生歌は「花ふゝみたる桐の葉を」。作調:平田馨、作曲:千葉了道。

学部・学科[編集]

大学院[編集]

  • 人文社会科学研究科[10](修士課程)
    • 人間科学専攻
      • 臨床心理学領域
      • 行動科学領域
      • 人間情報科学領域
    • 国際文化学専攻
      • 文化システム論領域
      • 東アジア文化論領域
      • 欧米言語文化論領域
    • 社会・環境システム専攻
      • 法学領域
      • 経済領域
      • 環境科学領域
      • 地域政策領域
  • 教育学研究科[11](修士課程)
    • 学校教育実践専攻
      • 教育実践コース[12]
        • 学校実践分野
        • 学校臨床分野
        • 生活自立力開発分野
      • 特別支援教育コース[13]
    • 教科教育専攻
      • 国語教育コース[14]
      • 社会科教育コース[15]
      • 数学教育コース[16]
      • 理科教育コース[17]
      • 音楽教育コース[18]
      • 美術教育コース[19]
      • 保健体育コース[20]
      • 英語教育コース[21]
  • 工学研究科(博士前期課程)[22]
    • 応用化学・生命工学専攻
      • 有機・高分子化学コース
      • 無機・物理化学コース
      • 生命工学コース
    • フロンティア材料機能工学専攻
      • マテリアル創成分野
      • エネルギー科学分野
      • 環境リサイクル分野
    • 電気電子・情報システム工学専攻
      • 電子デバイス工学分野
      • 電子システム工学分野
      • 電子エネルギー工学分野
      • コンピュータ工学分野
      • システム情報工学分野
    • 機械システム工学専攻
      • 機械科学・航空分野
      • 機械知能・ロボティクス分野
    • 社会環境工学専攻
      • 社会基盤工学分野
      • 環境福祉工学分野
    • デザイン・メディア工学専攻
      • デザイン工学分野
      • メディア工学分野
    • 金型・鋳造工学専攻
      • 金型工学分野
      • 鋳造工学分野
  • 工学研究科(博士後期課程)
    • フロンティア物質機能工学専攻[23]
    • 電気電子・情報システム工学専攻[24]
    • 機械・社会環境システム工学専攻[25]
    • デザイン・メディア工学専攻[26]
  • 農学研究科(修士課程)
    • 農学生命専攻[27]
    • 応用生物化学専攻[28]
    • 共生環境専攻[29]
    • 動物科学専攻[30]
    • バイオフロンティア専攻[31]
  • 連合農学研究科(博士課程)[32]
    • 生物生産科学専攻[33]
    • 生物資源科学専攻[34]
    • 寒冷圏生命システム学専攻[35]
    • 生物環境科学専攻[36]
  • 岐阜大学大学院連合獣医学研究科(博士課程)
    • 獣医学専攻[37]

学系[編集]

教員所属組織

  • 人文科学系
  • 社会科学系
  • 教育学系
  • 芸術・スポーツ学系
  • 物質機能・エネルギー科学系
  • システム理工学系
  • 環境科学系
  • 基礎自然科学系
  • 応用生命科学系
  • 動物医科学系
  • 全学施設系

21世紀COEプログラム、現代的教育ニーズ取組支援プログラム等[編集]

  • 熱-生命システム相関学拠点創成(文部科学省・21世紀COEプログラム)連合農学研究科生物資源科学専攻
  • 各学部の特性を生かした全学的知的財産教育(文部科学省・現代的教育ニーズ取組支援プログラム)

附属機関[編集]

