ジメチル水銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジメチル水銀
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 593-74-8
特性
化学式 C2H6Hg
モル質量 230.659 g/mol
外観 無色の液体
密度 2.96 g/ml, 液体
融点

-43 ℃

沸点

87 - 97 ℃

への溶解度 不溶
危険性
EU分類 猛毒 T+環境への危険性 N
EU Index 080-007-00-3
主な危険性 猛毒 (T+)
環境への危険性 (N)
Rフレーズ R26, R27, R28,
R33, R50, R53
Sフレーズ S13, S28, S36, S45,
S60, S61
引火点 N/A
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメチル水銀(ジメチルすいぎん、Dimethylmercury)は、無色の可燃性の液体で、最も強い神経毒の一つである。わずかに甘い香りを持つとされている。0.001ml吸入しただけで致命的である。ジメチル水銀の高い蒸気圧では、どのように漏洩したとしても直ちに危険なレベルに達する。分子は直線形である。

システイン錯体を形成するため、ジメチル水銀は容易に血液脳関門を突破する。ジメチル水銀はこの錯体から非常にゆっくりと遊離するため、生物濃縮される傾向がある。中毒の兆候は暴露より何か月も遅れて現れるため、効果的な治療を行うのに手遅れになる恐れがある。

ジメチル水銀は速やかにラテックスPVCポリイソブチレンネオプレンを通過し、皮膚を通して吸収される。したがって、ほとんどのゴム手袋は手を保護するために不十分である。唯一の安全策は、長い折り返しのついたネオプレン手袋などの下に、強力なラミネート加工をされた手袋をしてジメチル水銀を扱うことである。また、換気フードの下で顔にシールドをつけて扱うことも重要であると示されている[1]

アメリカ合衆国ダートマス大学の化学教授カレン・ヴェッターハーン (Karen Wetterhahn) は、1996年8月にラテックス手袋に数滴のジメチル水銀をこぼし、被曝した。5か月以内に水銀中毒の症状を示し、治療が行われたが、更に5か月後に死亡した。これにより、ジメチル水銀の毒性が注目されることとなった[2]

使用[編集]

ジメチル水銀はその強力な毒性のため、一定の判断の基準として、毒物学実験にしばしば使われる。また、毒性の弱い水銀化合物の方が好まれるが、水銀の検出用のNMR器具を調整する際にも使用されている[3][4]

参考文献[編集]

  1. ^ Simon Cotton, Dimethylmercury and mercury poisoning. The Karen Wetterhahn story. Molecule of the Month.
  2. ^ Hazard Information Bulletin - Dimethylmercury. OSHA Safety and Health Information Bulletins (SHIBs), 1997-1998
  3. ^ Chris Singer (1998年3月10日). “199Hg Standards”. 2006年11月19日閲覧。
  4. ^ Roy Hoffman (2007年2月21日). “Mercury NMR”. ...

関連項目[編集]

外部リンク[編集]