ポリーシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポリーシャ

Ukraine-Polissya.png

  ポリーシャの地図(20世紀)。

Берёзовый лес.jpg

ポリーシャの森。イヴァン・シーシキン

Marsh. Polissia.jpg

ポリーシャの沼地。イヴァン・シーシキン

ポリーシャウクライナ語Поліссяベラルーシ語Палессе[1])は北ウクライナと南ベラルーシの間に位置する歴史的地名である。スラヴ人の発祥地であり、古代より東スラヴの文化と伝統が保存されてきた地域とされる。19世紀以降、東欧の人類学者のメッカとなった。20世紀末、チョルノーブィリ原子力発電所事故により著しい被害を受けた。

地理[編集]

ポリーシャの地名の由来は「沼地の森林」であると言われている。当地方は東欧平原の西部に位置し、プリピャチ川西ブーフ川に挟まれた湿地と森林が混在した地域である。

ポリーシャの中心地は現在ウクライナヴォルィーニ州リウネ州ジトーミル州キエフ州チェルニーヒウ州スームィ州の北部と、ベラルーシのブレスト州ホメリ州の南部を占めている。また、従来よりウクライナ人ベラルーシ人が居住していた現在のポーランドの東部(ルブリン県)とロシアの西部(ブリャンスク州)もポリーシャ範囲に含まれることもある。

ポリーシャの主な河川はドニプロ川デスナ川ホールィニ川ストクヒド川スティル川プツィチ川ヤセリダ川である。主要都市はピンスクトゥリウブレストなどである。

歴史[編集]

民族[編集]

ポリーシャにおいては、ポリシチュク人(ポリーシャ人)が中心となっている[2]。彼らはウクライナ人の一派と見なされ、ウクライナ語の北部方言に属するポリーシャ語を用いる。ポリシチュク人が主に信仰する宗教は正教カトリックである。彼らは古代東スラヴ人の伝統的文化を色濃く保っている。

脚注[編集]

  1. ^ ポリッシャパレッセポレシエポレシアとも呼ばれる。
  2. ^ 「ポリシチュク」・「ポレシチュク」というウクライナ人の苗字がポリシチュク人の名前から由来する。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]