おまとめローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おまとめローンとは、銀行が多重債務者に低金利で融資を行っているローン商品である。

概要[編集]

1990年代にいわゆるバブル経済が崩壊したことによって消費者金融が急速に成長し、また日本長期信用銀行日本債券信用銀行を始めとするいくつかの大手金融機関が債務超過によって破綻して以降、銀行が不良債権処理を加速させ貸し渋り・貸し剥がしなどと呼ばれる顧客からの融資の引き揚げを行ったため、行き場を失った債務者が複数の金融機関や場合によってはいわゆる闇金融を相手に自転車操業的に借金を重ねることを続けた結果、多重債務者が急激に増加し、2000年代には社会問題になるまでに至った。

一方で、1990年代後半から2000年代にかけての金融ビッグバンと呼ばれる銀行業に対する規制緩和政策によって、銀行の営業形態を多様にする可能性が生まれると同時に、大手行同士の合併が相次ぎ、中堅規模の銀行や後発の銀行は取扱商品に特色を出すことによって生き残りを目指すことを迫られた。

こうした中、2000年代後半からいくつかの銀行が積極的に取り扱うようになったのがいわゆるおまとめローンである。複数の金融機関に対してローン・借金がある債務者に対して、総額を一括返済するのに相当する額を融資し、長期的に自行の顧客になってもらうことをねらったものである。同様の商品は以前からあったが、あまり一般的ではなく、整理屋などと呼ばれる悪質な業者がのさばる場合さえあった。

メリット[編集]

おまとめローンで複数の貸金業者のローンやクレジットをまとめると、月々の支払いが軽減されたり、支払日が統一されるので支払いの管理がしやすいメリットがある。女性専用のおまとめローンを導入している銀行もある。

問題点[編集]

貸金業者が保証会社となっているケースが少なくない、消費者がヤミ金融に流れる懸念があるという指摘がある[1]ほか、「おまとめ」前の状態で利息制限法による法定充当の再計算を行えば、払う必要がなかった債務まで、新たな債務に一本化されてしまうという問題点がある。

おまとめローン取扱金融機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ J-CASTニュース「「おまとめローン」問題あり 地銀頭取、金融庁から警告受ける」[1]

関連項目[編集]