公害病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公害病(こうがいびょう)は、人間の産業活動により排出される有害物質により引き起こされる病気である。

概要[編集]

人体に有害な物質が、水(地下水や河川水)、空気中の浮遊物、ガス、食物などを通じ、引き起こされる。狭義には、環境基本法に定義される公害が原因となる、大気汚染が原因のぜんそく水質汚濁が原因の有機水銀中毒やカドミウム中毒、大気や川のヒ素汚染による慢性ヒ素中毒などがあげられる。近年は広義で、シックハウスが原因の揮発性有機化合物等の吸引によるアトピーアレルギーも公害病と呼ばれることがある。

四大公害病[編集]

日本では、特に高度経済成長期、つまり1950年代後半から1970年代に、公害により住民へ大きな被害が発生した。このうち被害の大きいものを「四大公害病」という。

水俣病
1956年熊本県水俣湾で発生した有機水銀による水質汚染底質汚染を原因とし、魚類の食物連鎖を通じて人の健康被害が生じた。
第二水俣病(新潟水俣病)
1964年新潟県阿賀野川流域で発生した有機水銀による水質汚染や底質汚染を原因とし、魚類の食物連鎖を通じて人の健康被害が生じた。
四日市ぜんそく
1960年から1972年三重県四日市市で発生した。主に亜硫酸ガスによる大気汚染を原因とする。
イタイイタイ病
1910年代から1970年代前半に富山県神通川流域で発生したカドミウムによる水質汚染を原因とし、米などを通じて人々の骨に対し被害を及ぼした。

その他の公害病[編集]

アトピー
多くの有害物質が一般環境中に放出されており、複合的に症状が表れるとも考えられている。
土呂久砒素公害
砒素焼きをしていた宮崎県高千穂町の旧土呂久鉱山のまわりに慢性ヒ素中毒患者が発生した。1971年に告発され、環境庁も認定し、鉱業権をもった企業への裁判もあった。
西淀川公害訴訟
 大阪市西淀川区の工場建設の増加による硫黄酸化物などの排出や交通量増加による排ガスによる公害病。第1次訴訟から第4次訴訟にわたり延べ726人が原告となった日本最大の公害訴訟。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]