福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福利厚生(ふくりこうせい、fringe benefits)とは、企業従業員に対して通常の賃金給与にプラスして支給される非金銭報酬である[1] 。ここでは日本における福利厚生を述べる。

概要[編集]

福利厚生の目的は、従業員の経済的保障を手厚くすることにより、従業員の組織貢献度を高めることである。また、勤労意欲や能率の向上を図るといった狙いもある[2]

取り組みの内容は企業によって様々であり、一般的には潤沢な大企業のほうが充実した福利厚生が用意されているが、経費削減のため内容の見直しや、福利厚生サービスを専門にする企業へのアウトソーシングに切り替えることもある。

福利厚生の例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BLS Information”. Glossary. U.S. Bureau of Labor Statistics Division of Information Services (2008年2月28日). 2009年5月5日閲覧。
  2. ^ Abenity: What Does It Cost To Replace An Employee?

関連項目[編集]