非特定汚染源負荷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

非特定汚染源負荷(ひとくていおせんげんふか)とは、汚染源のうち、個別の排出源を特定できない排出源によってもたらされる負荷である。非特定汚染源負荷は、面源・移動発生源・ノンポイント汚染源とも呼ばれ、「Non-point Source」の訳語にあたる。

汚染源が特定でないため排出規制をすることがすることが難しく、面源全体での汚染は著しくても個別の排出源の排出が少量で排出意識に欠けやすく規制もしにくい。

概要[編集]

  • 水質

農地からの肥料や農薬、鯉養殖、路面水(油・重金属)など。 日本の湖沼などの閉鎖性水域に与えられている汚染物負荷量の半分以上は非特定汚染源からの流入であり、主な排出源は水田・畑地・市街地である。合流式下水道の雨天時越流水や高速道路の路面水、水田・畑地の施肥などに対する対策が検討されている。


  • 大気

自動車排気ガス、タイヤゴム由来の浮遊粒子状物質など。特にSPMに比べ対策が遅れているPM2.5が問題視されている。


脚注[編集]


関連項目[編集]


外部リンク[編集]