硫黄酸化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

硫黄酸化物(いおうさんかぶつ、: sulfur oxide)は、硫黄酸化物の総称。一酸化硫黄 (SO)、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)(SO2)、三酸化硫黄 (SO3) などが含まれる。化学式から SOx (ソックス)と略称される。

概要[編集]

石油石炭など硫黄分が含まれる化石燃料燃焼させることにより発生する。大気汚染酸性雨などの原因の一つとなる有毒物質。また、自然界においても火山ガスなどに含まれている。

硫黄酸化物はと反応することで、硫酸亜硫酸を生じる。

1960年代から1970年代には、石油石炭を燃やすときに排ガス処理装置をつけていなかったため、産業活動の活性化に伴い硫黄酸化物が大量に排出され、大気汚染の原因となった。特に三重県四日市市コンビナートでは、四日市ぜんそくとしても知られる公害病が発生し、社会問題となった。現在では、大気汚染防止法によって環境基準が定められるとともに、光触媒を用いた酸化物浄化技術や排煙脱硫技術の進歩、脱硫した軽油の使用などによって、硫黄酸化物の大気中濃度は大幅に改善されている。

一方、中国で発生した硫黄酸化物が偏西風によって日本に運ばれ、大気汚染や酸性雨の原因となることが懸念されてきている。国立環境研究所の調査では、日本で観測される硫黄酸化物のうち 49% が中国起源のものとされ、続いて日本 21%、火山 13%、朝鮮 12% とされている。

関連項目[編集]