インターンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インターンシップとは、学生が一定期間企業などの中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度

日本においては、大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどで、3年秋から本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もある。就職サイトでも、従来の就職情報に加え、インターンシップ情報も提供するサイトが増えている。 また、近年では大学院短期大学、専修学校専門課程(専門学校)、高等専門学校、高等学校(特に職業高等学校)でもインターンシップ制度の導入が進んでいる。

企業によっては金銭が払われるところもあるが、日本においては基本的には社会勉強労働ではないという認識が根強い。しかしながら実質的に「労働」と見られかねない場合のあるとの批判もあり、行政通達においても、「学生の実習が直接生産活動に従事するものであって使用従属関係が認められる場合には、その労働者性を肯定する」とされている(平9・9・18基発第636号)ので、金銭を払わない企業はブラック企業の可能性が高い[要出典]。学校によっては単位が認定される[1]。日本では最近は一年生から募集している事例も見られる[2][3]

日本[編集]

政府による取り組み[編集]

日本政府によるインターンシップ制度への取り組みは、1997年5月16日[4]に「経済構造の変革と創造のための行動計画」普及推進が閣議決定されたことに始まる。同年9月18日には文部省通商産業省および労働省が共同で「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方[5]」をとりまとめ、関係諸制度を整備していった。これらによりインターンシップ制度は徐々に浸透してゆき、2005年には推計12万人の学生が制度を利用していると報告される[6]までになった。

このように、学生に対するインターンシップ制度の普及により、職業意識の向上に資するようになり、また職業選択に役立つ経験を得る機会が得られるようになってきた。

問題点[編集]

その一方で、制度の趣旨を理解しない、あるいはこれを悪用する企業の事例が、社会問題とされている。

2010年9月、東京新聞が「ただ働き」「名ばかりインターン」と評して社会問題を提起する報道[7]を行った。インターンシップ制度を利用した企業(ホテル)が、接客対応の体験を希望したインターンシップ参加学生に対して、制度の本旨に沿わず、アルバイトと同様に売り子や清掃係をさせ、これをインターンシップとしたものであった。アルバイトと同様の業務であったにもかかわらず、インターンシップであるとして無給であった。同記事では雇用政策の専門家として諏訪康雄[8]のコメントを掲載し、インターンシップ制度の本旨に沿わない企業の問題や、長期休暇が短い日本特有の制度上の問題を指摘している。さらに翌10月には参議院厚生労働委員会で福島瑞穂がこれを「名ばかりインターン」との雇用政策問題として取り上げ[9]、追及を行っている。

また2013年には、日本の数ヵ所の宿泊施設が、インターンシップで入国した韓国人大学生に対し、無報酬で従業員と同様な業務を行わせていたことが、一部マスコミの報道で判明している。入管難民法に抵触する可能性もあるが、入管当局の立入検査で無報酬であると判明した場合、不法就労と判断することが困難であることも明らかとなっており、法の盲点を突いていて、新たな問題となっている[10]

日本国外[編集]

アメリカでは、無給のインターンが9割をしめる。インターンシップは企業が学生を大学入学時から職場体験させ、卒業するまでに技術を入社時に必要な水準まで引き上げる。大学院まで進学する学生に対しては、研究活動を様々な面でバックアップし、入社後に研究を継続させることもある。給料が支給される場合はアルバイトをすることなく就業訓練を積むことができる。

ただ、研修先は学校側で決めることもあり、学生の意見が必ずしも生かされないことから、希望していない企業や職種へ行かされるとトラブルになることがある。そのために、2011年現在、個人でのインターンシップが大半を占めている。一般的に個人インターンは審査が厳しく、大学インターンは審査がほとんどない。

アメリカは、インターンになるために推薦状が必要なものも多く、幹部の子息が優先的にインターンになることも多い。無給インターンの最高峰といわれるホワイトハウス実習生の場合は有力者三人の推薦が必要となる[要出典]

2011年現在、就職難の米国ではインターンシップが就職にほぼ必須となっており、現在、個人インターンシップなくして米国で一流企業や公務員に就職することはありえない。つまり個人インターンシップ採用選考が、実質的な採用一次選考となっている。しかし、これを逆手にとって、インターンを「無料労働力」と使い捨てる企業が増えている。公務員はFBIなども含め100%無給インターンであるが、インターンが100%就職できるわけではないので、就職できなかった者はただ働きである。民間企業も2011年現在9割以上は無給インターンであるが、インターンが100%就職できるわけではないので、就職出来なかった者はただ働きとなる。インターンは「学生研修生」であるので労働組合に入ることもできないが、深夜まで残業はさせられる。このため、近年、企業が就職したい学生の足元を見て、無給インターンに過度な労働とインターン間の競争を要求する事例が増えており、米国で社会問題となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 学校教育法施行規則の一部を改正する省令等について - 文部省初等中等教育局 2000年3月31日
  2. ^ インターンシップ情報 - 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
  3. ^ サイバーエージェント インターンシップ with Life is Tech! - サイバーエージェント 2012年2月17日
  4. ^ 1997年5月15日発表、翌16日閣議決定。
  5. ^ インターンシップの推進に当たっての基本的考え方 - 文部省通商産業省労働省 1997年9月18日
  6. ^ インターンシップ推進のための調査研究委員会報告書 - 厚生労働省職業安定局若年者雇用対策室 2005年3月18日
  7. ^ 『東京新聞』2010年9月21日朝刊23面 「にっぽんの就活2010 名ばかりインターン 売店、ソフト開発…まるでバイト 半年ただ働きの例も
  8. ^ 法政大学教授、労働政策審議会長。「インターンシップ等学生の就業体験のあり方に関する研究会」報告当時(1998年3月)の座長でもあった。
  9. ^ 第176回国会 参議院厚生労働委員会 2010年10月21日(議事録
  10. ^ ビザなし無給労働、摘発困難…韓国人インターン 読売新聞 2013年11月19日

関連項目[編集]