消費主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャカルタのショッピングモールの電器店(2004年)

消費主義(しょうひしゅぎ、Consumerism)とは、大量の財・サービスの購入を奨励するような社会的・経済的要求。この用語はソースティン・ヴェブレンによる消費批判から始まったとされている。ヴェブレンの主張によれば、20世紀前後の新興中産階級の出現に伴って発生し[1]、20世紀末のグローバリゼーションの過程を経て定着したとされる。この用法では、消費者主義は一般的にメディア文化の一つだとされている。

場合によっては、消費主義という語は消費者運動消費者保護を指す事もある。これは消費者に告知・保護を与え、正直なパッケージ表示・広告・製品保証・安全基準遵守を要求する運動である。この用法では、製品・サービス・手段・製造基準・販売者・広告などにおいて、買い手中心にの政策規制を要求する運動をさす[2]

経済学においては、消費主義とは消費を重視した経済政策を指す。大まかに言えば、消費者による自由選択を社会経済構造の主軸として据えなければならないという信条である(類似にproducerismがあり、これは英国的な用語に近い)[3]

歴史[編集]

批判[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Veblen, Thorstein (1899): The Theory of the Leisure Class: an economic study of institutions, Dover Publications, Mineola, N.Y., 1994, ISBN 0-486-28062-4. (also available: Project Gutenberg e-text)
  2. ^ consumerism, answers.com
  3. ^ "Consumerism". Britannica Concise Encyclopedia Online. 2008.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]