低排出ガス車認定制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

低排出ガス車認定制度(ていはいしゅつガスしゃにんていせいど)とは、自動車排出ガスからの有害物質の排出が、最新規制値よりどのくらい削減されているか示すための制度である。環境ラベリング制度のひとつ。

自動車国土交通省による低排出ガス車認定制度の認定を受けると、認定されたことを示すステッカー(低排出ガス車認定ステッカー)[1]がリアウィンドウに貼られる。この認定を受けた自動車は、排出ガスのレベルに応じて、自動車税自動車取得税を払う際に特例措置(軽減)の対象となる。

平成12年排出基準[編集]

  • 無印(排ガス記号GH-)
    平成12年排出ガス規制基準値をクリアした自動車
  • 良-低排出ガス(G-LEV、排ガス記号TA-、★)
    (平成12年排出ガス規制基準値より)有害物質を25%低減させた自動車
    • 平成17年規制値とあまり変わらない(排ガス記号ABA-)
  • 優-低排出ガス(E-LEV、排ガス記号LA-、★★)
    有害物質を50%低減させた自動車
  • 超-低排出ガス(U-LEV、排ガス記号UA-、★★★)
    有害物質を75%低減させた自動車

平成17年排出基準[編集]

低排出ガス車50%削減ステッカー
低排出ガス車75%削減ステッカー
  • 50%低減レベル(U-LEV、排ガス記号CBA-、★★★)
    (平成17年排出ガス規制基準値より)有害物質を50%以上低減させた自動車
  • 75%低減レベル(SU-LEV、排ガス記号DBA-、★★★★)
    有害物質を75%以上低減させた自動車

ハイブリッド車はBがAになり、貨物自動車は排ガス記号がEかFで終わる

エコカー減税[編集]

平成21年度(2009年度)税制改正において、自動車重量税・自動車取得税の特例措置(いわゆるエコカー減税)がとられ、環境対応車への買い替え・購入に対する補助金制度が6月19日から実施されている(エコカー補助金)。購入補助金については2008年からの世界同時不況に対する経済対策を含んでおり、経済危機対策が公表された2009年4月10日に遡り、2010年3月31日までに新車登録等をした車が対象になる。補助金については2009年度補正予算に3702億円が計上された。減税措置については「生活防衛のための緊急対策」として一定の環境性能を備えた自動車に対する自動車重量税・自動車取得税の減免措置が取られている(3年間の時限措置)[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 『2011年版 くらしの豆知識』 独立行政法人国民生活センター、2010年、248頁
  2. ^ 「世界同時不況下の経済対策と課題」国立国会図書館調査及び立法考査局(国立国会図書館ISSUE BRIEF No.647(2009.9.18))[1] PDF-P.13
  3. ^ 「環境性能に優れた自動車に対する自動車重量税・自動車取得税の特例措置」国土交通省[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]