ビス(トリメチルシリル)水銀(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビス(トリメチルシリル)水銀(II)
{{{画像alt1}}}
特性
化学式 C6H18HgSi2
モル質量 346.97 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ビス(トリメチルシリル)水銀(II)(ビス(トリメチルシリル)すいぎん に、: bis(trimethylsilyl)mercury(II))は、化学式が (CH3)3-Si-Hg-Si-(CH3)3 と表される水銀化合物である。

合成[編集]

ビス(トリメチルシリル)水銀は1963年にウィーベリ (Wiberg) が、ナトリウムアマルガム臭化トリメチルシリルの反応によって初めて合成された[1]

2 Na + Hg + TMSBr → TMS2Hg + 2 NaBr

反応[編集]

100-160 °Cで長時間加熱するか、エーテル溶液を光に当てることによってヘキサメチルジシランに分解する[1]

TMS2Hg → (CH3)3Si-Si(CH3)3 + Hg

塩化水素と反応させることで、塩化トリメチルシラントリメチルシリルが生じる[1]

TMS2Hg + HCl → TMSH + TMSCl + Hg

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wiberg, E. (1963). “Recent Developments in the Chemistry of Metal Silyls of the Type M(SiR3)n”. Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 2: 507. doi:10.1002/anie.196305071.