ワーク・ライフ・バランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワーク・ライフ・バランス: work–life balance)とは、「仕事生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す[1]

概説[編集]

仕事・労働は、賃金を得るための生活の糧であり、個々の暮らしを支える重要なものである。また、充実した生活・人生を送るための糧でもあり、仕事・労働にやりがいや生きがいを見出すことも大切な要素である。 しかし近年は仕事のために他の私生活の多くを犠牲にしてしまう仕事中毒(ワーカホリック)状態となり、心身に疲労を溜め込みうつ病に代表される精神疾患を患ったり、過労死自殺に至ったり、家庭を顧みる時間がなくなることで家庭崩壊に陥るなどの悲劇を生む事例が後を絶たなくなった[2]

仕事をしなければ収入が得られず、経済的に困窮する原因となる。逆に時間の大半を仕事に費やす長時間労働では心身の健康を害するほか、家庭や地域との和を乱す原因ともなる。これらを両立するには、仕事と(その他の)生活のバランスを取ることが必要である[1]

仕事と生活のバランスを崩したことで起こる悲劇の急増は、国民(労働者)にとって日々の私生活や将来への大いなる不安を抱かせることになり、返って社会の活力を低下させてしまうことになる[1]。さらには多忙で安定した生活ができないことにより出生率低下・少子化に繋がり、人口を減らす原因となってしまうとも考えられている[1][3]

こうしたことから、仕事と生活のアンバランスが原因で引き起こされる多くの悲劇を抑えようと、「仕事と生活の調和」、ワーク・ライフ・バランスが叫ばれるようになった。

日本での取組み[編集]

日本では少子化対策・男女共同参画の文脈で語られることが多いが、出生率向上・男女均等政策のみならず、労働時間政策、非正規労働者政策など働き方の全般的な改革に関わる。

2007年(平成19年)、政府、地方公共団体、経済界労働界の合意により、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定され、現在、官民を挙げて様々な取組が進められている。

政府は、ワーク・ライフ・バランス推進のため、国民運動「カエル!ジャパン キャンペーン」を開始した[4]

労働環境の実態とワークライフバランス[編集]

日本は国際労働機関の労働時間に関する条約(1号[5]、30号[6]、153号[7]など)を1つも批准しておらず、時間外労働の要請条件さえ満たせば労働時間の上限はなくすことができる(労働基準法第33条第1項、第33条第3項、第36条第1項)。日本では時間外労働の条件として残業代(割増賃金)を支払うことが法律上必須(労働基準法第37条第1項)とされ、これを支払わない使用者に適用される罰則も規定されている(労働基準法第119条)が、サービス残業が横行する事業所もあり[8][9][10]、さらには休暇日数も少なめで、年次有給休暇の取得率が他先進国よりも著しく低い[8][11](有給休暇に関する条約(132号)も日本は批准していない[12])。

日本特有の長時間労働はしばしば貿易摩擦の原因となり、日本と欧米諸国を比較した際の労働時間水準の差が不公平競争として欧米諸国より批判された。そのため、政府が1987年の労働基準法改正より10年をかけて原則週40時間制(2012年現在も例外有:労働基準法第36条、131条など)とした。よって、この労働時間短縮そのものはワーク・ライフ・バランスの取り組みとは関係がない[13]

日本以外のワーク・ライフ・バランス[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカのコンサルティング会社Work-Life Balance Mastery & Motivation Mastermindが行った調査によれば、男性労働者が89%、女性は87%の割合で、ワークライフバランスの実現について不可能と回答した。また、企業が労働者に対して用意しているワークライフバランスを実現するためのプログラムについて、98%もの労働者が効果がないと回答している[14]

関連文献・記事[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 仕事と生活の調和とは”. 内閣府. 2012年10月18日閲覧。
  2. ^ Gambles, R /Lewis,S /Rapoport,R (2006) The Myth of Work-Life Balance. The Challenge of Our Time for Men, Women and Societies.
  3. ^ 藻谷浩介 『実測!ニッポンの地域力』 日本経済新聞出版社、2007年9月。ISBN 9784532352622
  4. ^ カエル!ジャパン キャンペーン”. 内閣府. 2012年10月18日閲覧。
  5. ^ ILO第1号条約 - 国際労働機関
  6. ^ ILO第30号条約 - 国際労働機関
  7. ^ ILO第153号条約 - 国際労働機関
  8. ^ a b 働きすぎ日本人の実像 先進国水準にほど遠い日本の労働時間”. 生産性新聞. 2012年10月18日閲覧。
  9. ^ 神戸製鋼所でサービス残業/賃金未払い、是正を勧告(日本労働研究機構)”. 共同通信 (2003年5月30日). 2012年10月18日閲覧。
  10. ^ 「すき家」未払い残業訴訟終結 ゼンショーが請求認める(47NEWS)”. 共同通信 (2010年8月27日). 2012年10月18日閲覧。
  11. ^ 日本人はまじめで働きすぎ?有給休暇国際比較調査2011”. エクスペディアジャパン. 2012年10月18日閲覧。
  12. ^ ILO第132号条約 - 国際労働機関
  13. ^ 『新・雇用社会の法』菅野 和夫 2002年
  14. ^ 98%の労働者が"会社のワークライフバランスプログラムは無意味" - 米調査”. マイコミジャーナル (2008年6月23日). 2012年10月23日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]