グループ魂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グループ魂
基本情報
ジャンル パンク
コミックソング
電波ソング
活動期間 1995年 -
レーベル ミディ(2002年-2005年)
キューンミュージック(2005年-)
公式サイト グループ魂
メンバー
破壊ボーカル
暴動ギター
バイト君(大道具、ハーモニカ
港カヲル(MC、ボーカル)
小園ベース
石鹸ドラム
遅刻(ギター)

グループ魂(グループたましい)は、日本パンクコントバンド

来歴[編集]

1995年松尾スズキが主宰する劇団大人計画の俳優が結成。読みは「ぐるーぷだましい」ではなく「ぐるーぷたましい」。

結成時のメンバーは暴動(宮藤官九郎)、破壊(阿部サダヲ)、バイト君(村杉蝉之介)の3名。当初はギターを使ってシャウトする漫談スタイルのコントグループとして活動しており、渋谷公園通り劇場、『笑点』などにも出演していた。1997年から、ギター、ベース、ドラムを加えたバンド編成になり、その後、幾度かのメンバーチェンジを経て、現在のメンバー編成に到る。2002年、アルバム『Run魂Run』でミディよりメジャーデビュー。

2005年、結成10周年目にしてキューンレコード(現キューンミュージック)へ移籍。この年の年末には第56回NHK紅白歌合戦に出場。 バンド名の由来は、ARBの「魂こがして」から。"グループ"は「自分たちのことを"グループ"と言う人はいない」という理由から。 なお、メンバーのほぼ全員が俳優、作家、飲食業などとの兼業ミュージシャンである。各々の本業が忙しいためリリースの間隔が空くこともしばしば。

作詞およびコントの台本はほとんどを宮藤官九郎が手がける。内容はギャグや下ネタ、中年の哀愁等々、ドラマや映画の作風にも通じる独特のセンスに基づくものである。

2011年、結成15周年記念全国ツアー「客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負」のファイナルとして初の日本武道館公演を成功させた。

メンバー[編集]

(以下はMC、コントなどに出演頻度の高い準レギュラー。)

  • ライムサワー:MCヘルス(宮藤官九郎)、MCソープ(三宅弘城)、DJウメッシュ(荒川良々)、見習いトッシュ(益田トッシュ)によるヒップホップユニット。
  • いわき兄弟:福島出身のトシ坊(皆川猿時)、あんちゃん(富澤タク)、群馬出身のちいにいちゃん(村杉蝉之介)によるラグジュアリーフォークユニット。
  • 遅番(少路勇介):バイト君の代わりに度々登場。サックスを演奏する。
  • とびだせボーイズ:皆川猿時・村杉蝉之介・荒川良々(荒川は港カヲルの愛人と言う設定のナオミというキャラクターに扮する場合もある)
  • ローディ川島:スリッパ補充 (都会の山賊ツアーでの港カヲルの話によると、自衛隊に入隊したらしい)

パフォーマンス[編集]

元々コントグループであった名残なのか、音楽番組等で歌う前には港カヲルによるMCパフォーマンスが入る。「こんばんは! 夜の○○(ここには官房長官、チョイワルおじさん等が入る)、港カヲルです」と高々に挨拶をし時事ネタ等を基に小話をする(番組初登場の場合はグループ魂の紹介をすることもあった。主に「グループ平均年齢38歳・オリコンチャート最高42位」を主張していた)。そして「それではお聞きください、歌は勿論…」と歌う曲を紹介するが、わざと他のア-ティストの曲名を言う(例:J-WALKの『何も言えなくて…夏』など)。その直後横から破壊がマイクを奪い「はいどおもこんばんわぁ!!」と叫ぶと共に曲の前奏が始まる。港カヲルがバイト君に話を振りバイト君がボケた直後破壊にスリッパで思い切り叩かれスリッパを客席に投げる、というバージョンもある。

このパフォーマンスは第56回NHK紅白歌合戦出場時にも行われ、歌った曲『君にジュースを買ってあげる♥』にも若干の改変が施されていた他、破壊が歌の途中でステージを飛び降り審査員だった琴欧州に対し(登録商標を言わせる為に)質問をするという行動にも出た(君にジュースを買ってあげる♥参考)。

ステージには必ず「笑え!」と書かれたカラーコーンが置かれる。これもコントグループだった名残りである。

当初、港カヲルはバンドのステージ開演前に登場するダンディな司会者といった装いであったが、活動を続けるうちに(演じる皆川猿時の体型の変化と共に)どんどんキャラクターが変貌し、現在はいくつかの楽曲でボーカルを務めるなど、さらに重要なポジションを占める存在になってきている。さらにはバンド活動を飛び出し、ラジオ番組『キック・ザ・カンクロー』に毎週出演していた。また、大人計画ウーマンリブの舞台公演『轟天VS港カヲル ~ドラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになあれ~』において、劇団☆新感線が誇る珍キャラクター「剣轟天」(橋本じゅん)との両者スピンオフ対決が実現している。グループ魂はこの公演の音楽を担当。『君にジュースを買ってあげる♥』はここで使用された偽カヲルこと「巷カヨル」(阿部サダヲをはじめ中村獅童長井秀和などが日替わりで役を担当)が歌う劇中歌をグループ魂の楽曲としてシングル化したものである。

