チオシアン酸水銀(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チオシアン酸水銀(II)
Mercury(II) thiocyanate
識別情報
CAS登録番号 592-85-8
特性
化学式 Hg(SCN)2
モル質量 316.79 g/mol
外観 白色の単斜晶系結晶
密度 3.71 g/cm3、固体
融点

165℃で分解

への溶解度 0.070 g/100 mL
希塩酸への溶解度 可溶[1]
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
 
3
 
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオシアン酸水銀(II): Mercury(II) thiocyanate)は二価の水銀チオシアン酸塩で、化学式Hg(SCN)2で表される無機化合物

性質[編集]

ブドウ糖などを補助燃料として点火すると分解し、蛇花火のように膨張する[2]。この時に発生する水銀蒸気は有毒である。

生成[編集]

塩化水銀(II)などの二価の水銀化合物を、チオシアン酸カリウムなどのチオシアン酸塩溶液に混ぜるとチオシアン酸水銀(II)の沈殿を生じる。

安全性[編集]

日本の毒物及び劇物取締法では毒物に分類される。半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で46mg/kg、ラットへの経皮投与で685mg/kg。ヒトの目や皮膚に刺激性があり、摂取すると腎臓中枢神経に中毒症状を及ぼす。グラスシュリンプの96時間半数致死濃度(LC50)は0.09mg/Lと、水生生物に対する毒性がある[3]

脚注[編集]