松尾鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧松尾鉱山新中和処理施設
廃墟となっているアパート群

松尾鉱山(まつおこうざん)は、19世紀末から1969年まで岩手県岩手郡松尾村(現在の八幡平市)に存在した鉱山である。主な鉱物は硫黄で、黄鉄鉱も産し、一時は東洋一の硫黄鉱山であった。

歴史[編集]

当地に硫黄を産する事実は古くから知られていたらしく、寛政8年(1766年)に書かれた「寄木村茶臼ヶ嶽下通、沢目筋」の硫黄の調査願いの文書があり、1879年(明治12年)にも硫黄鉱山の存在が記録されている。しかし、おそらく奥山に分け入っての採掘、輸送の困難から、開発は遅れていた。1882年(明治15年)に地元の佐々木和七が自然硫黄の大露頭を発見してから、1888年(明治21年)に小規模な試掘がなされたが、失敗した[1]

1911年(明治44年)に横浜の貿易会社増田屋が参画し、経営を掌握してから、多額の投資による本格的な採掘が始まった。鉱山がある標高約900メートルの元山(現在の八幡平市緑ヶ丘)から麓の屋敷台(東八幡平、現在の八幡平市柏台)まで索道を通し、1934年(昭和9年)に東八幡平駅から花輪線大更駅まで松尾鉱業鉄道を敷いた[2]

一時は日本の硫黄生産の30%、黄鉄鉱の15%を占め、東洋一の産出量を誇ったが、高度成長期になると硫黄の需要減や輸入の増加で採算が悪化。さらに1960年代後半、石油精製工場において脱硫装置の設置が義務付けられたことで、脱硫工程の副生成物として得られる硫黄の生産が活発化し、硫黄鉱石の需要は完全になくなっていった。生産コストの低減を図るために露天掘りへの転換も進められたが、1969年(昭和44年)に会社更生法を申請して倒産、全従業員が解雇された。黄鉄鉱に絞った新会社が設立されたが、これも1972年(昭和47年)に鉱業権を放棄して倒産し、完全な閉山になった[3]

鉱山町[編集]

標高900メートル前後の無人の山間に開かれた大鉱山は、必然的に鉱山町の形成を伴った。鉱山地域の人口は1920年に1132人、1935年(昭和10年)に4145人、1940年(昭和15年)に8152人、最盛期の1960年(昭和35年)には1万3594人に達した[4]太平洋戦争中には1940年から朝鮮人労働者が投入された[5]

戦後は労働者の確保を図るために家族も含めた福利厚生施設の充実は急務とされた。このため公団住宅が一般化する前から、水洗トイレセントラルヒーティング完備の鉄筋コンクリートによる集合住宅や小・中学校病院、活躍している芸能人を招いて公演を催す会館など、当時の日本における最先端の施設を備えた近代的な都市が形成され、「雲上の楽園」とも呼ばれた。閉山後、木造の建物は焼却され、鉄筋コンクリートの建物だけが残された。

現在はそれらの建物が山中に廃墟として残った。1990年(平成2年)に写真家丸田祥三が廃墟化した松尾鉱山を写真集に収め、それがニュース番組のイメージショットにも使われた。

環境への影響と中和施設[編集]

鉱山周辺の原植生はブナ林であったが、鉱山開発前から伐採によりミズナラ林となっており、開発後は牧草地が広がった。しかし、硫黄精錬で出る煙によって、土壌が強い酸性になり、鉱山跡地と製錬所跡は草が生えない荒地になった。その周辺も煙害によって木が枯れて(条件が悪い順に)ヒメスゲススキチシマザサクマイザサの群落になった[6]

廃坑から流出する排水(鉱毒水)はヒ素を含むpH2前後の強酸性となっており、また、毎分17~24トンと多量なため下流の北上川の水質や生態系に影響を与えることから中和施設が建設された。排水が岩手県下の北上川流域・支流はもとより、宮城県北部、北東北の太平洋沿岸に多大な影響を与える事が予想され、2009年現在も24時間体勢で稼働を続けているが、年間5億数千万円の処理費用は岩手県にとって大きな負担となっている。

一般向けの見学者コースは特に設定されていないが、岩手県下の小・中学校では社会科と理科の統合授業として見学を行う学校もある。

恒久排水路トンネルの先端部には鉱毒水確認用の窓があり、見学者向けには特別に水を汲むことができる。鉱毒水は非常に澄んでおり、ミネラルウォーターと見紛うほどであるが、口に含むと血液と同等かそれ以上の鉄臭さが広がる。処理前の鉱毒水のヒ素濃度は意外なほど低く、致死量に達するまでには100リットル単位の未処理水を摂取する必要がある。ただ、湧出量が多いため、総量では環境に与える影響は無視できない大きさになる。

恒久排水路トンネルは坑道をコンクリートで封鎖した構造の為、処理施設の稼動当初は坑道内に置き忘れた道具類が流れてくることが折々あったらしいが、近年では殆ど見られない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 駒井健「松尾鉱山跡地利用と地域の変化」139-141頁。
  2. ^ 駒井健「松尾鉱山跡地利用と地域の変化」138-141頁。
  3. ^ 駒井健「松尾鉱山跡地利用と地域の変化」138-141頁。
  4. ^ 駒井健「松尾鉱山跡地利用と地域の変化」142頁。
  5. ^ 駒井健「松尾鉱山跡地利用と地域の変化」140頁。
  6. ^ 吉岡邦二「八幡平松尾鉱山跡地の荒廃植生とその人工による回復の見通し」130-132頁。

参考文献[編集]

  • 駒井健「松尾鉱山跡地利用と地域の変化」、宮川善造・編『奥羽山脈の研究』、現代地理学研究会、1978年。
  • 吉岡邦二「八幡平松尾鉱山跡地の荒廃植生とその人工による回復の見通し」、宮川善造・編『奥羽山脈の研究』、現代地理学研究会、1978年。

外部リンク[編集]