写真家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

写真家(しゃしんか、フォトグラファー: photographer))とは、主に写真を撮影もしくは製作する事を生活の中心にしている人。カメラマンと区別して写真家と呼ぶ場合、動画ではない写真を撮影する人をさす場合や、特に芸術的な写真を撮影し発表する人(芸術写真家)を指す場合がある。

概説[編集]

新聞などの報道写真を撮影する人(彼らはフォトジャーナリストといわれる)、風景を専門に撮っているや人物だけを専門に撮っている人、商品撮影(ブツ撮り)専門の人などもいる。ジャンルにより、戦争写真家動物写真家などとも呼ばれる。使用しているカメラも様々で、白黒のみの人や[カラー]]でも少し変化を加えていたり、インスタントカメラを使ったり、コンピュータグラフィックス(CG)で加工することを前提とする場合もある。報道写真など急を要するケースではデジタルカメラで撮影したデータを、すぐインターネット経由で送るということも行われている。

関連語[編集]

アマチュア写真家(北海道雨竜沼湿原

カメラマンと写真家(フォトグラファー)の違い[編集]

報道写真家広告写真家、ファッション写真家といった、クライアントである企業から仕事を受けて写真撮影をするタイプの職業写真家を特にカメラマンと呼ぶ場合がある。しかし、報道カメラマン、芸能カメラマン、アマチュアカメラマンなど、すべての写真家をカメラマンと呼ぶ場合もあり、一様ではない。英語では、芸術性の如何やプロアマを問わず、写真の撮影者をフォトグラファー(: photographer)と呼び、同様にビデオカメラの撮影者をカメラマン(: cameraman)と呼ぶ。昨今ではフォトグラファーに対し動画撮影者の事をビデオグラファー(: videographer)と呼ぶ場合がある。

あるいは、男女雇用機会均等などで性差別ととらえられないよう、男性を示す「マン」(man)を使用しない呼び方を使う場合もある。

町の写真館[編集]

写真を撮ることで生計を立てていても、町の営業写真館フォトスタジオ)を経営して写真撮影をしている人のことは「写真家」と呼ぶことに違和感を覚え、フリーの写真家のみ、もしくは広告業界や出版放送関連業界の企業に属している者を加えて写真家と呼ぶ傾向がある。その理由についてはいくつか考えられる。

  1. 「町の写真屋」に対する蔑視が原因という説(被写体から言われた通り記念写真やお見合い写真を撮っている人は、芸術家たる写真家の名に値しない、そのような作品には芸術性や報道性がなく撮影者の主体性がない、というような蔑視。映画の看板を描く「看板屋」はあくまでも看板屋であって画家ではない、というような蔑視と同じタイプのもの)
  2. 逆に「町の写真屋」からアマチュアに対する蔑視が原因という説(もともと「町の写真屋」は、明治以降写真師と呼ばれて尊敬を受けており、「写真家」という呼び方は写真師がアマチュアを蔑視した言い方で、それゆえ写真師の方が蔑称である写真家と呼ばれることを拒否していた。ところが写真師という言葉がなくなり、「写真家」という呼び方がプロまで飲み込んでしまったという説)

ビデオグラファー[編集]

インターネットの普及にともない、オンラインマガジンの発展とデジタル一眼レフカメラ動画撮影機能の発展が重なり、オンラインマガジンの動画の需要が増え、カメラスタビライザー: Steadicamステディカム)などカメラサポート機材やヘッドフォンマイクICレコーダーなどのオーディオ機器や外部モニタ液晶ファインダーなど動画撮影用の機材が必要になるが照明機材等は写真撮影を同じ物が使用できるため、フォトグラファーの分野とビデオグラファー: Videographer)の分野を複合して活動している者も多い。シネマトグラフィ: Cinematography)とフォトグラフィの技術が応用されビデオグラフィ: Videography)に使用される。

関連項目[編集]