ポジーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポジーリャ

Alex K Podolia.svg

ポジーリャの紋章。

Ukraine-Podiliya.png

  ポジーリャの地図(20世紀)。

Kamianets-Podilskyi-1.jpg

カームヤネツィ城。

Vinnitsa Dominician costel 1758.jpg

ヴィーンヌィツャの大聖堂。

ポジーリャウクライナ語Поділля[1])は西ウクライナに位置する歴史的地名である。現在ウクライナのヴィーンヌィツャ州フメリヌィーツィクィイ州テルノーピリ州の南部と沿ドニエストルに当たる。中世時代にはポヌィージャウクライナ語Пониззя)とも呼ばれた。

地理[編集]

ポジーリャは、「高地の麓」を意味している。当地方は、南ブーフ川の流域とドニステル川の左の支流地帯を占めている。

ポジーリャの地形は平地が多く、北の高地は次第に平原に変わっている。最大の河川は、モルドヴァと境界線の役割を果たしているドニステル川と、沢と沼地を流れる南ブフ川である。土壌は、農業に相応しい黒土となっている。

最大の都市は、カームヤネツィ=ポジーリシクィイブラーツラウヴィーンヌィツャフメリヌィーツィクィイである。

ポジーリャの面積は約6万1千km2で、人口は約4百万人以上である。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ポジッリャポドリアポドリヤとも呼ばれる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]