シフト勤務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シフト勤務または勤務シフトとは、勤務時間が1つに固定されず、日ごと或いは一定の期間ごとに、複数の勤務時間を移動する形態の勤務のこと。単にシフトということもある。

概要[編集]

人間には睡眠や休憩が不可欠であり、1人が一定期間に働ける時間には限界がある。例えば日本の労働基準法では、1週間について40時間を超えて労働させてはならず、原則として休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならないとされている。一方で、警察、警備、病院、コンビニやインフラなどでは常時店舗・会社・施設等に人員を配置する必要があり、あるいはスーパーのレジなど繁忙時間に多くの人員を配置する必要がある。毎週決まった曜日にセールをするような店であればその曜日だけ人員を増やす必要がある。各人の労働日あるいは労働時間をずらすことでこの問題を解決する方法が取られることが多く、これを「シフト勤務」と呼んでいる。

一般の勤務と異なるので、各人の労働時間、一月や週単位の勤務日時を管理者・勤務者にわかりやすく明示するために、シフト表というものを使う場合がある。このシフト表を使うことにより、各曜日の日中や夜間にどの種類の業務を何人の人員で従事出来るかわかりやすく明示することが出来る。また、このようなシフト表の作成を支援するソフトウェアも多々見受けられる。

シフト表の例(週単位)
曜日
管理者 - - 5 - -
管理者補佐 - - 1 1 3
社員A - - 1 2 2
社員B - - 1 2 2
社員C - - 3 2 -
新人1 - - 5 - -
新人2 - - 5 - -
○:通常勤務(  時  分~  時  分)
△:早番(  時  分~  時  分)
▽:遅番(  時  分~  時  分)

24時間制[編集]

工場で装置を24時間連続で動かせば、昼間の8時間だけ装置を動かすのに比べて生産量は3倍となる。また、製鉄業のように装置を止めることができない場合もある。そのために使われる24時間制シフト勤務は、大きく分けて8時間勤務の「三交替(Three-shift system)」、12時間勤務の「二交替」の2種類がある。いずれの制度でも、拘束時間の途中に1時間程度の休憩が設けられていることが多い。

三組三交替制[編集]

三組三交替制は、24時間体制で業務を続けるためによく使われる方法である。1日を8時間ごとに区切り、第1直(昼勤)を午前6時から午後2時、第2直(前夜勤)を午後2時から午後10時、第3直(夜勤)を午後10時から翌朝6時まで働かせる方法である。各労働者に休暇日を設ける必要があるため、3組では1月を通して休業日無く業務を続けることはできない。週に休暇日を2日設け、1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は40時間、労働時間は35時間である。

労働者をA組、B組、C組の3組に分けた場合の例を次に示す。

勤務時間
06:00~14:00 A組 A組 A組 A組 A組 休業 休業 B組 B組 B組 B組 B組 休業 休業 C組
14:00~22:00 B組 B組 B組 B組 B組 休業 休業 C組 C組 C組 C組 C組 休業 休業 A組
22:00~06:00 C組 C組 C組 C組 C組 休業 休業 A組 A組 A組 A組 A組 休業 休業 B組

四組三交替制[編集]

三組三交替制よりも1組増やして、休業日を無くす方法である。勤務パターンを切り替える日を4つの組でずらすことにより、休業日無く24時間操業を続けることができる。各個人の勤務パターンは、3直、3直、3直、休暇日、2直、2直、2直、休暇日、1直、1直、1直、休暇日のように、3日勤務、1日休暇の繰り返しとなる。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。

労働者をA組、B組、C組、D組の4組に分けた場合の例を次に示す。

時間
06:00~14:00 A組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 D組 A組
14:00~22:00 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組
22:00~06:00 C組 D組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 C組
休暇日 D組 C組 B組 A組 D組 C組 B組 A組 D組 C組 B組 A組 D組

4日勤務4日休暇二交替制[編集]

4日勤務4日休暇二交替制(4on 4 off shift)は、イギリスで多く見られる勤務体系である。三交替制に比べて勤務パターンの変更頻度が少なくなるが、1日あたりの労働時間が長くなるため、重労働には向かない。各個人の勤務パターンは、4日勤務、4日休暇の繰り返しとなる。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38.5時間である。

時間
07:00~19:00 A A A A C C C C B B B B D D D D A
19:00~7:00 B B B B D D D D A A A A C C C C B

2日昼勤2日夜勤4日休暇制[編集]

2日昼勤2日夜勤4日休暇制(Two days, two nights, four off)は、イギリス沿岸警備隊が採用している方法である。各個人の勤務パターンは、4日勤務、4日休暇の繰り返しとなる。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38.5時間である。

時間
07:00~19:00 A組 A組 B組 B組 C組 C組 D組 D組 A組
19:00~7:00 D組 D組 A組 A組 B組 B組 C組 C組 D組
休暇日 BC BC CD CD DA DA AB AB BC

12/24/12/48制[編集]

12/24/12/48制では、昼勤12時間、休憩24時間、夜勤12時間、休憩48時間の繰り返しとなる。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38.5時間である。

