報酬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

報酬(ほうしゅう、Remuneration、Employment compensation)とは、労働の対価に得る金銭のこと。

解説[編集]

雇用関係にある者にとっては給与賃金などとも呼ばれるほか、従属的労働に当たらない事業所得雑所得に該当する報酬も多岐に亘り存在する(外交員や検針人・集金人報酬、診療報酬委託報酬、士業報酬、芸能人出演料など)。雇用関係の有無を問わず、物の生産や移転を伴わず、自身のからだ一つで労働やサービスを提供することにより得られる対価であるというところに共通点がある。

報酬等[編集]

会社法第361条では取締役の報酬、賞与その他の職務執行の対価として株式会社から受ける財産上の利益(b:会社法第361条)について規定されている。

関連項目[編集]