ガリツィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリツィア

Alex K Halych.svg

ガリツィアの紋章

Ukraine-Halychyna.png

  ガリツィアの地図(20世紀)

Центр Львова 2.jpg

リヴィウの中心部

Church in Museum of Folk Architekture, Lvov, Ukraine 2007.jpg

ガリツィアの農村教会

The castle in Olesko (Ukraine) 1.jpg

オレシコ城

ガリツィアウクライナ語: Галичина、ハルィチナー[1])は、現在のウクライナ南西部を中心とした地域である。18世紀末からポーランド最南部も含まれることもある。住民は主にウクライナ人で、西部にはポーランド人も住んでいる。紅ルーシとも呼ばれた。現代では、東欧に跨る地域となっている。

「ガリツィア」という名称は、ラテン語化されたウクライナ語の「ハルィチナー」という名前に由来する。「ハルィチナー」は「ハールィチの国」または「ハールィチの土地」といった意味[2]で、西ウクライナウクライナ語版にあるハールィチという町名を起源としている。

概要[編集]

キエフ大公国時代[編集]

981年に、ヴラジーミル聖公によってキエフ大公国に編入された。1087年には、ハールィチ公国が置かれた。1200年には、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国(ハールィチ・ヴォロドィームィル公国)領となった。11世紀には、ポーランド王国の影響力が及ぶようになった。

キエフ大公国の崩壊後、ルーシの地にはリューリク朝の血縁関係による多くの公国が乱立し、覇権を争った。そうした中、ハールィチ・ヴォルィーニ公国はドニエストル川沿いの都市ハールィチを中心に繁栄した。その領土となった一帯を指す「ガリツィア」という地名は、ハンガリーエンドレ2世によって使用され始めたラテン名であるといわれる。13世紀当時、ハールィチ・ヴォルィーニ公国はハンガリーの影響下にあった。その後、中心都市はヘルムリヴィウへと移っていき、ハールィチは廃れていった。

ポーランド・リトアニア時代[編集]

ハールィチ・ヴォルィーニ公国は最盛期にはルテニア・ウクライナ随一の勢力を誇ったが、ヴラジーミル大公国リトアニア大公国など他国との競合に敗れ滅亡した。1349年ハールィチ・ヴォルィーニ戦争では、カジミェシュ3世率いるポーランド王国にガリツィアとハールィチは共に編入され、リトアニアがヴォルィーニを獲得した。

その後、ポーランド・リトアニア共和国に領有されるようになった。これによりこの地域は政治情勢が安定、300年以上にわたる繁栄の時代を迎えた。

17世紀半ばに入ると、(主に気候変動による不作と推定される原因で)この地域の経済状態が悪化、農地の寡占化が進み、大地主と小地主の間に大規模な土地争いが始まる。1648年1655年には、リヴィウがウクライナ・コサックヘーチマンボフダン・フメリニツキーによって攻撃を受けた。その後、ポーランド・リトアニア連合の勢力は目に見えて衰え始めた。

オーストリア帝国時代[編集]

1772年には第1回ポーランド分割が行われ、ガリツィアはオーストリア帝国ガリツィア・ロドメリア王国になった。1848年5月2日には、ガリツィアにおける最初のウクライナの政治組織ルーシ・ラーダが置かれた。1867年には、オーストリアはハンガリーと連合し、オーストリア・ハンガリー帝国となった。これ以降、かつてハンガリーの支配下に置かれた経緯のあるガリツィアに対し、ハンガリーは一定の影響力を行使するようになった。

第一次世界大戦[編集]

1914年第一次世界大戦が勃発すると、当初ロシア軍が侵攻してレンベルクなどを占領したが(ロシアの東ガリツィア占領 (1914年–1915年)英語版)、その後軍が奪回した。1916年ブルシーロフ攻勢で再度ロシア軍が占領したが同盟側の攻勢で奪回、ロシアではロシア革命が勃発し、1918年ブレスト・リトフスク条約により東部戦線は終結した。

現代へ[編集]

戦間期のポーランド南東部と歴史的なヴォルィーニ(Wolhynien)・ガリツィア(Galizien)地方

第一次世界大戦後の1918年に西部は独立したポーランド共和国の領土とされた(タルノプジェク共和国英語版)。一方、東部ではウクライナ人勢力により西ウクライナ人民共和国の独立が宣言された。ポーランドは同国に侵攻し、軍事力のもとに屈服させた。その後、赤軍勢力によるガリツィア・ソビエト社会主義共和国英語版が建国されたが、赤軍はポーランド・ソビエト戦争に敗れ、1923年までにガリツィア全域がポーランド領となった。これにより、ポーランドはかつてのような大きな国土を領有するようになった。

第二次世界大戦前、ポーランドは分割され西ウクライナウクライナ語版はハンガリー、ルーマニア、そしてソ連によって支配を受けるようになった。戦後は西ウクライナは一括してソ連領となり、ガリツィアもウクライナ・ソビエト社会主義共和国に編入された。ソ連の崩壊後は、独立したウクライナの領土となって今に至っている。

紋章[編集]

(1) は13世紀初頭の最も古いとされるガリツィアの地章である。古今のウクライナ語では「ハルィチナー」と「ハルカ」(ニシコクマルガラス)の発音が類似しているので、この鳥を地章のモチーフにしたといわれる。(2) はハールィチ・ヴォルィーニ大公国の国章である。14世紀にはガリツィアの首都はハールィチからリヴィヴに遷都された。ウクライナ語ではリヴィヴは「レーヴの町」(ライオンの町)という意味で、ガリツィアの地章はカラスからライオンに変わったと思われる。19世紀のガリツィアは「ガリツィア・ロドメリア(ハールィチ・ヴォルィーニ)の王国」としてオーストリア帝国の一部となり、(3) の新しい「王国章」をもらった。中世時代のハルィチナーの「カラス」と、ポーランドの最南部の地章、「三つの冠」をあわせて創った紋章である。現在ウクライナのリヴィウ州の (4) の州章は、若干変更された中世時代のハルィチナーの国章である。

主要河川[編集]

現代の主要都市[編集]

周辺の歴史的地域[編集]

ガリツィアに因むもの[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポーランド語: Galicja ガリーツャロシア語: Галиция ガリーツィヤドイツ語: Galizien ガリーツィエン, ハンガリー語: Gáczország ガーチョルサーグ英語: Galicia
  2. ^ -на」は一般に「土地の広がり」、「領域」を現す接尾辞である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]