ジエチル水銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジエチル水銀
Diethylmercury
識別情報
CAS登録番号 627-44-1
特性
化学式 C4H10Hg
モル質量 258.71 g/mol
外観 無色の液体
匂い ハシバミに似た香り
密度 2.446 g/ml, 液体
融点

<25℃

沸点

159℃

への溶解度 不溶
危険性
Rフレーズ R26, R27, R28,
R33, R50, R53
Sフレーズ S13, S28, S36, S45,
S60, S61
引火点 <21℃
関連する物質
関連物質 ジメチル水銀
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジエチル水銀(ジエチルすいぎん、: Diethylmercury)は、化学式C4H10Hgで表される有機水銀化合物。可燃性のある無色の液体で、極めて強い神経毒性を持つ。水俣病の原因物質のひとつである。わずかに甘い香りがあり、この物質の漏洩に気付くことができる[1]が、蒸気は有毒である。


安全性[編集]

日本の法令下では、毒物および劇物取締法により毒物に、消防法により第4類危険物に分類される。 ラットに経口投与した場合の半数致死量(LD50)は51ないし44mg/kg。蒸気を吸入した場合の半数致死濃度(LC50)はラットで258mg/m3、マウスで91mg/m3のデータがある[2]。摂取すると、主として中枢神経系に影響を及ぼす。血液脳関門を通過し、脳への回復不能な損傷とIQの低下を生じることがある。光の曝露により分解し、強酸や強酸化剤と激しく反応する[2]。燃焼により、水銀化合物を含む有害ガスを生じる[2]

脚注[編集]