脱硫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

脱硫(だつりゅう、英語:desulfurization)とは、石油工業やガス工業において、原料、製品に含まれている、有害作用を持つ硫黄分を除去することをいう。特にガソリンなどの場合には硫黄分が多いと加鉛効果が低下し、重油などの場合には、燃焼時に有害な亜硫酸ガスを発生させ、公害の原因となる。石油の脱硫方法としては悪臭の原因となるメルカプタンを酸化させ、においがしない二硫化物にするスイートニングがアルカリ処理と合わせる方法が古くから行われており、近頃ではほとんどすべてを除去する水素化脱硫が普及している。

関連項目[編集]