リヴィウ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィウ州
Львівська область
リヴィウ州の旗 リヴィウ州の印
州旗 州章
リヴィウ州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地 リヴィウ
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第17位
21,833 km²
? km²
? km² (?%)
人口2006年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第5位
2,555,834
119.54人/km²
地区 20
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
 - うち村の数

44
34
1,849
ISO 3166-2:UA UA-46 
電話番号コード +380-32
公式サイト 合同庁

リヴィウ州(リヴィウしゅう、ウクライナ語: Львівська областьリヴィーウスィカ・オーブラスチラテン文字転写: L’vivs’ka oblast’)は、ウクライナ西部のオーブラスチ(州)である。日本語慣用名ではしばしばリヴィフ州(リヴィーウ州)あるいはリビウ州ロシア語名ではリヴォフ州(リヴォーフ州)、ポーランド語名ではルヴフ州となる。州都はリヴィウ。人口は259万人。

歴史[編集]

中欧の中心地にあることやカルパティア山脈への入口としての州の戦略的位置によって、、州の帰属は歴史的に変遷が多かった。モラヴィア王国キエフ大公国ポーランド王国などがこの地を統治していた。1200年頃から1340年まではハールィチ・ヴォルィーニ大公国として独立しており、その後ポーランド・リトアニア連合によって統治された(1340年から1772年)。

1772年から1918年にかけてはオーストリア・ハンガリー帝国が統治した。第一次世界大戦におけるオーストリア・ハンガリー帝国の敗戦により同地では西ウクライナ人民共和国が建国されたがポーランド・ウクライナ戦争に敗れて滅亡した。ウクライナ勢力はその後赤軍と合流してポーランド・ソビエト戦争を戦ったが、再び敗れて1920年から同地域はポーランド領となった(ポーランド第二共和国のルヴフ県の一部として)。ポーランドによる統治は約20年継続したが、ウクライナ系の住民を中心にポーランド領であることを好んだわけではなかった。

1939年9月に、独ソ不可侵条約秘密議定書に基づき、ポーランドがドイツとソ連に分割占領されると、ソ連に編入され、ソ連内のウクライナ・ソビエト社会主義共和国領となった。独ソ戦中の1941年から1944年にかけてはドイツが占領したが、ソ連が第二次世界大戦に勝利したことにより、再びソ連領となった。

戦後は10年ほどウクライナ蜂起軍を中心とした激しい独立運動が展開され、一時は大半の地域をウクライナ独立派が掌握するに到った。しかし、ポーランド軍ソ連軍の軍事作戦やウクライナ人居住区の武力的・政治的弾圧により、この独立運動は悲惨な結果に終わった。これ以降は武力抗争は影を潜め、1960年代ソ連は大きな繁栄をおさめることとなった。

1991年にはウクライナが独立し、リヴィウ州はその一部となった。

地理[編集]

母語話者(リヴィウ州) 2001
ウクライナ語
  
95.3%
ロシア語
  
3.8%

地形は多様であり、丘陵地帯から草原や森林まである。

人口[編集]

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

  • 総人口&00000000026265000000002,626,500人[1]
  • 都市人口&00000000015587000000001,558,700人(59%);農村人口:&00000000010678000000001,067,800人(41%)[2]
  • 性別人口:男性&00000000012451000000001,245,100人(47%);女性&00000000013814000000001,381,400人(53%)[3]

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの総人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  2. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの都市人口・農村人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  3. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの性別人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]