ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス
オーストリア学派
生誕 1881年9月29日
オーストリア=ハンガリー帝国,ガリツィア,レンベルク (今のウクライナ,リヴィウ)
死没 1973年10月10日(92歳)
ニューヨーク州ニューヨークシティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 ウィーン大学 (1919-1934)
Institut Universitaire des Hautes Études Internationales, ジュネーヴ, スイス (1934-1940)
ニューヨーク大学 (1945-1969)
研究分野 経済学, 政治経済学, 歴史哲学, 認識論, 合理主義, 古典的自由主義, 自由意志論
影響を
受けた人物
イマヌエル・カント, フレデリク・バスティア, オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルク, フランツ・ブレンターノ, エドムンド・ハッサール, カール・メンガー, ジャン=バプティスト・セイ, アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー, マックス・ウェーバー, フリードリヒ・フォン・ヴィーザー
影響を
与えた人物
モーリス・アレ, ベンジャミン・アンダーソン, ピーター・バウアー, ウォルター・ブロック, ジェイムズ・M・ブキャナン, ミルトン・フリードマン, フリードリヒ・ハイエク, ヘンリー・ハズリット, ジョン・ヒックス, ハンズ=ハーマン・ホップ, ジーザス・フエルタ・デ・ソト, ウィリアム・ハロルド・ハット, イスラエル・カーズナー, ルードヴィヒ・ラッハマン, オスカル・ランゲ, ロン・ポール, ラルフ・ライコ, ジョージ・レイズマン, ライオネル・ロビンズ, ロウ・ロックウェル, マレイ・ロスバード, ジョセフ・サレルノ, ピーター・シフ, ヨーゼフ・シュンペーター, アルフレート・シュッツ, ハンス・セノルツ, ヘンリー・サイモンズ, ヴァーノン・スミス
実績 人間行動学, 経済計算論争, 方法二元論
テンプレートを表示

ルードヴィヒ・フォン・ミーゼス(Ludwig von Mises、1881年9月29日 - 1973年10月10日)は、オーストリア=ハンガリー帝国出身の経済学者であり、現代自由主義思想に大きな影響を及ぼした。著名な弟子にフリードリヒ・ハイエクがいる。

略歴[編集]

生涯[編集]

  • オーストリア学派を代表する最後の代表人物の一人と見なされている。オーストリア学派は、1870年代のカール・メンガー、その弟子のフリードリッヒ・ヴィーザーやオイゲン・フォン・ベーム=バヴェルクによって発展したが、1930年代には急速に消滅しつつあり、結局は新古典派経済学の主流と合流したといえよう。
  • 古典的自由主義のために広範な著述や講演をおこなった。
  • 経済計算論争などで計画経済を鋭く批判したことで知られている。
  • 同時にファシズム左翼に分類した保守派の経済学者で、門人ハイエクにもその右派としての思想は受け継がれている。
  • 貨幣景気理論も有名である。
  • 門下生による伝記に『ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス 生涯とその思想』(イスラエル・M・カーズナー/尾近裕幸訳、春秋社、2013年)がある。

著書[編集]

  • 1902年 Die Entwicklung des gutsherrlich-bäuerlichen Verhältnisses in Galizien (1772-1848).
  • 1912年 Theorie des Geldes und der Umlaufsmittel.
  • 1919年 Nation, Staat und Wirtschaft: Beiträge zur Politik and Geschichte der Zeit.
  • 1920年 Die Wirtschaftsrechnung im sozialistischen Gemeinwesen.
  • 1922年 Die Gemeinwirtshaft: Untersitchungen über den Sozialismus.
  • 1923年 Die geldtheoretische Seite des Stabilisierungsproblems.
  • 1924年 Theorie des Geldes und der Umlaufsmittel第2版. 東米雄訳『貨幣及び流通手段の理論』実業之日本社, 1949年. 日本経済評論社, 1980年, 2004年(オンデマンド版)
  • 1927年 Liberalismus.
  • 1928年 Geldwertstabilisierung and Konjunkturpolitik.
  • 1929年 Kritik des Interventionismus: Untersuchungen zur Wirtschaftspolitik und Wirtschaftsideologie der Gegenwart.
  • 1931年 Die Ursachen der Wirtschaftskrise: Ein Vortrag.
  • 1932年 Die Wirtschaftsrechnung第2版
  • 1933年 Grundprobleme der Nationalökonomie.
  • 1934年 The Theory of Money and Credit(上記Theorie des Geldes und der Umlaufsmittelの英訳)
  • 1936年 Socialism(上記Die Gemeinwirtschaftの英訳)
  • 1940年 Nationalökonomie: Theorie des Handelns und Wirtschaftens.
  • 1940年 Interventionism: An Economic Analysisを執筆(出版されたのは1998年)
  • 1940年-1944年 アメリカ亡命を機にウィーン時代を振り返る自伝的文章を執筆
  • 1944年 Omnipotent Government: The Rise of the Total State.
  • 1944年 Total War and Bureaucracy.
  • 1947年 Planned Chaos執筆(1951年のSocialismのエピローグとして掲載されるもの)
  • 1949年 Human Action: A Treatise On Economics (上記Nationalökonomie: Theorie des Handelns und Wirtschaftensに基づいての英語版)
  • 1951年 Socialism新版
  • 1952年 Planning for Freedom: And Other Essays and Addresses.
  • 1953年 The Theory of Money and Credit(新たに"Monetary Reconstruction"の章を含む)
  • 1956年 The Anti-Capitalistic Mentality.
  • 1957年 Theory and History.
  • 1960年 Epistemological Problems of Economics(上記Grundprobleme der Nationalökonomieの英訳)
  • 1962年 The Ultimate Foundation of Economic Science. 村田稔雄訳『経済科学の根底』日本経済評論社, 2002年
  • 1962年 The Free and Prosperous Commonwealth(上記Liberalismusの英訳)
  • 1963年 Human Action第2版
  • 1966年 Human Action第3版. 村田稔雄訳『ヒューマン・アクション』春秋社, 1991年
  • 1978年 Notes and Recollections. 上記の自伝的文章
  • 1979年 Economic Policy: Thoughts for Today and Tomorrow. 村田稔雄訳『自由への決断--今日と明日を思索するミーゼスの経済学』広文社, 1980年. 1959年に行ったアルゼンチン旅行の際の講演記録
  • 1998年 Interventionism: An Economic Analysis(上記1940年の著作)
  • ミーゼスの殆どの著書はmises instituteから無料ダウンロードできる。

関連項目[編集]