時間
07:00~19:00 A組 B組 C組 D組 A組
19:00~7:00 D組 A組 B組 C組 D組
休暇日 BC CD DA AB BC

大陸シフト[編集]

大陸シフト(Continental shift)はヨーロッパでよく見られる制度である。1週間は7日であるため、7日で回るローテーションとして考えられた。勤務パターンが2日-2日-3日の間隔で切り替わる。各労働者にとっては9日または10日毎の勤務パターン変更となる[1]。全体で見ると、28日間毎に同じパターンが繰り返される。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。

時間
06:00~14:00 A組 A組 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組
14:00~22:00 D組 D組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組
22:00~06:00 C組 C組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組
休暇日 B組 B組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 A組

7日-2週間制[編集]

7日-2週間制(7-day fortnight shift)では、4組二交替の一種である。アメリカのテレビ局や法執行機関 (law enforcementで使われることが多い。大陸シフトと同様に、勤務パターンが2日-2日-3日の間隔で切り替わり、28日間毎に同じパターンが繰り返される[2]。全体で見ると、28日間毎に同じパターンが繰り返される。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38.5時間である。

時間
08:00~20:00 A組 A組 C組 C組 B組 B組 B組 D組 D組
20:00~08:00 B組 B組 D組 D組 A組 A組 A組 C組 C組
休暇日 CD CD AB AB CD CD CD AB AB

デュポン式12時間ローテーション制[編集]

デュポン式12時間ローテーション制(DuPont 12 Hour Rotating Shift)は4組二交替の一種である。この制度では、月に1回、7日連続の休みが与えられる。アメリカの製造業で広く見られる方式である。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38.5時間である。

時間 月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日
昼勤務 乙乙乙丙丙丙丙甲甲甲乙乙乙乙丁丁丁甲甲甲甲丙丙丙丁丁丁丁
夜勤務 甲甲甲甲乙乙乙丁丁丁丁甲甲甲丙丙丙丙丁丁丁乙乙乙乙丙丙丙
休暇日 丙丙丙乙甲甲甲乙乙乙甲丁丁丁甲甲甲丁丙丙丙丁丁丁丙乙乙乙
長期休暇 丁丁丁丁丁丁丁丙丙丙丙丙丙丙乙乙乙乙乙乙乙甲甲甲甲甲甲甲

7日8時間ローテーション制[編集]

7日8時間ローテーション制(Seven Day Eight Hour Rotating Shift)は4組三交替の一種である。7日間働いた後、1~4日の休暇が与えられる。連続休暇があるのが特徴である。かつてはアメリカ合衆国西部の製紙業で多く見られたが、4日勤務4日休暇二交替制に置き換わりつつある。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。

時間 月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日
07:00~15:00 甲甲甲甲甲甲甲乙乙乙乙乙乙乙丙丙丙丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁
15:00~23:00 乙乙乙乙乙乙丙丙丙丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁甲甲甲甲甲甲甲乙
23:00~07:00 丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁甲甲甲甲甲甲甲乙乙乙乙乙乙乙丙丙丙
休暇日 丁丁丁丁丙丙乙甲甲甲甲丁丁丙乙乙乙乙甲甲丁丙丙丙丙乙乙甲

24時間制以外[編集]

4日勤務2日休日制[編集]

4日勤務2日休日制(Four on, two off)では、12時間勤務を4日、休日を2日の繰り返しとなる。1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は56時間、労働時間は51時間20分である。労働時間が長いため、ほとんどを座って勤務する監視員などにしか向かない。

時間
07:00~19:00 勤務 勤務 勤務 勤務 休日 休日 勤務

分割シフト[編集]

分割シフト(Split shift)はケータリング、輸送、ホテル、病院勤務などに務める配膳業者の勤務によく使われる。昼食を用意するための10時~14時、夕食を用意するための17時~21時が労働時間となる。7日間あたりの拘束時間、労働時間ともに40時間である。

時間
10:00~14:00 勤務 勤務 勤務 勤務 勤務 休暇 休暇
14:00~17:00 休憩 休憩 休憩 休憩 休憩 休暇 休暇
17:00~21:00 勤務 勤務 勤務 勤務 勤務 休暇 休暇

早番・遅番制[編集]

早番・遅番制(Earlies and lates)は電話応対、コンビニエンスストア、保育、デイケアでよく用いられる。早番と遅番の勤務時間の一部を重複させることも多い。

時間
08:00~16:00 A組 A組 A組 A組 A組 休業日 休業日
15:00~23:00 B組 B組 B組 B組 B組 休業日 休業日

関連項目[編集]

注釈、出典[編集]

関連文献[編集]

  • Knutsson, A., Åkerstedt, T., Jonsson, B.G. & Orth-Gomer, K. (1986) 'Increased risk of ischaemic heart disease in shift workers'. Lancet, 2(8498), 89–92.
  • Burr, Douglas Scott (2009) 'The Schedule Book', 'ISBN 978-1-4392-2674-2'.