ダイバーシティ・マネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイバーシティ・マネジメント(Diversity Management)とは、個人や集団間に存在するさまざまな違い、すなわち「多様性」を競争優位の源泉として生かすために文化や制度、プログラムプラクティスなどの組織全体を変革しようとするマネージメントアプローチのことである。

特徴[編集]

  • 多様性が企業の売り上げや発展に貢献し、競争力の源泉となるという考えに基づいている。具体的には多様性に基づくマネジメントで優位性があるとされる分野に、コスト、資源の獲得、マーケティング、創造性、問題解決、システムの柔軟性などが含まれている。また、最近では事業の成長そのものを促す機会として認識されるようになっている。
  • 個人、人間関係、そして組織といった3つのレベルを対象としている。つまり、女性や少数派のみに適応を押し付けるのではなく、組織文化やすべての人々がこのプロセスにかかわることが求められている。特に会社のトップや人事担当者は、訓練や指導を通じて積極的に支援することが必要となってきている。
  • 人種や性別に焦点が当てられがちだがダイバーシティは人種国籍宗教障害性別性的指向年齢などのほか、個人や集団の間で違いを生み出す可能性のあるあらゆる要素を考慮している。
  • ダイバーシティ・マネジメントは、プログラムではなく、プロセスである。あらかじめ決められた手続きや数値目標ではなく、実際の取り組みのプロセスで問題点や解決策が見つけ出されるといった、長期的な観点が重視されている。

関連文献・記事[編集]

脚注[編集]

  • 有村貞則『ダイバーシティ・マネジメントの研究―在米日系企業と在日米国企業の実態調査を通して』(文眞堂、2007年)

参考文献[編集]

  • リクルートHCソリューショングループ『実践ダイバーシティマネジメント 何をめざし、何をすべきか』(英治出版 2008年) ISBN 4862760376
  • 百武 仁志「「ダイバーシティ・マネジメント」を活用した企業戦略--HRMの変遷と在中日系企業Y社の事例を中心に」『水戸論叢(40)』(水戸短期大学商経学会 2008年) 
  • 有村 貞則『ダイバーシティ・マネジメントの研究―在米日系企業と在日米国企業の実態調査を通して』(文眞堂 2007年)ISBN 4830945699
  • 谷口真美著 『ダイバシティ・マネジメント―多様性をいかす組織』 白桃書房、2005年ISBN 4561234411

関連項目[編集]