一酸化硫黄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一酸化硫黄
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 13827-32-2 チェック
PubChem 114845
ChemSpider 102805 チェック
MeSH sulfur+monoxide
ChEBI CHEBI:45822 ×
ChEMBL CHEMBL1236102 ×
バイルシュタイン 7577656
Gmelin参照 666
特性
化学式 SO
モル質量 48.064 g mol−1
精密質量 47.966985312 g mol−1
外観 無色気体
への溶解度 反応
log POW 0.155
熱化学
標準生成熱 ΔfHo 5.01 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 221.94 J K−1 mol−1
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
3
4
関連する物質
関連物質 三重項酸素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

一酸化硫黄(いっさんかいおう、sulfur monoxide)は硫黄酸化物の一種で化学式は SO である。非常に不安定な化学種であり単離された例はない。空気中では即座に酸化され二酸化硫黄となる。

基底状態で三重項の電子配置を取り、これは類縁体である酸素分子 (O2) と同様である[2]。基底状態で三重項の電子配置をとる化合物は珍しく、同じく類縁体である S2 が一重項であるのと対照的である。

S−O結合長は148.1 pmであり、低級硫黄酸化物(例: S8O, S−O = 148 pm)で見られる結合長と同様であるが、ガス状のS2O (146 pm)、SO2 (143.1 pm)、SO3 (142 pm) よりも長い[2]

木星の衛星イオの火山ガスがプラズマ化したものなど、星間物質の中に含まれているとされる[3]

生体内での硫黄代謝などに関する興味から研究が行われており、いくつかの化学的発生法が知られている。一酸化硫黄の生成はジエンなどで捕捉することによって確認される[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ sulfur monoxide (CHEBI:45822)”. Chemical Entities of Biological Interest. UK: European Bioinformatics Institute. 2011年10月27日閲覧。
  2. ^ a b Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  3. ^ Russell, C. T.; Kivelson, M. G. Detection of SO in Io's exosphere. Science 2000, 287, 1998-1999. DOI: 10.1126/science.287.5460.1998.
  4. ^ Abu-Yousef, I. A.; Harpp, D. N. Effective precursors for sulfur monoxide formation. J. Org. Chem. 1997, 62, 8366-8371. DOI: 10.1021/jo9709864.
  5. ^ Grainger, R. S.; Procopio, A.; W. Steed, J. W. A novel recyclable sulfur monoxide transfer reagent. Org. Lett. 2001, 3, 3565-3568. DOI: 10.1021/ol016678g.

関連項目[編集]