プリピャチ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリピャチ川
プリピャチ川
プリピャチ川
水系 ドニエプル川
延長 710 km
河口・合流先 ドニエプル川
流域 ウクライナベラルーシ
テンプレートを表示

プリピャチ川ベラルーシ語:Припятプリーピャトウクライナ語:Прип'ятьプルィーピヤチロシア語:Припятьプリーピャチ;ラテン文字転写: Prypiać)は、ウクライナベラルーシを通るである。ドニエプル川の支流のひとつで、チョルノーブィリ下流でドニエプル川(キエフ貯水湖)に合流する。川の周辺は大規模な湿地帯(プリピャチ湿地、ピンスク湿地)が形成されている。

流域は主にベラルーシであり、ベラルーシとウクライナの間に広がる湿地の多いポリーシャ地方の主要な河川である。

チェルノブイリ原子力発電所のすぐ近くを流れているため、事故により汚染された。