人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女性の人生。(1849年、米国)

人生(じんせい)とは、人間この世で生きることや、生きている時間経験などのことである。 人生に対する見方や、人生の意味の理解のしかたを人生観という。

人生の短さ、長さ[編集]

人生は短い、ということが言われている。かつては「人生わずか50年」などといった言い回しでそれを表現していた時代もある。

古代ギリシャから古代ローマへ、そして現代にまで伝わっている表現に"Ars longa, vita brevis."(芸の道は長く、人生は短い)がある。同様に、人生は短いので一日一日を大切にし精一杯生きるべし、といった内容の戒めの言葉は、多くの賢人たちが述べている。

数字の上では日本人の平均寿命はいくらか伸び、80年を超えはしたが、それでもやはり Ars longa, vita brevis であることに変わりはない、とも理解されている。

その一方で、人生は長い、とも表現されている。「長い人生では様々なことが起きる」ともしばしば言われる。「人生、山あり谷あり」とも言う。人生でのさまざまな経験や出来事を、織物模様に譬えて人生模様という[1]

人生観[編集]

西洋では聖書が人々に豊穣な人生観を提示してきた。東洋では仏典の中に同様の役割を果たすものがある。たとえば法華経は多くの人々に人生を生きる意味を教えている。

飯田史彦はある著書で、人生を一種の学校だととらえることができるとしている。壁を乗り越えることに意味があると考えるのではなく、壁があることに意味があり、壁に挑戦しているだけでもすでに意味がある、と考えることで、人生で起きるすべての出来事に意味があると考えつつ人生を前向きに生きてゆくことができる、と説明している[2]。また、飯田は別の著書で「自分たちは、ある法則のもとで人生を何度も繰り返しながら成長している」という人生観は人生について最も豊穣な意味づけを可能にする、と述べている[3]。この人生観を採用すると、「今の人生は、次の人生の下地となるものなのだから、今回の人生を日々大切に生きよう。そうすればその努力は次の人生に反映されるのだ」と希望を持って努力することができるという[3]

出典[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 飯田史彦 『人生の価値: 私たちは、どのように生きるべきか』 PHP出版、2003年ISBN 4569660401
  3. ^ a b 飯田史彦、吉田武男 『スピリチュァリティ教育のすすめ: 「生きる意味」を問い「つながり感」を構築する本質的教育とは』 PHP研究所、2009年

関連項目[編集]