フランツ・ブレンターノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ブレンターノ

フランツ・ブレンターノ(Franz Clemens Honoratus Hermann Brentano,1838年1月16日-1917年3月17日)は、オーストリア哲学者心理学者。その哲学思想は、エドムント・フッサール現象学アレクシウス・マイノング対象論などに多大な影響を与えた。


生涯[編集]

アシャフェンブルクの生まれ。ブレンターノ家は、イタリア出身の名門一家で、彼の伯父は、ドイツロマン主義の有名な小説家、クレメンス・ブレンターノであり彼の弟ルヨ・ブレンターノ経済学者としてその名を残している。父であるクリスティアン・プレンターノも著述家であった。ブレンターノ一家は、敬虔なカトリック一家で、彼もそのような雰囲気の中で育った。

ミュンヘンヴュルツブルクベルリンミュンスターの各大学で哲学神学を学び1862年テュービンゲン大学で学位取得。1864年にカトリックの司祭に、1866年にヴュルツブルク大学に教授資格を取得。しかし、司祭職に関しては、哲学的動機により、カトリックの教義に疑念を持つようになり、1873年に辞任した。これが波紋となり、ヴュルツブルク大学も去り、1874年にウィーン大学へ。この年に、「経験的立場からの心理学」を出版。1880年には、ウィーン大学の教授を辞し、同大の私講師に。この頃にはフッサールがブレンターノの講義を聞きに来ていた。しかし、1895年には教職を辞して、フィレンツェに移住。1914年には勃発した第一次世界大戦をさけ、チューリッヒへ移住。同地で1917年没した。79歳だった。

思想[編集]

彼はドイツ観念論のような思弁による概念構成の哲学を退け、経験的立場からの哲学を主張した。さらに、現象を心的現象と物的現象とに分け、この心的現象の根本的な特徴として「志向性」(あるいは指向性,Intentionalität)という概念を導入して、「対象への関係」への意識の働きに注目した。この意識の志向性の概念は、現象学や心理学へ大きな影響を与えた。他にアリストテレス研究や哲学史美学形而上学認識論などに業績を持つ。

著作[編集]

  • 「アリストテレスによる存在者のさまざまな意味について」
  • 「経験的立場からの心理学」Psychologie vom empirischen Standpunkt.
  • 「道徳的認識の源泉について」Vom Ursprung sittlicher Erkenntnis.
  • 「心的現象の分類について」Von der klassifikationen der psychischen phänomene.

など