イヴァン・マゼーパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴァン・マゼーパ
Kurylas1926.jpg
Alex K Ivan Mazepa.svg
生没 1639年3月20日 - 1709年9月21日
生誕地 ポーランド王国マゼープィンツィ
死没地 モルダヴィアベンデル
マゼーパ家
身分 貴族
称号 ヘーチマン1687年 - 1709年
公爵1707年 - 1709年
宗派 正教徒
民族 ウクライナ人
ステパーン・マゼーパ
マルィーナ・モキイェーウシカ
テンプレートを表示

イヴァン・マゼーパウクライナ語Іван Мазепаポーランド語Jan Mazepa Kołodyńskiロシア語Иван Степанович Мазепа, 1639年3月20日 - 1709年9月21日)は、ウクライナ政治家軍人コサック国家ヘーチマン1687年 - 1709年)、神聖ローマ帝国公爵1707年 - 1709年)。キエフ地方のウクライナ系貴族出身。

ウクライナ・コサックの棟梁になって以後、コサック国家の復興を目指して領土拡大に成功し、ウクライナの文化、とりわけ正教会の発展に大きく貢献した。しかし大北方戦争ロシア・ツァーリ国ピョートル1世からスウェーデン・バルト帝国カール12世に寝返り、ピョートル1世に背いた罪でロシア政府によって職位剥奪され、ロシア正教会によって破門され、コサックの敗北のうちに病死した。独立したコサック国家を成立させる努力がためにボフダン・フメリニツキーに次ぐウクライナ第2の英雄と考えられている。

概要[編集]

ウクライナ貴族のウクライナ・コサックの子として生まれ、父のステパーン・アダーム・マゼーパСтепан-Адам Мазепа)はポーランド王国に仕えながらも、フメリヌィーツィクィイの乱に加わった。マゼーパは父の影響下の元で、ポーランド王ヤン2世小姓となった。1659年から1663年には外交官にもなっている。1665年まで西欧で軍事教育も受けている。

1663年、マゼーパはポーランドの宮廷を離れ、故郷ウクライナへと帰郷した。彼がウクライナへ戻った事について、バイロンにしているが、マゼーパの同世代人による創作である。彼については、後にヴォルテールダニエル・デフォーの詩や著書になるなど、伝説伝承に彩られたコサック英雄となっていった。

マゼーパは1687年にヘーチマンとなったが、モスクワ大公国ロシア・ツァーリ国)とは必ずしも悪い関係ではなかった。大北方戦争への参戦は、一説によると、モスクワにおいて酒に酔ったツァーリピョートル1世に侮辱された事があり、ウクライナへの帰途において反乱を決意したと伝えられている。自らの野望の為に大ロシアの地へスウェーデンカール12世を引きずり込んだとも言われている。

1704年、マゼーパはカール12世のポーランド侵攻に乗じてドニエプル川右岸(右岸ウクライナ)を占領した。1706年にスウェーデン軍がポーランド・リトアニア共和国の大半を占領すると、マゼーパはスウェーデン軍と画策してロシア遠征を企図した。

ポルタヴァの戦いに敗れた老マゼーパとスウェーデン王カール12世

マゼーパは3万のコサック兵と補給をもってスウェーデン軍と合流する予定であった。しかしピョートル1世はマゼーパの反乱を察知し、ロシア軍を差し向けた。1708年にコサック兵は、ロシア軍の急襲によって壊滅し、ヘーチマン国家の本拠バトゥールィンも陥落した。マゼーパはからくも逃れ、カール12世の本軍と合流した。

1709年、マゼーパのいるスウェーデン軍は、ポルタヴァでロシア軍とポルタヴァの戦いで戦った。しかしロシアの焦土作戦によって疲弊したスウェーデン軍は、ロシア軍の前に壊滅に帰した。マゼーパはカール12世と共にモルダヴィアベンデルに逃亡、病を患い、志半ばで病没した。

マゼーパの悲劇は早くから伝説化された。ヴォルテールやダニエル・デフォーなどが伝え、ジョージ・バイロンやヴィクトル・ユゴーが詩にしている。またハンガリーピアニストフランツ・リストによって交響詩「マゼッパ」が書き上げられた。

関連項目[編集]

脚注[編集]


参考文献[編集]

外部リンク[編集]