左岸ウクライナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左岸ウクライナ

Ukraine-Livoberezzhya.png

  左岸ウクライナの地図(18世紀)。

Троїцький монастир.jpg

チェルニーヒウの生神女就寝修道院。

左岸ウクライナ(さがん―;ウクライナ語Лівобережна Україна)は、ドニプロ川の左岸(東岸)に広がるウクライナの歴史的地名である。現在のキエフ州チェルカースィ州の東部、チェルニーヒウ州ポルタヴァ州、およびキエフの周辺にあたる地域である。

概要[編集]

「左岸ウクライナ」という地名は17世紀後半以降の史料で見られる。1667年アンドルーシウ条約によりウクライナのコサック国家ポーランドロシアの間に分割されると、キエフを含むドニプロ川の左岸に位置するコサック国家の領土はロシアの支配下に置かれ、「左岸ウクライナ」と呼ばれるようになった。

左岸ウクライナにおいてヘーチマンを棟梁とするコサックの自治制が存在していたが、1709年大北方戦争中にヘーチマンのイヴァン・マゼーパが反ロシアの放蜂起を起こしたことによりコサックの自治権が大きくに削減され、1722年にヘーチマンの政府が廃止された。1734年までにコサックの統制を行ったのはロシア政府の機関、小ロシア委員会であった。その後ヘーチマン政府は、一時期に回復されたものの、1764年に最終的に廃止されることとなった。このことによりコサック国家は事実上亡ぼされ、1781年にコサックの地域においてチェルニーヒウ代官地ノーヴホロド・シーヴェルシクィイ代官地キエフ代官地が設置された。さらに、1796年に当代官地は小ロシア県として統一されが、1802年に当県はチェルニーヒウ県ポルタヴァ県に分割された。

1917年に左岸ウクライナはウクライナ人民共和国の一部となったが、1918年から1919年にかけて続いたウクライナの内戦期の末にボリシェヴィキ系のウクライナ・ソビエト社会主義共和国の領土となった。

現在、1991年ソ連から独立したウクライナが左岸ウクライナを所有している。しかし、チェルニーヒウ地方の一部であるスタロドゥブの地域はロシアベラルーシの支配下に置かれている。

参考文献[編集]

  • (日本語) 『ポーランド・ウクライナ・バルト史 』/ 伊東孝之,井内敏夫,中井和夫. 山川出版社, 1998.12. (新版世界各国史 ; 20)

外部リンク[編集]