モスキート (音響機器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モスキート (Mosquito) とは、米国で開発された、超高周波を使った音響機器。商品名であるが、この考えを利用した他の物も「モスキート」ということがある。「モスキート」は英語で「」という意味である。

概要[編集]

イギリスの企業 Compound Security Systems が、セキュリティーシステムとして2005年から地元商店などに販売する。小型スピーカーから17キロヘルツという、非常に高周波数のブザー音が流れる。

高周波数の音は、年齢とともに徐々に聞こえ難くなるため、20代後半以降の者には気にならない者が多い。しかし、聞こえる者にとっては、かなり耳障りである。ただし、高周波数の可聴範囲は個人差が大きく、若年層以上でモスキート音が聞こえるために、強く不快に感じる者もいる。

FMラジオ及びアナログテレビ放送における音声信号の最高周波数は15キロヘルツなので[1]、アナログ放送ではモスキート音を体感できない。

使用例[編集]

以下のような例に効果的であるといわれている。

  • レストラン・書店などで、店内に長く居座っている者を追い出す
  • 万引きをしようとする者に対して、牽制する

2009年5月、東京都足立区は自治体初の試みとして、区立北鹿浜公園に英国製の17.6kHzの不快音を3分毎に出す装置を1台設置し、2010年3月まで検証する[2]。民間でも、新丸ビルの入口付近などで用いられる。 なお、迷惑行為をする若年層以上の者たちへの対策の問題や迷惑行為をする意思のない若年層も追い出す結果になるのではないかという問題も残る。

携帯電話の着信音[編集]

大人には聞こえにくいことを利用して、 携帯電話の着信音として用いる者もいる。「超高周波の音声ファイル」を携帯電話にダウンロードできるソフトや、販売サイトもある[3]

関連商品[編集]

CDの発売[編集]

ハドソンが2009年7月29日に「モスキート/MOSQUITO」のCDを発売した。周波数を変えた年齢チェックと、アラーム、メロディなど全18曲を収録。

おもちゃ[編集]

エポック社が年齢を予測するおもちゃである「トシバレール」を発売。日本おもちゃ大賞2010のイノベイティブ・トイ部門で優秀賞を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郵政省令「超短波放送に関する送信の標準方式」より。
  2. ^ 読売新聞2009年5月22日13S版34面
  3. ^ サンケイスポーツ (2006年6月16日). “携帯電話に「モスキート着信音」…米英の若者に大流行”. 2006年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]