ロンドンスモッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドンスモッグGreat Smog of 1952、London Smog Disasters)とは、1952年ロンドンで発生し、一万人以上が死亡した、史上最悪規模の大気汚染による公害事件である。現代の公害運動や環境運動に大きな影響を与えた。原因はSOxを中心とする面で日本の四日市ぜんそくと汚染の内容が共通している。

事件の概要[編集]

大スモッグの最中のロンドン市街地。かすむネルソン記念柱

ロンドンは冬に濃いが発生する事で知られているが、19世紀以降の産業革命石炭燃料の利用により、石炭を燃やした後の煙やすすが霧に混じって地表に滞留し、スモッグと呼ばれる現象を起こして呼吸器疾患など多くの健康被害を出していた。1950年代までの100年間にも10回ほどの大きなスモッグがあったが、その中でもっとも健康被害が大きくなったのが1952年である。

1952年12月5日から12月10日の間、高気圧がイギリス上空を覆い、その結果冷たい霧がロンドンを覆った。あまりの寒さにロンドン市民は通常より多くの石炭を暖房に使った。同じ頃、ロンドンの地上交通を路面電車からディーゼルバスに転換する事業が完了したばかりだった。こうして暖房器具や火力発電所、ディーゼル車などから発生した亜硫酸ガス(二酸化硫黄)などの大気汚染物質は冷たい大気の層に閉じ込められ、滞留し濃縮されてpH2ともいわれる強酸性の高濃度の硫酸の霧を形成した。

亜硫酸ガスのピーク濃度は、平常時に 0.1 ppm 程度だったものが 0.7 ppm 、浮遊煤塵の量は平常時に 0.2 mg/m3 だったものが 1.7 mg/m3 を超えていた[1]

この濃いスモッグは、前方が見えず運転ができないほどのものだった。特にロンドン東部の工業地帯・港湾地帯では自分の足元も見えないほどの濃さだった。建物内にまでスモッグが侵入し、コンサート会場や映画館では「舞台やスクリーンが見えない」との理由で上演や上映が中止された。同様に多くの家にもスモッグは侵入していた。人々は目が痛み、のどや鼻を痛め咳が止まらなくなった。大スモッグの次の週までに、病院では気管支炎、気管支肺炎心臓病などの重い患者が次々に運び込まれ、普段の冬より4,000人も多くの人が死んだことが明らかになった[2]。その多くは老人や子供や慢性疾患の患者であった。その後の数週間でさらに8,000人が死亡し、合計死者数は12,000人を超える大惨事となった[3]

その後の対策[編集]

この衝撃的な結末は大気汚染を真剣に考え直す契機になり、スモッグがすぐそこにある深刻な問題であることを全世界に知らしめた[3]。イギリスでは多くのすすを出す燃料の使用を規制し、工場などがすすを含んだ排煙を出すことを禁じる新しい基準が打ち出され、1956年1968年の「大気浄化法(Clean Air Act)」と、1954年の「ロンドン市法(City of London (Various Powers) Act 1954)」の制定につながった。

参考文献[編集]

  1. ^ 環境保全対策研究会編 『二訂・大気汚染対策の基礎知識』 (3版) 社団法人産業環境管理協会、2005年、2頁。ISBN 4-914953-69-2 
  2. ^ The Great Smog of 1952, metoffice.gov.uk, http://www.metoffice.gov.uk/education/teens/casestudy_great_smog.html 17 August 2008閲覧。 
  3. ^ a b Bell, Michelle L.; Michelle L. Bell, Devra L. Davis, Tony Fletcher (January 2004). “A Retrospective Assessment of Mortality from the London Smog Episode of 1952: The Role of Influenza and Pollution”. Environmental Health Perspectives 112 (1): 6–8. doi:10.1289/ehp.6539. PMC 1241789. PMID 14698923. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1241789. 

外部リンク[編集]