ディスコグラフィ[編集]

配信限定曲[編集]

  1. 『スーパー!サマー! アックスボンバー! ラブハンター! 06!』 ( 2006年8月1日~ )
  2. 『「卒業」からの卒業』 ( 2013年2月20日~ )
  3. 『I was PUNK!!~グループ魂にあっちゃん(NEW ROTE'KA)は??』 ( 2013年5月1日~)
  4. 『病み上がり』 ( 2013年7月24日~)
  5. 『カチカチ』 ( 2013年11月27日~)

インディーズアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1999年3月25日 GROOPER CXCA-1047 全35トラック中、曲は2曲のみ。残りは全てコント。伊藤ヨタロウ(メトロファルス)がプロデュース。

ライブアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2011年4月13日 実録!グループ魂全国ツアー「客VS俺!どっちがスケベか競争して来たど!15番勝負」 KSCL-1749 オリコン最高45位

メジャーアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2002年12月25日 Run魂Run MDCL-1435 現メンバーで初めてレコーディングした、音楽的には事実上の1stアルバム。1曲ごとのストーリーは男性原理にもとづいた馬鹿馬鹿しくもいつか涙、のごくごくリアルなものばかりである。それを大真面目にハイテンションなオイ・パンクからサイケデリック風味なガレージロック、シンプルな8ビート、メタル調など、あらゆるロック初期衝動の演奏&サウンドで聴ける。
コントにNUMBER GIRLが参加、彼らの解散前最後の音源が収録されている。
このアルバムも『GROOPER』同様伊藤ヨタロウプロデュース。オリコン最高135位、登場回数8回
2nd 2004年6月23日 荒ぶる日本の魂たち MDCL-1461 強度と振り幅を増したバンド・サウンドが印象的。1980年代の日本のパンク/ハードコアを基本とした音楽性をさらに追求すると同時に、ラウンジ・ボッサ、シャッフルといったアイデアをちりばめることで、バンドとしての深みを増している。暴動によれば、収録可能時間を全て使っていないため「ミニアルバム」扱い。
オリコン最高30位、登場回数4回
3rd 2005年11月23日 TMC KSCL-929 オリコン最高26位、登場回数11回
4th 2006年12月6日 嫁とロック KSCL-1069 オリコン最高29位、登場回数5回
5th 2008年6月18日 ぱつんぱつん KSCL-1244 オリコン最高14位、登場回数4回
6th 2010年11月24日 1!2!3!4! KSCL-1683:初回生産限定盤
KSCL-1685:通常盤
オリコン最高16位、登場回数8回

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2003年2月5日 竹内力 MDCS-1055 竹内本人出演のこの曲(PV)が『ミュージックステーション』の「伝説のデビュー映像全部見せ!SP」で放送されたとき、番組出演者が爆笑していた。
オリコン最高88位、登場回数3回
2nd 2005年7月27日 本田博太郎~magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!~ KSCL-875 PVに本田本人が出演している。
オリコン最高33位、登場回数3回
3rd 2005年10月26日 君にジュースを買ってあげる♥ KSCL-894 オリコン最高42位、登場回数12回
4th 2007年6月13日 お・ま・えローテンションガール KSCL-1140 柴咲コウとのコラボレーションシングル。名義は「グループ魂に柴咲コウが」。
オリコン最高11位、登場回数6回
5th 2010年7月21日 ラブラブエッサイム'82 KSCL-1615 オリコン最高39位、登場回数3回
6th 2010年10月27日 べろべろ KSCL-1655:初回限定盤
KSCL-1657:通常盤
オリコン最高40位
6th 2011年2月2日 だだだ KSCL-1716 オリコン最高29位、登場回数3回

その他[編集]

サウンドトラック
  • 『グループ魂のでんきまむしのサントラ』
グループ初主演映画「グループ魂でんきまむし」のサウンドトラック盤
参加トリビュートアルバム
  • 『RESPECTABLE ROOSTERS→Z a-GOGO』(2005年)- THE ROOSTERS
Neon Boy
ギンギラギンにさりげなく
ロックンロール・クレイジーラン (暴動&ニューロティカ名義)
お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました
  • 『PUFFY COVERS』(2012年) - PUFFY
渚にまつわるエトセトラ
服部
ふわふわ
参加アルバム
  • 『Kaleidoscope』(2007年、高見沢俊彦ソロアルバム)(M3「騒音おばさんVS高音おじさん」・暴動は宮藤官九郎名義で作詞も担当)
  • 『honeycreeper』(2007年、PUFFY)(M8「妖怪PUFFY」 / 作詞宮藤官九郎・作曲富澤タク コントにはグループ魂メンバーも参加。「TMC」収録コント「韓流」の続編。)

