アイデンティティ政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイデンティティ政治(英:identity politicsアイデンティティ・ポリティックス)は、主に社会的不公正の犠牲になっているジェンダー人種民族性的指向障害などの特定のアイデンティティに基づく集団の利益を代弁して行う政治活動。

社会的に抑圧されているアイデンティティ集団に属する人々は彼らに共通の社会問題を解決するためそのアイデンティティの下に団結して戦うべきであるとされる。個々のアイデンティティ集団に特有の問題は基本的に自分たちの手で解決すべきであるとされ、他の抑圧されているアイデンティティ集団と連帯するのは他のアイデンティティ集団にも共通するより大きな社会問題と対峙する時であるとされる。例えば被差別集団が一般に属している下層の労働者階級の待遇改善には他のアイデンティティ集団と連帯して階級闘争を要するのに対し、それぞれのアイデンティティ集団がかかえる固有の問題はアイデンティティ政治によって対処される。つまり、アイデンティティ集団の問題意識は、必ずしも階級意識に包含されるものではないと規定される。

アファーマティブ・アクションはアイデンティティ政治が社会的不公正を是正するために推進する法的改正の成果の一つである。

参考文献[編集]

  • マイケル・ケニー『アイデンティティの政治学』藤原 孝, 松島 雪江 , 佐藤 高尚 , 山田 竜作, 青山 円美 (翻訳)、日本経済評論社、2005年。
  • 上野千鶴子編『脱アイデンティティ』勁草書房,2005年
  • 林 泉忠『「辺境東アジア」のアイデンティティ・ポリティクス』明石書店、2005年。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]