  • 教育研究施設
    • 地域防災研究センター
      • 自然災害解析部門
      • 防災まちづくり部門
      • 災害文化部門
    • 平泉文化研究センター
      • 考古学的研究部門
      • 文献学的研究部門
      • 教育・地域貢献部門
    • 三陸水産研究センター
      • 水圏環境部門
      • 水産・養殖部門
      • 新素材・加工技術部門
      • マーケティング戦略部門
  • 教育研究推進施設
    • 教育推進機構
      • 全学共通教育部門
      • 教育推進連携部門
      • 国際教育部門
      • 学生支援部門
      • キャリア支援部門
    • 研究推進機構
      • プロジェクト推進部門
      • 研究基盤管理・機器分析部門
    • 地域連携推進機構
      • 地域連携部門
      • 生涯学習支援部門
      • ミュージアム部門
    • 入試センター
    • 教員養成支援センター
    • 情報基盤センター
    • 保健管理センター
    • RI総合実験センター
    • 図書館
  • 三陸復興推進機構[38]
  • 国際連携室
  • 学部附属の教育研究施設
    • 人文社会科学部
      • こころの相談センター
    • 教育学部
      • 附属教育実践総合センター
      • 附属自然観察園
    • 工学部
      • 附属融合化ものづくり研究センター
        • 金型技術研究部門
        • 鋳造技術研究部門
        • 複合デバイス技術研究部門
      • 附属ソフトパス工学総合研究センター
      • 附属ものづくりエンジニアリングファクトリー
    • 農学部
      • 附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター
      • 附属動物病院
      • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター
      • 附属動物医学食品安全教育研究センター
      • 附属生物環境制御装置室
      • 附属植物園
      • 附属農業教育資料館
      • 附属自然エネルギー利用温室
  • 附属学校

学寮[編集]

上田地区(大学キャンパス内)に自啓寮、同袍寮という2つの学寮、高松地区(大学から約2km)に北謳寮、紅梅寮という2つの国際学生宿舎がある。

大学発ベンチャー企業[編集]

  • (株)アイカムス・ラボ
  • (株)ラング
  • (株)いわて金型技研
  • (株)健康データハウス
  • (株)横山空間情報研究所
  • (有)EWI
  • (有)イグノス
  • (有)LEVI
  • (有)マクロネットワークス
  • (有)いわて西澤商店
  • 球眼(有)
  • (有)魚道研究所
  • (有)ザゼンソウ技術開発研究所
  • (有)いわて動物鍼灸センター

同窓会[編集]

  • 一祐会(工学部)
  • 北水会(農学部)
  • 北桐会(教育学部)
  • 七友会(人文社会科学部)