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2003年12月3日 グループ魂のある意味ツアー MDBL-1001 オリコン最高50位、登場回数3回
2nd 2005年4月27日 グループ魂の雨の野音(晴天決行) POBE-3015 オリコン最高48位、登場回数3回
3rd 2006年4月26日 港カヲル in 都会の山賊ツアー~演奏・グループ魂~ KSBL-5819 UMDでも同時発売
ゲスト/忌野清志郎「ドカドカうるさいロックンロールバンド」「デイドリームビリーバー」を共演。向井秀徳荒川良々と九州ギャザーで登場。
オリコン最高44位、登場回数4回
4th 2007年12月12日 グループ魂の慰安旅行 〜特典映像・ライヴat横浜ブリッツ〜 KSBL-5851 ゲストに高見沢俊彦を迎え「メリーアン」「君にジュースを買ってあげる♥」を共演。
オリコン最高28位
5th 2009年2月11日 グループ魂の秩父ぱつんぱつんフェスティバル(雨) KSBL-5873 メンバーのサブユニットとしてライムサワーいわき兄弟ナイス警察が登場。
オリコン最高26位
6th 2011年7月27日 グループ魂の決勝戦!日本武道館 KSBL-5968:DVD
KSXL-14:BD
2011年2月5日に行われた初日本武道館ライヴを収録。Blu-rayも同時発売。
ゲストに増子直純(怒髪天)、ピエール瀧(電気グルーヴ)、夏木マリが登場。
オリコン最高43位
7th 2013年11月27日 グループ魂の新曲ができました!今月はワンマン3回でかんべんしてくださいツアー(ピエロ付き) KSBL-6115:DVD
KSXL-48:BD
2013年5月に行われたツアーの映像化。東京、大阪、仙台3カ所の映像とオフショットを収録したライヴドキュメント。
ゲストにニューロティカのあっちゃんが参加。
オリコン最高83位

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
大橋陽 「我々グループ魂はキューンレコードを応援します! from DVD「グループ魂の慰安旅行」」
田中秀幸 「べろべろ」
和田一基DEVICE GIRLS 「お・ま・え ローテンションガール (MOVIE Ver.)」
細野ひで晃 「本田博太郎〜magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!〜」「君にジュースを買ってあげる」「嫁とロック」
前畑貴文 「TMC from DVD「港カヲル in 都会の山賊ツアー〜演奏・グループ魂〜」」「おかあさん」「」「」
三池崇史 「ラブラブエッサイム'82」
不明 「だだだ」「竹内力」

主な出演イベント[編集]

  • 2004年08月13日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO
  • 2004年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 04/05
  • 2005年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.04292005
  • 2005年09月18日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2005
  • 2005年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 05/06
  • 2006年07月22日 - SETSTOCK'06
  • 2006年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006
  • 2006年08月12日,13日 - SUMMER SONIC 2006
  • 2006年08月18日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO
  • 2006年12月30日,31日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09
  • 2009年07月26日 - SETSTOCK'09
  • 2009年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 09/10
  • 2010年01月23日 - au by KDDI presents オンタマカーニバル 2010
  • 2010年08月08日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010
  • 2010年08月14日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO
  • 2010年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 10/11
  • 2011年09月06日 - 極東ROCK'N'ROLL HIGH SCHOOL 「超絶魂」
  • 2011年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 11/12
  • 2012年04月09日 - キューンレコード20周年記念イベント『キューン20 イヤーズ&デイズ』
  • 2012年09月16日 - 氣志團万博2012 ~房総ロックンロール・オリンピック~
  • 2012年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 12/13
  • 2013年05月04日 - JAPAN JAM 2013
  • 2013年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
  • 2013年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO
  • 2013年08月18日 - WILD BUNCH FEST. 2013
  • 2013年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年04月09日 - オフィス男闘呼塾エンターテインメント Presents 氣志團現象2014「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」 #33 グループ魂 vs 氣志團 ~超絶魂(ウルトラソウル)2 お台場大パニック!超激突\(‘jjj')/~
  • 2014年04月22日 - ザ・クロマニヨンズ VS グループ魂
  • 2014年06月08日 - 百万石音楽祭~ミリオンロックフェスティバル~ 2014

テレビ[編集]

書籍[編集]

  • 『はいどおもこんばんわぁ!!』(単行本・ソニーマガジンズ発刊)
  • 『グループ魂/ベスト魂』(バンドスコア)
  • 『OVER40まだ魂 15th ANNIVERSARY!!!!!!!!!!!!!!!』(全国ツアー「客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負」公式パンフレット)

映画[編集]

  • 『グループ魂のでんきまむし』(1999年、初主演映画、監督:藤田秀幸、出演:グループ魂、松尾スズキ、井口昇、他)

外部リンク[編集]