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学部改組に関する情報 - 岩手大学ホームページ2015年4月4日閲覧
  2. ^ a b 2014年度版の大学概要(資料編)[1]
  3. ^ 2015年度入学生用の大学案内[2]、2015年入学生用の学生募集要項[3]によると、コース分けは2年次末。
  4. ^ 2015年度入学生用の大学案内、2015年入学生用の学生募集要項によると、コース分けは1年次末。
  5. ^ 2015年度入学生用の大学案内、2015年入学生用の学生募集要項によると、コース分けは1年次末。
  6. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、学校教育教員養成課程学校教育コースの学生は、1年次後期からサブコースに所属。サブコースは、国語、社会、数学、理科、技術、家庭、英語、音楽、美術、保健体育、教育学、心理学、教育実践学、特別支援教育の14分野。なお、国語、社会、数学、理科、技術、家庭、英語サブコースの学生は、小学校教育専修(小学校教員免許取得を主とする)、または中学校教育専修(中学校教員免許取得を主とする)に所属することになるが、音楽、美術、保健体育、教育学、心理学、教育実践学、特別支援教育サブコースの学生が所属できるのは、小学校教育専修のみ。
  7. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、1年次後期から各コースに分かれる。
  8. ^ 2015年度入学生用の大学案内、2015年入学生用の学生募集要項によると、2年次後期から各コースに分かれる。
  9. ^ 2015年度入学生用の大学案内、2015年入学生用の学生募集要項によると、2年次前期から各コースに分かれる。
  10. ^ 専攻、領域の構成は、2014年度版の大学概要(概略編)[4]、2015年入学生用の大学案内、2015年入学生用の学生募集要項[5]による。
  11. ^ 専攻、コース、分野の構成、2015年入学生用の大学案内による。なお、2014年度版の大学概要(概略編)では、分野の記載はない。
  12. ^ 2015年入学生用の学生募集要項[6]によると、コース発展科目は、学校実践分野、学校臨床分野、生活自立力開発分野、分野共通に分かれている。
  13. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、特別支援教育学、特別支援心理学、特別支援保健学があるとされているが、コース発展科目は分野別に分かれていない。
  14. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、国語科教育学、国語学、国文学、漢文学、書道があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  15. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、社会科教育学、歴史学、地理学、法学、経済学、社会学、倫理学、考古学があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  16. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、数学科教育学、代数学、幾何学、解析学があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  17. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、理科教育学、物理学、化学、生物学、地学があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  18. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、音楽科教育学、声楽、器楽、音楽学、作曲があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  19. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、音楽科教育学、声楽、器楽、音楽学、作曲があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  20. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、保健体育科教育学、学校保健、運動学があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  21. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野には、英語科教育学、英語学、英語圏文学があるとされているが、専門科目は分野別に分かれていない。
  22. ^ 専攻、コース、分野の構成は、2015年入学生用の大学案内による。なお、2015年入学生用の学生募集要項[7]の「教育研究分野及び授業科目」によると、応用化学・生命工学専攻の「コース」は「大分野」と表記されており、それぞれ複数の教育研究分野で構成されている。他の専攻の分野も「大分野」とされ、同様に複数の教育研究分野で構成されている。
  23. ^ 2015年入学生用の学生募集要項[8]の「専攻及び系の内容」によると、環境エネルギー系、マテリアル創成系、フロンティア化学系があるとされる。「教育研究分野及び授業科目」では、各系の教育研究分野が紹介されている。
  24. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「専攻及び系の内容」によると、電気電子工学系、情報システム工学系があるとされる。「教育研究分野及び授業科目」では、各系の教育研究分野が紹介されている。
  25. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「専攻及び系の内容」によると、機械システム工学系、社会環境システム工学系があるとされる。「教育研究分野及び授業科目」では、各系の教育研究分野が紹介されている。
  26. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「専攻及び系の内容」によると、デザイン工学系、メディア工学系があるとされる。「教育研究分野及び授業科目」では、各系の教育研究分野が紹介されている。
  27. ^ 2015年入学生用の学生募集要項[9]の「別表」によると、専門分野として、作物学、蔬菜花卉園芸学、果樹園芸学、植物育種学、生物環境科学、農作業システム学、農産工学、農畜産環境科学、農業経済学、農業技術学が挙げられている。
  28. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「別表」によると、専門分野として、栄養化学、食品科学、食品化学工学、ケミカルバイオロジー、生化学、応用微生物学、植物栄養生理学、土壌学が挙げられている。
  29. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「別表」によると、専門分野として、森林環境資源管理学、森林工学、木材利用科学、地域計画学、農業水工学、森林山村政策学、自然環境共生学、土壌工学、地域資源管理学が挙げられている。
  30. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「別表」によると、専門分野として、動物栄養学、動物遺伝育種学、家畜繁殖学、動物資源利用学、動物管理学、動物生理学が挙げられている。
  31. ^ 2015年入学生用の学生募集要項の「別表」によると、専門分野として、応用昆虫学、動物病理学、植物病理学、分子生物学、植物分子生理学、細胞生物学、植物分子遺伝学が挙げられている。
  32. ^ 帯広畜産大学、弘前大学、山形大学、岩手大学で構成。
  33. ^ 2015年度版の大学概要(概略編)によると、連合講座として、植物生産学、動物生産学、生物制御学がある。
  34. ^ 2015年度版の大学概要(概略編)によると、連合講座として、生物機能開発学、ゲノム工学、生物資源利用学 がある。
  35. ^ 2015年度版の大学概要(概略編)によると、連合講座として、熱・生命システム学がある。
  36. ^ 2015年度版の大学概要によると、連合講座として、地域資源経済学、地域環境工学、地域環境管理学がある。
  37. ^ 2015年度版の大学概要(概略編)によると、連合講座として、基礎獣医学、病態獣医学、応用獣医学、臨床獣医学がある。
  38. ^ 2015年度版の大学概要によると、釜石サテライト、久慈エクステンションセンター、宮古エクステンションセンター、大船渡エクステンションセンターがある。